« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005.10.31

日テレ屋

会社帰りに寄ってみたが、今日は特にこれといった新ネタは無し。

PIC_0006
笑点出演者の手形

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なでしこジャパンカレンダー2006

P1020818

2005年限りかと思ってたら、2006年版も出てしまった。
昨日、西が丘出店していたヴェルディーノでサイン入りバージョンを購入した。

1・2月 澤穂希、永里優季
3・4月 酒井與惠、宇津木瑠美、原歩、柳田美幸
5・6月 川上直子、磯崎浩美、丸山桂里奈
7・8月 宮間あや、豊田奈夕葉、安藤梢、下小鶴綾
9・10月 荒川恵理子、大野忍、大谷未央
11・12月 山岸靖代、矢野喬子、山郷のぞみ、北本綾子、福元美穂

サインの並びはこんな感じかな。

      宇津木
 澤     豊田
 川上    永里
 酒井 荒川 大野

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.10.30

センバツ!

母校の野球部が東海大菅生を4対3で下したみたいで、春の甲子園出場「当確」とのこと。→記事

すごく久々。あとは不祥事を起こさないようおとなしくしていることですね。(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lリーグ・日テレ・ベレーザ−TEPCOマリーゼ

2005年10月30日 14時 西が丘サッカー場

日テレ・ベレーザ 2−0 東京電力女子サッカー部マリーゼ

得点経過:73分 1-0 [ベレーザ]澤穂希
     89分 2-0 [ベレーザ]大野忍(PK)

ベレーザ優勝
ベレーザ&メニーナで記念撮影

   《ベレーザ》        《マリーゼ》
   永里 荒川         佐藤 丸山
   大野  澤       中村 五十嵐 早坂
   伊藤 酒井          本間
中地 四方 岩清水 川上   北郷 宇野 大部 青木
    小野寺           増田

西が丘に向かう地下鉄でメニーナと一緒になった。隣に佐々木繭さんが座っていて、正面には高橋彩織さんと岩渕真奈さんが座っていた。ちっちゃい佐々木さん越しに(^^;吉田百合奈さんと少しお話しした。あと横には原菜摘子さんと藤澤真凛さんもいたかな。

会場ではヴェルディーノが出店していて、なでしこジャパンカレンダーとメッシュキャップがサイン入りで売られていたので思わず買ってしまった。メッシュキャップは持っていたのだがまあいいか。とりあえず両方とも保存版にしよう。

試合はボールポゼションで圧倒するベレーザが何度もゴール前に攻め込みながらもマリーゼDFのボックス内での最後の粘りにライン寸前で弾き返され、なかなかゴールをこじ開けることが出来ないまま前半終了。中地が何度かゴール前にシュートっぽいボールを蹴っていて、いつになく攻撃的だったように思う。優勝ゴールを狙ってた?(^_^; 後半に入って冴えてきた丸山のタテへの突破に苦しめられつつも28分に澤がしっかりと決めてくれた。今日の澤はパスの精度があまり良くなく、このシュートもボヨヨンとしてあまり格好のいいゴールではなかったけど、大事なところで持ち前の勝負強さを見せてくれた。終了寸前に荒川が倒されてゲットしたPKを大野が決めて2−0にして試合終了。実のところ正午キックオフで試合をしていたTASAKIが伊賀相手にスコアレスドローだったそうで(そういう一筋縄に行かないところがいかにも伊賀らしいな。3位確定とのこと。)試合開始前に優勝が決まっちゃってたらしいけど、きっちり勝ってL・リーグ優勝に花を添える形となった。

終了後はゴール裏に移動して乾杯セレモニー。私も昨日仕入れておいたアセロラドリンクで参加させていただいた。それにしても荒川はおもろいやっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

ベレーザがL・リーグ優勝!

P1020814

これで2冠目。というわけでまだまだストーリーは続くのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.10.29

中国料理・上海

国立の帰りに相方と寄って来た。

店に入ると久々にママがいて、「サッカーあったの?」「ひさしぶりね〜」「全然変わらないね〜」と言われた。

PIC_0003

私は生ビールと麻婆丼をオーダーしたんだけど。サービスで餃子(なのかな?四角かった。)と杏仁豆腐が出て来ちゃって大満足。

PIC_0004 PIC_0005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J1・横浜F・マリノス−東京ヴェルディ

2005年10月29日 15時半 国立競技場 観衆19,377人

横浜F・マリノス 1−0 東京ヴェルディ1969

得点経過:82分 1-0 [横浜]中澤佑二

P1020645

     《横浜》          《東京V》
    久保  坂田        ワシントン 森本
      山瀬功          ジウ 小林大
ドゥトラ 上野  奥  田中隼   平野  小林慶  山田
   中澤 松田 中西       戸川 林 上村
      榎本達            高木

今日は雨が予想されていたので、人が多そうなホーム側は避けて、アウェイ側の16ゲート最上段、傘さしても邪魔にならないポジションを確保してもらっておいて、そこで見ていた。試合中に傘はささなかったけど。

マリノスの勝利っていつ以来?ものすごく久しぶりだったような。はっきり言って内容的には面白味に欠ける試合ではあったのだが(予想通りである)、マリノスにとっては大きな意味のある勝ち点3だったと思う。これでずいぶんと気分的に楽になったような気がする。今後に対して全く楽観視は出来ないけど(得点力不足は相当深刻なようだし)、これがいい方向に流れが変わるきっかけになるといいなあと。

久々復帰の久保は何度かあった決定機こそ決められなかったものの、ヘディングの打点の高さなど、彼らしい動きは戻ってきていたみたい。

ヴェルディは目も当てられないないほど酷い状態だったらあきらめもつくんだろうけど、そうでもないように見えるんだよな。かえってそれがサポーターにストレスをためることになりそう。ジウがいい動きをしていて恐かった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

高校野球・早稲田実業−日大三

平成17年度 秋季東京都高等学校野球大会・準決勝

日大三 000000000=0
早実  01100000x=2

P1020607

神宮第二球場の前を通りかかったら母校が試合をやっていた。国立のキックオフまで時間があったので8回裏途中から試合終了まで見て来た。2階スタンドに登ると隣の神宮球場の早慶戦も覗けるし。

9回表は二死まではあっさり取ったんだけど、その後、二塁打、四球、三振振り逃げ(キャッチャーが一塁にボールを投げれば終わりだったんだけど)で満塁になっちゃって超ヒヤヒヤだったけどなんとか逃げ切り。これで甲子園(センバツ)行きが決まったのかと思って、前にいた人に聞いたら、もうあと1勝とのことだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嶋田ちあき?

c_shimada

電車に乗っていたら『Style』という雑誌の中吊り広告で「嶋田ちあき」という人の名前が。我らがメニーナのエース(嶋田千秋)と同じ名前じゃないか。

家に帰って来て調べて見たら著名なメークアップアーチストだそうで、性別は♂らしい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ラグビートップリーグ・サントリ−−クボタ

サントリーサンゴリアス 31−18 クボタスピアーズ

サントリー対クボタ

サントリー    クボタ
後 前   前 後
3 2 T 1 1
1 2 G 0 1
0 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0
------------------
31 TOTAL  18

三ッ沢球技場で正午キックオフの試合。前半はバックスタンドの前段、後半はサイドスタンドに移って(出口近いので)見ていた。予報されていた雨はどこに行ったんだろうってくらいのいい天気だった。サントリーは今シーズンからユニフォームが真っ黄色になったみたいで、なんかレイソルみたい。かつてのエンジ色の入ったユニが早稲田を彷佛させるような感じで結構好きだったんだけど。

前半はスコア的にも接戦。10分過ぎにサントリーが激しく押し込む時間帯があったんだけど、トライを奪えず。いやな予感がしたんだけど、後半に入ってサントリーがいいタイミングでトライを重ねることができて、クボタを突き放した試合だった。

