« ミニ国体サッカー成年女子・栃木−山梨 | トップページ | ミニ国体サッカー成年女子・神奈川−茨城 »

2005.08.13

ミニ国体サッカー成年女子・東京−群馬

国民体育大会関東ブロック大会サッカー競技(成年女子)
2005年8月13日 14時 駒沢補助競技場 ※35分ハーフ

東京都 5−0 群馬県

得点経過:前半6分 1-0 [東京]伊藤香菜子
     前半27分 2-0 [東京]伊藤香菜子
     後半1分 3-0 [東京]大野忍
     後半28分 4-0 [東京]宇津木瑠美
     後半33分 5-0 [東京]荒川恵理子

    《東京》          《群馬》
   荒川 永里          石浜
  南山 大野 伊藤       松浦 星野
     酒井         星  大澤 石川
宇津木 豊田 四方 中地  榎本 飯塚 武者 斉藤
     小野寺           松井

ベレーザホームページに記録(東京都の選手のみ)が載っている。東京のメンバーは16人が全員出場。そのうち11人が日本代表経験者だったりする。 ちなみにこの大会の監督はGKの小野寺志保さんが兼任。名目上だけみたいだけど。

人工芝のグラウンドということで、ベレーザ…もとい東京のパスワークを楽しみにしていたんだけど、内容的には全開とは行かず、やや不完全燃焼気味ではあったかな。試合中も頻繁に各選手のポジションを入替えたりしていて、テストというよりは試行錯誤といった感もあったような。

ns050813

群馬のFWの石浜選手はパッと見柔道かラグビーのスクラム1列目の選手のような体格で、全くもってサッカー選手っぽくなかったんだけど、実際にプレーしてみると特に不自然さはなかった。試合中、空中戦で約20キロ軽い四方さんに吹っ飛ばされてて、四方さんってのはすげえ(というか恐い(^^;)なと思いながら見ていた。

結果的にはこの大会で10番を背負っている(澤はプロ選手なので出られないらしい)伊藤香菜子が2得点、3アシストで全得点にからむ大活躍。見た目は控え目なんだけど、実に頼りになる10番である。香菜ちゃんの正確な左足とプレー中のクールな表情が中村俊輔を思わせるものがある。ちなみに試合中、伊藤がボールを持つと、他の選手が「カナ、カナ、カナ、カナ」と声を掛けるので、蜩(ひぐらし)が鳴いているようだ。(笑) なお、荒川の時はみんな「ガン、ガン、ガン」である。(^_^;

中地は最初は右サイドにいて、見ていたのとは反対側サイドのタッチライン際だったんだけど、前半途中の南山の交代で左サイドのまわってこっちに来ちゃった。まあ、それはそれでいいんだけど、後半はそのままずーっと反対側になっちゃったので、タッチライン際で中地にかぶりつきたかった私にとってはやや欲求不満気味。(^_^; なお、この試合、後半途中に酒井が退いた後は中地がキャプテンマークを着けていたのだ。

nm050813
キャプテン中地!

|

« ミニ国体サッカー成年女子・栃木−山梨 | トップページ | ミニ国体サッカー成年女子・神奈川−茨城 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/5483129

この記事へのトラックバック一覧です: ミニ国体サッカー成年女子・東京−群馬:

« ミニ国体サッカー成年女子・栃木−山梨 | トップページ | ミニ国体サッカー成年女子・神奈川−茨城 »