« ナビスコ杯準決勝・横浜F・マリノス−ガンバ大阪 | トップページ | ハイ!ハイ!パフィー・アミユミ »

2005.10.06

サテライト・東京ヴェルディ−鹿島アントラーズ

2005年10月6日 15時 ヴェルディG(レセルバ)

東京ヴェルディ1969 3−2 鹿島アントラーズ

得点経過:10分 1-0 [東京V]小林大悟
     11分 2-0 [東京V]久場政朋
     39分 2-1 [鹿島]中後雅喜(PK)
     42分 2-2 [鹿島]中島裕希
     77分 3-2 [東京V]森本貴幸

   《東京V》          《鹿島》
   森本 町田         大道 中島
 小林大 玉乃 久場      山本     枠山
     小野           吉澤 吉田
相馬 石井 戸川 柳沢   石川 後藤 羽田 中後
     水原            杉山

P1020083
洗濯しても大丈夫なのかな?

ベレーザの大野さんにサインをもらいにヴェルディーノ(小野寺さん&酒井キャプテンもいてワイワイと(^^;仕事をしていた)に行ったついでにサテのゲームを見て来た。第2グラウンド(レセルバ)で見るのは初めて。これで4つのグラウンド全てで試合を観戦したことになる。すぐ後ろでバンジージャンプをやっていて、ある意味すごい環境だ。

P1020053

ヴェルディは相馬や小林大悟など(この2人は前半のみの出場だった)比較的トップに近いメンバーだったみたい。ヴェルディユースは夜に高円宮杯の準々決勝が組まれているし、トップも今週末は試合が無いようなので(相馬は大分でオールスターみたいだけど)まあそうだろうかと思ってたけど。一方の鹿島は知らない選手ばかりで知っているのは石川くらいだった。

立ち上がりは鹿島がものすごく威勢良い感じだったが、次第にヴェルディのパスワークに翻弄されるような感じになってきて、10分に相馬からのワンツーパスを受けた小林大悟が先制ゴール。その直後には町田からのパスを受けた久場が決めてヴェルディが2点のリード。その後もそのままの流れで行くのかと思っていたんだけど、鹿島がPKと右サイドからの崩し(この場面、CBの石井君がちょっと中途半端だったかな)で前半の間に追いついてしまった。

後半開始のまさに直後にヴェルディ・玉乃の突破を手で止めた鹿島・羽田が一発レッドカードで退場。数的バランスが崩れたことでもっと一方的な感じになるのかと思ったらそうでもなかった。決勝点は鹿島が攻め込んでいた場面からの逆襲の形。柳沢のクロスを森本がヘッドで決めたもの。後半は反対側のピッチサイドで南山千明と井関夏子がこの試合を見ていたので(途中から須藤安紀子も加わってた)そっちが気になっちゃってた。(^_^;

|

« ナビスコ杯準決勝・横浜F・マリノス−ガンバ大阪 | トップページ | ハイ!ハイ!パフィー・アミユミ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/6282801

この記事へのトラックバック一覧です: サテライト・東京ヴェルディ−鹿島アントラーズ:

« ナビスコ杯準決勝・横浜F・マリノス−ガンバ大阪 | トップページ | ハイ!ハイ!パフィー・アミユミ »