両チームともロッテの影響モロ受けみたいな応援パターンがあって微笑ましかったなあ。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1998年Lリーグの観戦記を掲載

こちらのblogの方に1998年の観戦記を3試合分掲載しました。お暇でしたらどうぞ。

 フジタ−読売(1998.6.7 大和)
 日興證券−シロキ(1998.7.20 江戸川)
 プリマ−読売(1998.11.8 西が丘)

上の5チームの中で現在残っているのはベレーザとくノ一だけなのか。うーむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.28

卓上占い機

PIC_0001

綾瀬の飲食店で発見。なんか久々に目にした。

星座別に分かれていて1回百円。これってのは儲かるものなのだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.27

プリタク第1回公演・HERO(駅前劇場)

作/牧田明宏
演出/新百合ジェッツ
出演/戸田昌宏、谷川昭一朗、町田マリー、植木夏十、あんじ、
   桜田真悟、田中暁子、富士たくや、牧田明宏

PIC_0044

本来なら今日はテレビで日本シリーズ第5戦を見るはずだったのだが、まあいろいろあって(^^;試合が行われなかったため、ほとんどふらっとという感じで下北沢の駅前劇場に寄ってみた。

大好きな町田マリーさん(毛皮族)が出演すること以外はほとんど前提知識を持たずに行って、3,300円で購入した当日券に「低カロリーお笑い演劇ユニット」と書かれているのを読んで、なるほどと思った次第。富士たくやという人(知りませんでした。ちょっと大泉洋似かね。)が中心になってのユニットらしい。駅前劇場のページからリンクされているプリタクのサイトteacupの掲示板だったりする。

今日は自由席だったのだが、最前列中央の席に座れてしまって、臨場感満点。キュートなマリーさんを間近で見られてそれだけで大満足。やっぱり駅前劇場はいいねえ。

舞台の方はレストランの通用口外で繰り広げられる悲喜交々のストーリー。特に誰かが主役という感じではなく、各出演者が割と均等に目立つような感じ。それぞれ実力者揃いだったみたいで、音楽でいえば腕利きのミュージシャンが集まってジャムっているようなステージだったかね。

全体的には新喜劇を油抜きしてスマートにしたような印象。もっとあるかと思っていた笑いの要素は、予想以上に少なめだったな。エンディングは唐突だったような気もしたけど、そんなもんなのかな。公演時間は意外と短くて約1時間半。ケツが痛くなる前に終了した。

P1020549

この手の演劇を観に行くと、演劇公演チラシを山ほどもらうんだけど、今回は毛皮族のが実にイカしてたな。レジ袋がチラシになっちゃってるんだもん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.26

日本シリーズ第4戦/ロッテが日本一に

ロッテ 020100000=3
阪神  000002000=2

ロ:○セラフィニ、小野、藤田、薮田、S小林雅
神:●杉山、能見、福原、ウィリアムス、藤川、久保田

本塁打:李3号(ロ)

P1020543

それにしても随分早く決着が着いちゃったもんだ。結果的にJFK云々以前の問題だった模様。明日以降のチケットを持っていた人はかわいそうに。(^_^;

今日は矢野が勢い止めちゃったな。2回裏に牽制死と9回裏に送りバント失敗だもんな。良かったのは西岡の盗塁を刺したこと(今シリーズ2度目?)くらいだったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小野寺志保さんがサブGKの試合

今まで見たベレーザの試合、GKは全ての試合で小野寺さんが先発してたのかと思ってたんだけど、昔の観戦記をひっくり返してたらそうじゃなかったみたいで(こちら)、なんかおぼろげながら思い出してきた。

OKIってのも一時期はLリーグカップ(Jリーグのナビスコ杯に相当)の冠スポンサーになったり女子サッカーに力入れてくれてたんだけど、あっという間に撤退してしまったよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

胃の内視鏡検査を受けた

胃の検査に行って来た。エコー→内視鏡検査(いわゆる胃カメラ)という順番。

エコーはマイクみたいなのをお腹に当ててピコピコ、お腹に塗ったゼリーがヌルヌルして冷たかった。

内視鏡検査の前に胃の中の泡を取る薬の後、麻酔の薬(女性看護士さんにスプーンであーんして飲ませてもらった(^^;)を飲んだりいろいろと準備。昨日の晩から絶食、水分も取っていなかったので液体を口に出来てうれしかった。検査が始まってカメラを飲み込む時にちょっとゲホッとなる時があったが、それほど違和感は無かった。メガネ外しちゃっててソニーのモニタ−に映る自分の胃の中がよく見えなかったのが少し残念。コンタクトレンズして行けばよかったな。ちょっと機械のトラブルはあったみたいだが最後に検査用に胃の内部の組織を取っておしまい。

点滴(なんとこれが初めてだったりする。左腕は血管の浮きがイマイチだったそうで右腕から。受けている最中はヒマだったので文庫本とか持って行けばよかったな。)を受けたあとに院長の問診。食道、十二指腸は問題なし。胃は真ん中あたりが赤くなっていて炎症が見られて、それが痛みの原因ではとのこと。潰瘍、ポリープなどは無いとのこと。ということは胃潰瘍ではなかったということか。エコー検査では胆のうに石が発見され(というか痛くないのが不思議なほどゴロゴロしているそう(^^;)、次回(2週間後)に相談ということになった。

今日の診療費は10,250円でいちだんと高かった。薬はいつものオメプラール20とセルベックス50mg×2週間分に加えアドナ10mg(止血剤とのこと)で計1,850円。前回オメプラール&セルベックス2週間分で1,820円だったのにアドナが増えても30円しか違わないんだな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.10.25

日本シリーズ第3戦

ロッテ 010200700=10
阪神  010000000=1

ロ:○小林宏、小野、藤田、薮田
神:●下柳、藤川、桟原、橋本、能見

本塁打:福浦1号(ロ)

P1020539

甲子園に帰っても阪神の悪循環は止まらなかった。打線が攻めあぐねている間に投手陣が木っ端微塵。先発下柳の出来は悪くなかったと思うんだけど、完全に打ち取ったはずの当たりがヒットになってしまったりとアンラッキーだった。7回表に藤川がストレートを弾き返された時点で勝負ありって感じだったな。

ダメ虎復活である。(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

四方さんのトップ下

ってのもあったみたいだ(こちら)。

これまたよく覚えてないけど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.10.24

ハイ!ハイ!パフィー・アミユミ(2)

puffy051024

テレビ東京「おはスタ」内(このコーナーはだいたい6時55分過ぎに始まるようだ)での放送。録画しておいた先週の木・金の分を見た。今回は「あま〜いトラブル」と「メタル・ブレス」の2つのエピソード。

「あま〜いトラブル」は家賃不払いのためツアーバスを追い出されたアミ・ユミがお菓子工場で働くが、パフィーの作っていたタフィーが大暴走、バスに激突しそうになり危機一髪、「メタル・ブレス」はパフィーのツアーにメタル・ブレスなるガラの悪いバンドがジョイン、ツアーが滅茶滅茶になりそうになるという話。ストーリー的にはそれほど面白いとは思えないんだけど、アミユミ2人のキャラがカワイイのは確かで、アメリカではそのあたりが受けてるのかね。この業界、何が当たるかわからんもんだなと思う次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.23

日本シリーズ第2戦

阪神  000000000=0
ロッテ 11000503x=10

神:●安藤、江草
ロ:○渡辺俊

本塁打:サブロー1号(ロ)、フランコ1号(ロ)、李2号(ロ)

BS1とハイビジョンで見ていた。梨田の前髪の白髪ってのは星野仙一や関口宏とおんなじだな。(^^;

初回のサード今岡の一塁悪送球は昨シーズン終盤の日ハム・小笠原を彷佛させるものがあったな。あの時も千葉マリンだったし。あれでちょっと流れが決まっちゃったような気がする。それにしても阪神の連敗スタートは想定の範囲内ではあったのだが、2試合ともこんな大差になっちゃうってのは想定外だったな。そういえば安藤って一昨年の日本シリーズでも役立たずだったんだっけ?

とりあえず今後の行方は火曜日先発の下柳の出来次第かと思う。今シーズンのチームのよりどころであるJFKを披露する機会がないままに日本シリーズが終わっちゃうなんてのは勘弁して欲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

練習試合・日テレ・メニーナ−ヴェルディ調布

2005年10月23日 14時 ヴェルディG(ジュベニール) ※30分×3本

日テレ・メニーナ 3-6(2-2,1-1,0-3) ヴェルディ調布

得点経過:1本目7分 0-1 [調布]22番
     1本目8分 1-1 [メニーナ]高橋彩織
     1本目23分 1-2 [調布]22番
     1本目27分 2-2 [メニーナ]嶋田千秋
     2本目21分 2-3 [調布]9番
     2本目29分 3-3 [メニーナ]松原萌
     3本目13分 3-4 [調布]28番
     3本目18分 3-5 [調布]19番
     3本目27分 3-6 [調布]9番

P1020504

■1本目■
   《メニーナ》        《調布》 
   嶋田千 高橋        22 28
  藤澤  原  岩渕     19  □  13
     岸川            4
吉田 佐藤 島田知 松原  18 21 24 17
     鈴木           23


■2本目■
   《メニーナ》        《調布》 
   嶋田千 岩渕         9  22 
 木下      原     21  □  19
   岸川 横山          4
吉田 佐藤 島田知 松原  18 24 20 17
     鈴木            1


■3本目■
   《メニーナ》        《調布》 
   藤澤 高橋        28  9 
  品田 木下 戸崎     13  19  8 
     南山           25
西條 佐藤 島田知 田村  16 24 20  7
     鈴木           32

<交代>
鈴木→根本(12分)
佐藤→横山(15分)

※ヴェルディ調布のトップ下の選手は背番号が無かったので□で表記した。

P1020509

最初は埼スタ第2のAS狭山−新潟(いまだL2ってのは見たことがない)か大宮サッカー場の浦和−湯郷ベルを見に行こうかと思ってたんだけど、やっぱりよみうりランドに行っちゃった。家を出る時点ではヴェルディホームページのメニーナのスケジュールが「14:00 TM予定」となっていて、行ってみたら試合が無かったりしたらイヤだなあと思ってたんだけど、試合が無かった場合はよみうりランドの丘の湯に行くことにして、タオルの準備をして出かけた。いつもヴェルディグラウンドに行く時は京王よみうりランド駅から歩いていたんだけど、京王稲田堤駅から歩いてみたら、急な階段も無いし、時間もあまりかからないし、結構快適だった。今度からこっちで行こうと思う。

ヴェルディグラウンドに着いたら、ヴェルディとマリノスが練習試合をしていた。スケジュールを見てもそれらしきものは載ってないみたいだし、ジュニアユース年代あたりの補欠メンバーだったのかね?メニーナの対戦相手はヴェルディ調布、男子チームだった。開始すぐに調布のミドルシュートがリード、直後に高橋が同点ゴール。今日は高橋の動きにキレがあったように思う。その後も調布がリードしてメニーナが追いつくという試合展開で2本目終了時で3対3。ちなみにメニーナの1失点目・2失点目は原がボールを奪われて展開され決められちゃったもの。1失点目は敵陣攻め込んでいた時のものなのでしゃあないかなという気もするが、2失点目は自陣ペナルティエリアのちょっと外あたりで奪われてのものだったので、その辺は軽率だったんじゃないかね。メニーナの3点目、2本目ロスタイム、松原の針の穴を通すようなレーザービームFKは見事だった。

P1020514

3本目は遠征に参加しなかったべレーザのメンバー(南山、田村、戸崎)が入ったんだけど、戦力的にはあまり効果は無かったようで、そこから3失点。田村よりも松原の方がいいんじゃないかね。攻撃も原、岩渕、岸川といったあたりが引っ込んでしまって、ゲームを作るようなプレーの出来る人がいなくなっちゃったような感じだった。ちなみに小林海咲は故障中みたい。3本目スタート時は左サイドバックだった西條は、横山の投入でセンターバックに。彼女の場合はキャラ的にもCBの方がしっくりくるように見えるなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒井の右サイドバック

ってのもあったみたいね(こちら)。

これもよく覚えてないや。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.22

日本シリーズ第1戦

阪神  0000100=1
ロッテ 1000315x=10

神:●井川、橋本
ロ:○清水

本塁打:今江1号(ロ)、李1号(ロ)、里崎1号(ロ)、ベニー1号(ロ)

そのまま終わっちゃった。井川がタコなのは予想の範囲内だったけど、霧で中断してそのままコールドってのは予想外だった。なんかTKOっぽい負け方だなあ。(^_^;

7回裏に登板、アウト1つしか取れなくて自責点5だった橋本の防御率はなんと135.00。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

濃霧中断

それにしてもすごい霧だなあ。

P1020494


| | コメント (0) | トラックバック (0)

J1・大宮アルディージャ−浦和レッズ

2005年10月22日 15時 埼玉スタジアム2002 観衆30,038人

大宮アルディージャ 1−3 浦和レッドダイヤモンズ

得点経過:3分 0-1 [浦和]三都主アレサンドロ
     7分 1-1 [大宮]桜井直人
     53分 1-2 [浦和]田中マルクス闘莉王  
     69分 1-3 [浦和]マリッチ

P1020461

      《大宮》              《浦和》
       桜井               マリッチ
藤本 マーカス レアンドロ トゥット       山田 ポンテ
      トニーニョ         三都主 長谷部 鈴木 永井
 冨田  奥野  平岡  斉藤       内舘 闘莉王 坪井
       荒谷                都築

カテ3ホーム側で見ていたんだけど、周囲に赤いユニフォームを着た人々を散見、というかかなりいた。浦和側が一杯だったこともあって、大宮のサイドに来るのはいたしかたないとしても、ユニは着ないなどの気配りはしてほしい。浦和サポーターにはデリカシーとかそういうものは無いのかね。気配りってのは日本人の美徳かと思ってたんだけど、私の間違いだったようだ。最悪。カテ2エリアでは小ぜり合いもあったみたいだし。そのような状況を作り出したのは主催チームである大宮の仕切りにも責任があったと思うわけで、きちんと住み分けが行われるようにコントロールしてくれないことには今後行く気がしない。

ゲームの方はある程度両チームの実勢を反映したスコアかなと。開始早々大宮の守備が落ち着かないところで浦和のスピードの前にファールを連発、そのうちの1本をフリーキックで決められてしまう。これが開始3分。直後にトゥットからのパスを受けた桜井が同点ゴール。前半に大宮が追いついた後に試合の流れを引き寄せられそうな時間帯はあったように思うんだけど、つかまえ損ねたような感じ。大宮はもっと老獪な試合運びの出来るチームかと思ってたんだけどなあ。浦和の勝ち越し弾はCKからのもの。ダメ押し弾はマリッチの個人技。スタメンに久永の名前がないなと思ったら、後半35分になってやっとの投入。ちょっと遅過ぎじゃないかね。

2ab02e7c.jpg
嬬恋村のキャベツをゲット!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.21

クラッシュ『白い暴動』

B00005G4A8白い暴動
ザ・クラッシュ
ソニーミュージックエンタテインメント 1999-11-20

by G-Tools

オフスプリングのライブで開演前と幕間にクラッシュが流れてたので、家に帰ってきてからCDを引っぱり出して聴いてみた。クラッシュはこのアルバムの他は『ロンドン・コーリング』とベスト盤数種類しか聴いたことがないんだけど、その中ではファーストアルバムのこれが一番好き。これこそがロックンロールだと思う。

ところでそもそもがパンクってのは不良の音楽のはずなのだが、今聴くとやたらと爽やかに感じられるのはなぜ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲロを踏んづけた

今朝の通勤中、乗換駅で本を読みながら柱にもたれ掛かったところ、足元にむにゅっとした変な感触が。ゲロを踏んづけてしまった。(T_T)

玉子スープのような黄色いゲロだった。ズボンの裾につかなかったのは不幸中の幸い。

とりあえずはウンコじゃなくてよかったっす。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四方さんの右サイドバック

春に試しにアメーバブログで作ってみた天野屋別館(その時のいきさつはこちら)にその昔ニフティのサッカーフォーラム用に書いた女子サッカーの観戦記(もっと書いておけばよかったなと今になって思う)を掘り返して若干の加筆・修正の後に載っけるということを細々とやっている。ここのところちょいと更新停滞気味だったのだが、久々に記事を作成、97年11月の日興證券ドリームレディースvs読売西友ベレーザの記録&観戦記をアップロードした。

自分の書いた文章を読んでみると、この試合、四方さんが右サイドバックをやってたんだな。全然記憶に残ってないや。というかこの試合自体が記憶に残っていない。(^^; 四方さんは攻撃的なポジションをやってた時もあったし、現在のポジション(センターバック。ここが天職だと思う。)に落ち着くまで随分と遠回りしたんだなあと思った次第。大器晩成型の選手だなあと。今年に関しちゃもうMVP級の活躍だしな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.10.20

財布を忘れた

財布を家に置きっぱなしで会社に行ってしまった。定期券やクレジットカード、各種プリペイドカード類は持っていたし、仕事中はずっと会社にいるわけでまあなんとかなるんだけど、やっぱりちょっと心細かった。

帰りに新橋で途中下車、汐留の日テレ屋に寄ってみた。前回ほとんどなくなってしまっていたベレーザグッズはリングノート、メッシュキャップ、リストバンド、携帯ストラップと若干バラエティが増えていた。優勝記念トレカもまだあったな。

結局何も買わずに東京ダービーのポスカ(行かないけど)だけもらって帰って来た。

PIC_0041
非売品のベレーザサインボール

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.10.19

地震!

7943209c.jpg

日曜の夕方に続いての地震。東京は横揺れだったみたい。わふわとした揺れ方が船に乗っているのに似た感覚だった。ずいぶんと長いこと揺れていたような感じで、揺れが収まった後も体に余韻が残ってふわふわ揺れているような感じ。

発生時刻は20時44分とのことだが、こちらが揺れたのはNHKニュースが始まってからだったので20時45分過ぎだった。揺れが震源地(茨城県南部)からこっち(東京)まで伝わってくるのに1分くらい掛かったってことか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.18

高校サッカー/帝京が予選敗退

サッカー高校選手権の東京都予選、帝京高校が10月9日の決勝トーナメント2回戦(帝京はトーナメント初戦)で早々と姿を消した模様。帝京に勝っちゃったのがなんと私の母校だったみたいで、わーどうしよう。夢にまで見た本大会出場が見えてきちゃったぞ〜と慌てていたら、一昨日ヴェルディGで行われた3回戦であっさり都・三鷹に負けた模様。(^^;

まあ、そういうもんだよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三並夏「平成マシンガンズ」

第42回文藝賞受賞作。『文藝』冬号に収録。読んでいる間に贈呈式が行われて中学3年での受賞ということで話題になっていた。

タイトルを見て女子プロレスのNEOマシンガンズを連想したが当然関係はない(そりゃそうだ)。両親の離婚がトリガーになって不登校になる女子中学生の話。主人公の周囲(同級生や家族)に対するある意味醒めた視線が客観的かつ鮮明に描かれている。書出しとエンディングの文体が硬いような気がしたが、基本的には軽快な文章が読みやすかった。

死神と後妻の弟を重ね合わせる表現が複数箇所で見られるが、何を暗示しているんだろうか。その辺がちゃんと純文学的。ストーリー的には唐突な部分もあったとは思うが、作者の年齢云々関係なくしっかりとした作品になっていると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.10.17

ロッテ優勝!

P1020439

これで最も優勝から遠ざかっているチームはファイターズになっちゃったのかな? (^^;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

胃の検査を受けることになった

胃腸科に行って来た。これで4回目。薬は飲んでいるのだが、食事数時間後の胃の重さのにいまひとつ改善が見られないような感じなので、26日に胃の検査を受けることになった。「レントゲンにします?それとも内視鏡にします?」って聞かれてもなあ、わからないよ(笑)。「おまかせします」と言ったら内視鏡ということになった。採血をしておしまい。今日は4,090円でちょっと高かった。薬は2週間分で1,820円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.16

The Offspring@新木場STUDIO COAST

夢の島でサッカーを見た後、そのままOffspringのライブを見て来た。

offspring051016

会場の新木場STUDIO COASTはけっこうでかい会場で、Shibuya-AXの倍くらいのキャパがあるんじゃないかな。オールスタンディングかと思ってたら、整理番号が若かったこともあって、入場した時には正面二階の椅子席が空いてたので、そこで座って見ていた。

オープニングアクトはThe Aquabatsなるバンドで、映像も使ってアメリカンコミック(あとなぜかロボコンもあったな)とのクロスオーバーみたいな感じがなかなかお茶目で面白かった。 音的にもオフスプリングが好きな人は好きだろうなという感じのシンプルなロックだった。

メインのオフスプリングはキリンの一番搾りみたいな感じだったかな。一口目はすごく美味しかったんだけど(あの勢いは「これぞロック」と思わせるものがあって「これよ、これ」などとひとり悦に入りながら見ていた)、なにぶん一本調子なところがあることもあって30分過ぎにちょっと飽きてきた。(^^; パフォーマンスがアンコールを含めて1時間ちょっと。短いようだけど適正な長さだったのかなと思う。というか、それ以上演っても前の方でモッシングしている観客の体力が持たないんじゃないかと思うわけで。

ライブ会場で愛用のBrighton & Hove Albionの帽子をなくしてしまった。色が濃いベージュで、サッカーや野球を見に行く時にどこのチームに対しても角が立たなくて重宝していたので非常に残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lリーグ・日テレ・ベレーザ−伊賀FCくノ一

2005年10月16日 14時 江東区夢の島陸上競技場

日テレ・ベレーザ 8−2 伊賀FCくノ一

得点経過:6分 1-0 [ベレーザ]荒川恵理子
     20分 2-0 [ベレーザ]永里優季
     30分 3-0 [ベレーザ]永里優季
     34分 3-1 [伊賀]馬場典子
     43分 4-1 [ベレーザ]荒川恵理子
     51分 4-2 [伊賀]小野鈴香
     55分 5-2 [ベレーザ]澤穂希
     70分 6-2 [ベレーザ]大野忍
     87分 7-2 [ベレーザ]宇津木瑠美
     89分 8-2 [ベレーザ]澤穂希

SHIHO250
小野寺さんが前人未到の250試合出場。鈴木保っつぁんから花束をもらう。

   《ベレーザ》         《伊賀》
   荒川 永里         水本 村岡
   大野  澤        井坂     中川
   伊藤 酒井          原  那須
中地 四方 岩清水 川上   宮崎 山岸 馬場 藤村
     小野寺           小林

同時間帯にフクアリのこけら落としでマリノス戦があったのだが、この日の夢の島のゲームを見落とすと今シーズン一度もくノ一を見ずに終わってしまうことになりそうなので、あと、ベレーザが優勝するにあたってのポイントになる試合のような気がしていたので(不覚にも敗戦を喫するとしればこの試合かと思ってたんだけど、それは思いっきり杞憂に終わったようだ。)、こちらの試合にした。伊賀のメンバーに吉泉愛さんが入っていなかったのは残念。

試合前まで降っていた雨のためかピッチコンディションは水含みであまり良くなかった。特にメインスタンドから見て右手がひどかった。前半ベレーザが右から左に向かって攻めていたんだけど、これってのはコイントスでベレーザが陣地を取ったのかね?

終盤の2ゴールは伊賀が3人交代をした後の30分過ぎに負傷者(中尾直子)が出て数的優位に立った状態でのものではあったものの、結構いぶし銀的に豪華なメンバーが並ぶ伊賀の最終ラインから8点も取っちゃったのは、おおいに評価に値するかな。8点のうち3点(1、3、6点目)がコーナーキックからのもの。

2つの失点(いずれもCKからのもの)の是非はよくわからない。馬場のミドルシュートは見事な弾道だったし、いたしかたないかなという気もする。さすがベレーザOBということにしておく。小野のゴールは対応出来たものなのかはよくわからない。とりあえずは今シーズン初(なでしこスーパーカップは除く)のマルチ失点が今回のような大量得点の試合で良かった。

そういえば話は全然変わるが、メニーナの原が場内アナウンスだった。PAの調子がイマイチで音がブツブツ途切れてかわいそうだったけど。メニーナといえば、開場直前にプログラム押し売り部隊が気合を入れているのが聞こえてきて恐かったっす。(笑)

追記 感想を追加。(10/17)
得点者が違っていたようなので修正。(10/24)

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.10.15

パ・プレーオフ/閉店間際の大逆転!

ロッテ    0020000200=4
ソフトバンク 0000000041x=5

ロ:渡辺俊、薮田、小林雅、●小野、藤田
ソ:新垣、三瀬、○馬原

c140efe5.jpg

0−4で9回裏。ロッテが優勝で間違いないと思って見ていたら、ソフトバンクがコバマサから4点を取って延長戦突入、10回裏に劇的なサヨナラ勝ち。ロッテにとっては8回表のダメ押しかと思われた2得点が余計だったのかもしれない。0−2で9回裏だったら勝敗は違った結果だったかも。

勝負は下駄を履くまではわかりませんな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

J2・湘南ベルマーレ−コンサドーレ札幌

2005年10月15日 14時 平塚競技場 観衆5,510人

湘南ベルマーレ 0−0 コンサドーレ札幌   

P1020325

    《湘南》          《札幌》
     柿本          相川 デルリス
     佐野           鈴木 金子 
坂本 佐藤 吉野 ゴーラン  砂川  田畑  岡田
村山 戸田 バリシッチ 冨山    和波 曽田 池内
     小林             林

雨が大丈夫そうだったので、当日券で行って来た。日射しが強くてなんかえらく暑かった。

湘南は今年になって初めて見たんだけど、引き分けっぽいムードは相変わらずのようで、それに札幌が巻き込まれちゃったような感じ。湘南はボールを奪っても攻め手なしで、時おり放たれるカウンターも札幌守備陣が対応出来ないレベルのものではなかった。札幌はボールをスムーズに前に運ぶことが出来ていたと思うし、ほぼ圧倒に近い形で試合を支配していたんだけどねえ。湘南の引き分け体質(^^;は崩せなかったみたい。

それにしても、ここ数年、やたらと平塚でスコアレスドローを見ているような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.14

うめ吉&おてもと社中@南青山MANDALA

うめ吉さんのお月見ライブに行って来た。

PIC_0035

開場前に並んでいたらうめ吉さんが横を通り過ぎたんだけど、とても小柄な方だった。ステージ真横でピアノにもたれかかりながら見ていたんだけど、1メートル横でバックメンバーが演奏していて臨場感満点。ジャズミュージシャンで構成されているそうで「すててこ」ではアドリブ回していてすごいなと思った。うめ吉さんはステージ上に台(畳張りだった)を置いて、その上で正座して三味線(シールドコードの差し込み口付きだった)弾きながら、また時おり台を降りて三味線は持たずに踊りながら歌ってた。「三味線ブギウギ」の時にうめ吉さんが三味線を弾かないのは納得いかないような気がしたけどまあいいか。(^^; マイクはヘッドセット型のを使用していた。ゲストの三遊亭小遊三師匠もトランペットで1曲参加。あまり上手くはなかったけど(^^;、本職の話術の方は見事で会場の雰囲気が和んだような気がした。

アンコールは「東京音頭」。それを聴いたからというわけではないが、ライブの後は神宮に行って、試合は早々と終わっちゃってたので(まあ消化試合だからな)若松監督の退団セレモニーだけ見た。私のいた周囲で「辞めるな〜!」と叫んでいたのは一人だけだった。(^_^; まあぼちぼち潮時なんだろうね。

PIC_0039

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.13

パ・プレーオフ/ロッテが連勝

ロッテ    000003000=3
ソフトバンク 000011000=2

ロ:○清水、H薮田、S小林雅
ソ:●斉藤、吉武、三瀬、馬原

本塁打:カブレラ2号(ソ)、川崎1号(ソ)

c1fa15b3.jpg

まじつえーな>ロッテ

圧倒的な勝ち方ではないんだけど、勝負どころはきっちり押さえた勝負強い勝ち方って感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スウェーデンのW杯出場が決定!

ごめん。試合があるのを忘れていたよ。(^^;

グループリーグ最終戦でアイスランドに3−1で勝利。グループ2位ながらワイルドカードで本大会出場を決めたとのこと。

やれやれって感じで、とりあえずはよかったっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つながらん

日本シリーズ・千葉マリン分の先行抽選発売申し込み、イープラスがこの時間(午前0時過ぎ)になってもつながらないよ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.12

阪神・下柳の最多勝が決定!

広島 2−4 横浜

横:○三浦
広:●黒田

本塁打:緒方21号(広)、倉4号(広)

そうすか。市民球場では黒田が投げてたっすか。だったらこっちの中継を見るべきだったな。ここで勝っちゃうと黒田が16勝でハーラー単独トップになって、15勝の下柳の最多勝がなくなってしまうところだったので危なかった。広島はこれが今シーズン最終戦なので、下柳と黒田の2人が15勝で仲良く最多勝獲得決定(だよね?)。いやあ、ホッとした。

ちなみにこれでベイスターズのAクラスが確定したみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パ・プレーオフ/ソフトバンク−ロッテ

ロッテ    000100120=4
ソフトバンク 010000100=2

ロ:セラフィニ、小野、○藤田、薮田、S小林雅
ソ:●杉内、吉武、三瀬、高橋秀

本塁打:カブレラ1号(ソ)、里崎1号(ロ)

c15f88cb.jpg

パ・リーグプレーオフ、セカンドステージの初戦。夕飯食ったりいろいろしながらスポーツ・アイESPNの中継で見ていた。

試合終盤にロッテが勝ち越し。ホークスにしてみれば杉内からの投手交代が裏目に出ちゃったみたいで、阪神的視線から見ると「JFKがいればねえ」って感じに見えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.11

ヤクルト−横浜/青木がシーズン200安打

2005年10月11日 18時20分 神宮球場 観衆12,710人

横浜   000000000=0
ヤクルト 00300200x=5

横:●門倉、那須野
ヤ:○館山、石井

本塁打: ラミレス32号(ヤ)

aoki20051011

会社帰りに神宮に寄ってきた。

現状は横浜がかなり有利な状況ながらも、一応Aクラスがかかったチームどうしのゲームなので消化試合ではないんだけど、試合の進行は淡泊ともいえるほど速かったな。

注目の青木、1回裏にいともあっさりと1・2塁間を抜ける打球で今シーズン200本目のヒットを打っちゃった。遅れて来て見逃したファンもずいぶんいたみたいで結構残念がってた。2打席目は四球で3打席目はレフト前に流し打って201本目。

5回裏が終了して試合が成立したことを確認してから帰って来たけど、ヤクルトが5−0で勝ったみたい。今シーズンの公式戦、見に行ったヤクルトの試合(ちなみに全て神宮)の観戦成績は6勝0敗。まったくもって実勢を反映していない模様。(^_^;

| | コメント (1) | トラックバック (8)

2005.10.10

高円宮杯(U-18)決勝・ヴェルディユース−コンサドーレ札幌ユースU-18

高円宮杯 第16回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会・決勝
2005年10月10日 13時 埼玉スタジアム2002 観衆7,531人

ヴェルディユース 4−1 コンサドーレ札幌ユースU-18

得点経過:後半7分 0-1 岡揚一
     後半17分 1-1 征矢貴裕
     後半31分 2-1 エルサムニー オサマ
     後半32分 3-1 征矢貴裕
     後半38分 4-1 エルサムニー オサマ

P1020281

埼スタに着いてJFA招待券窓口の列に並んだら、メニーナの原菜摘子(束ねてない髪形がカワイかった)がいたので声をかけたら前がメニーナ御一行様(約10名ほど)だった。思わぬメニーナとの遭遇(これで3日連続メニーナ(^_^;)でなんかラッキー。嶋田千秋とも「どうも」とあいさつ。

雨の中の試合。埼スタに屋根があってよかった。前半は攻撃の手数の多さはヴェルディ、鋭さではコンサドーレって感じではあったが、両チームとも決め手にかけるような印象だった。基本的に安定した守備の目立つ手堅い慎重な展開で、やや面白味に欠けるところもあったかなと思う。

後半7分に札幌が先制して大きく試合が動いた。ヴェルディはこれで目が覚めたのか、攻撃的にシフトチェンジして積極的に仕掛けるようになった。守備はやや雑になったとは思うけどこれが当たったみたい。途中出場の征矢(そや)が17分に同点にした後は、31分・32分に一気に2点を勝ち越して、気が付けば大差の結果になっていた。大会スポンサーが東芝だったこともあったので、コンサドーレに勝ってほしいような気がしないでもなかったけど。(^_^;

それにしてもヴェルディファミリーってのはこのユースにしてもベレーザ&メニーナといった女子チームにしても、トップ以外は実に強いよね。

20051010

今日来てたメニーナの皆さんはレギュラー中心のメンツだった。自分達のユニフォームを着て応援してたみたい。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2005.10.09

U-18関東決勝・日テレ・メニーナ−湘南学院高等学校

第9回関東女子ユース(U-18)サッカー選手権大会・決勝(40分ハーフ)
2005年10月9日 13時 妻沼町利根川総合運動公園サッカー場

日テレ・メニーナ 5−0 湘南学院高等学校

得点経過:前半5分 1-0 永里亜紗乃
     前半10分 2-0 永里亜紗乃
     後半14分 3-0 永里亜紗乃
     後半22分 4-0 嶋田千秋
     後半34分 5-0 嶋田千秋

P1020231

   《メニーナ》       《湘南学院》 
  永里亜 嶋田千       10 11
  藤澤  原  岩渕     16     8
     岸川          6  7
吉田 佐藤 島田知 松原   2  5  18  4
    小林詩           1

<交代>
岩渕→高橋(後半25分)
吉田→横山(後半29分)
小林詩→鈴木(後半32分)
松原→西條(後半36分)

決勝戦。

雨はやんでいたんだけど、利根川の方から冷たい風(あれが上州名物からっ風ってやつかね)が吹いてきて寒かった。結構薄着で行ってしまったので困っていたら選手の御家族の方からジャンパーをかしていただいて大変助かった。

松原、藤澤と両サイドからのパスを受けた永里がポンポンと点を取って、開始10分でメニーナが2点先制、そのままペースを握るような感じで推移。メニーナは攻め込まれることもあったが、島田・佐藤の両センターバックを中心とした守備がまさに磐石で、最大の危機は前半終了真際にゴール前で島田がすべって転んだ場面だったような。前半は反対側だったこともあってよくわからなかったんだけど、前半29分には原の放ったシュートがクロスバーをたたいて跳ね返ったボールがゴールラインを割ったのかと思ってたらノーゴールだったみたい。リバウンドボールに対する永里のファールか何かだったのかな?今日の原はプレー自体は悪くなかったと思うんだけど、後半にもPKを止められちゃってたし、ゴールには縁がなかったみたい。前半からへなちょこ気味のシュートを連発していた嶋田千秋も最後に見事なゴールを2発決めていた。

というわけで見事メニーナが優勝ということで一件落着。

追記 得点が思いっきり誤報(6-0ではなく5-0)だったので関連するもろもろを訂正。入ったと思っていた前半29分の原のシュートがノーゴールだった。主審のファールのジェスチャーをセンターサークルを指差しているのと勘違いしてしまって得点と思い込んでしまって、直後のリスタート(おそらく直接フリーキックだったはず)もよそ見をしていて確認していなかった。すみませんです。(10/10)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U-18関東3位決定戦・浦和レッズJYレディース−SFIDA世田谷

第9回関東女子ユース(U-18)サッカー選手権大会・3位決定戦(40分ハーフ)
2005年10月9日 11時 妻沼町利根川総合運動公園サッカー場

浦和レッドダイヤモンズジュニアユースレディース 3−0 F.C. SFIDA世田谷

得点経過:前半17分 1-0 桜本尚子
     後半18分 2-0 小島未愛
     後半27分 3-0 11番

20051009

天気良くなさそうだしどうしようかと思ってたけど、結局今日も行っちゃった。行くことを決断して朝8時に家を出て10時に着いた。途中のコンビニで買った埼玉新聞によると会場名は「妻沼利根川河川敷総合運動公園サッカー場」になっていた。ちなみに現地にはそれれしき看板類は全く出ていなかったと思うけど。まあ、というわけで3位決定戦。開始直前まで小雨ちらついていたので車の中で待機していたんだけど、始まる頃にはやんでいた。

レッズが主導権を握って守勢にまわったSFIDAはなんとか最終ラインでボールを奪っても、それからなかなかつなぐことが出来ず、結構きびしそうな感じだった。早い時間帯に失点をしてガックリきたところもあったのかな。徐々に粘りを失っていったみたいで、後半にも失点を重ねてしまった。

レッズは結構やるじゃんって感じ。雰囲気も楽しそうだし、これから伸びてくるんだろうなという気配は感じた。将来メニーナのライバルみたいな存在になってくれるといいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W杯予選・クロアチア−スウェーデン

e9d0d184.jpg

あ〜ん。スウェーデン負けちゃったよ。

それにしても決勝点のPKを献上することになっちゃったメルベリのハンドはなあ…。バレーボールのブロックじゃないんだからさあ。お願いしますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.10.08

U-18関東・湘南学院高−SFIDA世田谷

第9回関東女子ユース(U-18)サッカー選手権大会・準決勝(40分ハーフ)
2005年10月8日 13時 妻沼町利根川総合運動公園サッカー場

湘南学院高等学校 2−0 F.C. SFIDA世田谷

得点経過:後半14分 1-0 山崎小百合
     後半27分 2-0 水島久美

20051008

湘南がペースを握る形で攻め込んでいる時間帯が長かった。SFIDAの堅守がそれを丹念の弾き返すということの繰り返しで前半が終了。ある意味、SFIDAのプラン通りに事が進んでいたのかもしれない。

後半になってから守備にほつれが出て来たような感じで2失点。いろいろあってSFIDAに肩入れして見てたのでちょっと残念な結果ではある。

SFIDAに関してはいつもながら8番の小笠原かすみ選手(メニーナの西條選手の小学校時代のチームの先輩&主将とのこと)に注目して見ていたんだけど、ちょっとこじんまりとまとまりすぎているような気もするが、バランスの取れたいい選手だと思う。

負けたSFIDAの選手達が涙を流して悔しがっていたのが印象的。その前の試合で負けたレッズの選手達は結構あっさりとしてたもんで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

U-18関東・日テレ・メニーナ−浦和レッズJrユースレディース

第9回関東女子ユース(U-18)サッカー選手権大会・準決勝(40分ハーフ)
2005年10月8日 11時 妻沼町利根川総合運動公園サッカー場

日テレ・メニーナ 1−0 浦和レッドダイアモンズジュニアユースレディース

得点経過:後半8分 1-0 佐藤芽衣

   《メニーナ》         《レッズ》 
  永里亜 嶋田千         7  37
小林海咲 原  岩渕         17
     岸川        33  4  13  3
吉田 佐藤 島田知 松原     5  10 34
    小林詩            1

<交代>
小林海咲→藤澤(後半0分)

P1020094
試合前のミーティング。こうして見ると怪しい(^^;

自慢の日産車(旧型マーチ(^^;)をかっ飛ばして行って来た。家を朝6時半に出て、9時前に利根川沿いの原っぱにたどり着いて、サッカー選手らしき人達はいたんだけど、まさかここじゃないだろうと思って妻沼町内をしばしぐるぐる。結局よくわからなくて戻ったら、浦和レッズのバスが停まっていた。原っぱが会場だったよ。(^_^; 小さな虫が飛びまくっていたのには参ったな。ベンチ入り出来なかったレッズジュニアユースレディースの子達に囲まれながら観戦していた。

P1020107

メニーナはぼうぼうと生えた長い芝に苦労しながらも(といっても先週の土曜日はここで24点取ってるんだよな)、試合を支配してはいたんだけど、浦和レッズの守備を崩し切れない。今日は岩渕が持ち味の足元のテクニックを披露することは出来なかったような感じ。人工芝仕様のサッカーなのかね?一方、吉田の馬力を活かした突破がなかなかよかったと思う。そんな感じで得点を奪えずにじりじりしている間に前半が終わっちゃった。原はちょっと審判に文句たれすぎだな。確かに「?」って感じのジャッジは多かったけど、心象悪くしちゃうのは損だと思う。守備面はレッズのカウンターもしくはセットプレーが偶然決まっちゃうか、メニーナ側が何か大きな粗相をしない限り失点の可能性は非常に少ないのではないかという感じだった。

後半に入って、小林海咲に代えて藤澤真凛を投入。いつもの左サイドバックの位置に入って、吉田がMFの位置に上がるのかと思ったら、まりんちゃんがそのまま左MFの位置に入っていて、これがなかなか良かった。

この試合唯一の得点は後半8分の右CKの場面。松原が蹴ったボールを長身の佐藤が合わせてのゴール。高校生コンビが意地を見せたような感じ。その後、嶋田千秋と吉田がポストに当てるシュートは放ったものの追加点は奪えず(流れの中から点を取ることが出来なかった)、1−0での勝利。内容的にはいろいろあると思うけど、とりあえずはこれで全国大会出場!めでたしめでたし。

この試合、ちょっと2〜3年前のベレーザ対レイナスに似た雰囲気の試合だったような気もするな。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.10.07

ハイ!ハイ!パフィー・アミユミ

昨日からテレビ東京の朝番組「おはスタ」内での放送が始まった「ハイ!ハイ!パフィー・アミユミ」の木・金曜日分、「最強のパフィーファン」と「盗まれた才能」の2つのエピソードをビデオで見た。「盗まれた才能」はあのまま話が続くのかな?ストーリー的にはとりたてて目新しいものは無いと思うわけで、なぜこれがアメリカで受けちゃうのかよくわからないような気がしないでもない。

今回放送されているのは日本語吹き替え版なので、以前カートゥーンネットワークで放送された字幕版で面白いと思った英語のセリフの中に突然日本語のフレーズが入って来るような妙なアンバランス感みたいなものが無かったのは残念。なんとかうまく表現出来ないものかね。

「おはスタ」自体は完全な子供番組でオヤジ世代な私にとってはどこが面白いのかわからねえや。(^^; ビデオに録ってPuffyのところだけ見るというのが賢明かと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.06

サテライト・東京ヴェルディ−鹿島アントラーズ

2005年10月6日 15時 ヴェルディG(レセルバ)

東京ヴェルディ1969 3−2 鹿島アントラーズ

得点経過:10分 1-0 [東京V]小林大悟
     11分 2-0 [東京V]久場政朋
     39分 2-1 [鹿島]中後雅喜(PK)
     42分 2-2 [鹿島]中島裕希
     77分 3-2 [東京V]森本貴幸

   《東京V》          《鹿島》
   森本 町田         大道 中島
 小林大 玉乃 久場      山本     枠山
     小野           吉澤 吉田
相馬 石井 戸川 柳沢   石川 後藤 羽田 中後
     水原            杉山

P1020083
洗濯しても大丈夫なのかな?

ベレーザの大野さんにサインをもらいにヴェルディーノ(小野寺さん&酒井キャプテンもいてワイワイと(^^;仕事をしていた)に行ったついでにサテのゲームを見て来た。第2グラウンド(レセルバ)で見るのは初めて。これで4つのグラウンド全てで試合を観戦したことになる。すぐ後ろでバンジージャンプをやっていて、ある意味すごい環境だ。

P1020053

ヴェルディは相馬や小林大悟など(この2人は前半のみの出場だった)比較的トップに近いメンバーだったみたい。ヴェルディユースは夜に高円宮杯の準々決勝が組まれているし、トップも今週末は試合が無いようなので(相馬は大分でオールスターみたいだけど)まあそうだろうかと思ってたけど。一方の鹿島は知らない選手ばかりで知っているのは石川くらいだった。

立ち上がりは鹿島がものすごく威勢良い感じだったが、次第にヴェルディのパスワークに翻弄されるような感じになってきて、10分に相馬からのワンツーパスを受けた小林大悟が先制ゴール。その直後には町田からのパスを受けた久場が決めてヴェルディが2点のリード。その後もそのままの流れで行くのかと思っていたんだけど、鹿島がPKと右サイドからの崩し(この場面、CBの石井君がちょっと中途半端だったかな)で前半の間に追いついてしまった。

後半開始のまさに直後にヴェルディ・玉乃の突破を手で止めた鹿島・羽田が一発レッドカードで退場。数的バランスが崩れたことでもっと一方的な感じになるのかと思ったらそうでもなかった。決勝点は鹿島が攻め込んでいた場面からの逆襲の形。柳沢のクロスを森本がヘッドで決めたもの。後半は反対側のピッチサイドで南山千明と井関夏子がこの試合を見ていたので(途中から須藤安紀子も加わってた)そっちが気になっちゃってた。(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.05

ナビスコ杯準決勝・横浜F・マリノス−ガンバ大阪

2005Jリーグ ヤマザキナビスコカップ準決勝(第2戦)
2005年10月5日 19時 日産スタジアム 観衆11,370人

横浜F・マリノス 1−0 ガンバ大阪
     延長戦 0−0
     PK戦 1−4

得点経過:30分 1-0 [横浜]那須大亮

20051005

     《横浜》          《G大阪》
    坂田  グラウ        大黒  フェル
     奥   大橋          アラウ
ドゥトラ  那須   田中   二川 遠藤 橋本 渡辺
   栗原 中西 中澤      山口 宮本 シジク
      榎本達           藤ケ谷

雨の中の試合。着いた時にはバックスタンドホーム側1階自由席の屋根の下がすでにいっぱいだったので、アウェイ側で見ていた。

ペナルティエリア内でのシュート数ではマリノスが圧倒的に上回っていたように思うし、守備面ではガンバ前線の大黒、フェルナンジーニョ、アラウージョといった選手達にペナルティエリア内でほとんど仕事をさせず(時おり隙をつかれるかのようにミドルシュートを打たれてはいて、ゴールへの姿勢はガンバらしいなと思わされた)、延長戦でのグラウ退場後も内容的には決して引けを取るようなことはなかったと思うんだけど、結果的にはトホホなPK戦負け(ガンバGKの藤ヶ谷が大当たりだったのでそんな予感はしていたし、やはり榎本達也は自信無さげでちっちゃく見えた。)。それにしても決定的な場面でことごとく決められないマリノスは勝負運を昨シーズンまでで全て使い切っちまったみたいな感じがしないでもない。

結果についてはまあ置いておいて、今日の内容が今後のリーグ戦につながってくれるといいんだけど、マリノスってチームはリーグと戦とカップ戦で全くの別人格だったりするのを何度も見ているので、あまり大きな期待はしないでおくことにする。(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.10.04

ピロリ菌発見にノーベル賞

ピロリ菌を発見したオーストラリアの学者2人にノーベル医学生理学賞が授与されるそうで、自分にとってはやたらとタイムリーなニュースだな。

  毎日新聞産経新聞東京新聞朝日新聞読売新聞

今日もちゃんとLG21ヨーグルトを食べた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.03

胃潰瘍カルテ(その3)

2週間分もらった薬がぼちぼちなくなりそうだったので、T胃腸科外科に行って来た。今日もほとんど待つことはなく診察。食後の胃の張りもあまりなくなってきているし、だいぶ良くはなっているみたい。もうしばらく様子見で、もしかしたら検査しますかとのこと。前回と同じ薬を2週間分処方してもらった。

診療費は630円、薬代は1,820円で前回と同じ。薬局に「ピロリ菌抑制術」というブックレットがあったのでもらってきた。明治乳業とはひとことも書かれていないものの、LG21乳酸菌が大きく取り上げられている。

90a27896.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PUFFYアニメ、6日からテレ東「おはスタ」で放送

P1020003

今朝の日刊スポーツの文化・芸能面中央にパフィーの記事がドカンと載っていた。

電子版記事→米で大ブレークPUFFYアニメが逆輸入

PUFFYのアニメ番組の「ハイ!ハイ!パフィー・アミユミ(Hi! Hi! PUFFY AMI YUMI SHOW)」が6日からテレビ東京の朝番組「おはスタ」内で放送されることになるらしい。日本語吹き替え版で、放送は隔週の木金とのこと。朝の出勤前の一番あわただしい時間帯だな。(^_^; ビデオという文明の利器を使うとするか。

なお、年明けにはご本家?のカートゥーン・ネットワークの方でも放送されるそう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.10.02

イースタン・日本ハム−ヤクルト

2005年10月2日 13時 鎌ケ谷スタジアム

ヤクルト 010020000=3
日本ハム 23101002x=9

ヤ:●上原、小森、三澤、田中充、杉本、坂元、鎌田
日:井場、○橋本、清水、伊藤、糸井

本塁打:鵜久森(日)×2、久保田(ヤ)

P1010904

鎌ヶ谷のファイターズタウンに行って来た。10月だってのに暑かったなあ。

日ハムは一軍のベンチクラスのメンバーが主体って感じの先発オーダー。先発投手の井場が一軍のマウンドとは違って四球を連発しないで落ち着いたピッチングが出来ていたことが最大の勝因だったと思う。2回表には打球が2度も体を直撃して大変そうだったけど、おかげで投球のバランスが良くなったかもしれない。(^_^; 4イニングを1失点でその間に打線がコンスタントに得点を積み重ねていた。その後も橋本がヤクルト・久保田に一発を浴びたものの、あぶなげない継投で逃げ切り。

9番レフトで出場の鵜久森という選手が2本塁打の大活躍。 2本目の後はベンチ前で手荒い祝福を受けていた。

この試合でファイターズは今シーズンの公式戦日程を全て終了。

3fad6c2d.jpg

帰りに地元の直売所で鎌ヶ谷の梨を買った。1袋500円。新高(にいたか)というブランドとのこと。家に帰って来て早速食べた。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

U-18関東・日テレ・メニーナ−大和シルフィールド

第9回関東女子ユース(U-18)サッカー選手権大会・準々決勝
2005年10月2日 11時 妻沼町利根川総合運動公園サッカー場

日テレ・メニーナ 8−0 大和シルフィールド

もしかしたら行こうかと思ってたけど、やっぱり遠いし面倒臭くなってやめた。昨日と比べると普通っぽいスコアですかね。(^_^;

次の対戦相手は浦和レッドダイアモンズジュニアユースレディース(名前長いな)らしいです。次勝てば晴れて年明けの全国大会出場が決まるみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.01

J1・横浜F・マリノス−大分トリニータ

2005年10月1日 15時 日産スタジアム 観衆18,139人

横浜F・マリノス 0−3 大分トリニータ

得点経過:26分 0-1 [大分]深谷友基
     71分 0-2 [大分]マグノアウベス
     89分 0-3 [大分]西山哲平     

P1010867

     《横浜》            《大分》
    グラウ 大橋        マグノアウベス 高松
       奥        根本 トゥーリオ 吉田 梅田 
ドゥトラ 那須 マグロン 田中      エジミウソン
   河合 中澤 栗原        福元 三木 深谷
      榎本達             西川

守備は前半にセットプレーから失点を許してしまったものの、そこそこ安定してはいたように見えたし、本来MFが本職の大橋のFW起用は企画倒れだったけど(やはりもっとFWっぽい(?)選手を使うべきだったと思う)、もともと攻撃面はあまり期待していなかったこともあって(^_^;、内容的にはそれほどひどいようには感じられなかったんだけど、結果的にはかなりトホホなスコアになってしまった。

前後半1本ずつあったCKからのゴールマウス直撃ヘッド弾、特に開始直後、前半4分のマグロンのヘディングシュートが決まってマリノスが先制をしていればまた違った流れになったんだろうけどね。「たら、れば」の話になっちゃうけど。

大分は終盤選手がバタバタ倒れて時間稼ぎっぽいことをやってはきたけど、決して守りに入ってって感じではなく、最後までアタックをかけてきていた(ロスタイムの西川のミドルシュートは見事だった。拍手しそうになっちゃったよ。(^_^;)。マリノスからして見れば、大分が調子づいて来た、まさに旬の時期に当たっちゃったような感じだったわけで、もうちょっと違う時期の対戦だったらなという気がしないでもない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

マリノスグッズ投げ売りセール

088d3c00.jpg

正式名称は「F・マリノスクラブ会員限定 謝恩セール」ということらしい。

会計の列がものすごく長くてうんざり状態で、阪神百貨店での優勝バーゲンの仕切りを見習ってほしいななどと文句たれながらも、安さには勝てず。30分くらい並んでたかな。

以下が買ったもの。

P1010883

  19番・安貞桓のトレーニングレプリカ(1,000円)
  バルセロナ戦記念Tシャツ(500円)
  36番のタオルマフラー(500円)
  36番のリストバンド・青(200円)
  36番のリストバンド・3色(200円)
  8番のユニフォーム+ボールストラップ(200円)
  優勝記念キーホルダー(200円)
  優勝記念ラバーストラップ(200円)

計3,000円。本当に必要なものだったのかと聞かれるとアレなんだが。(^_^; タオルマフラーとリストバンドには番号だけで選手名は入っていないので、天野選手グッズと解釈して使うことにする。(笑)

3千円以上買うと福引きができるそうで、ガラガラとやってみたが末等のトレカ。珍しそうなので下川のにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U-18関東・日テレ・メニーナ−宇都宮女子高等学校

第9回関東女子ユース(U-18)サッカー選手権大会・1回戦
2005年10月1日 11時 妻沼町利根川総合運動公園サッカー場

日テレ・メニーナ 24−0 宇都宮女子高等学校

今日行われた試合。結果だけわかったのでアップしておく。
それにしても24点ってのはすごいな。ラグビーのスコアみたいだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »