« J入替戦・ヴァンフォーレ甲府-柏レイソル | トップページ | 島本理生「大きな熊が来る前に、おやすみ。」 »

2005.12.08

野村克也『野村ノート』

野村ノート
野村ノート
posted with 簡単リンクくん at 2005.12. 8
野村 克也著
小学館 (2005.10)
通常24時間以内に発送します。

書かれていることは会社の組織論などにも応用出来るものなんだろうけど、そういう読み方はあまりにも安直かと思ったのであくまでも「野球」というポイントに置いて読んでみた。基本的には今まで彼の著作で読んだり、発言で聞いたりしていたことの延長線上の話で、特に奇をてらったような内容が含まれているわけではない。印象としては一般論的かなという感じがしないでもないけど、実績のある人が語ると説得力がある。配球を始めとした細かいところがわかると野球の見方ってのがものすごく変わるんだろうけど、自由席から見ててもよくわからないんだよな。ある意味野球ってのはテレビ向きな部分が多いスポーツなのかなという気もするわけで。

それにしても野村は阪神をああいう形で退団しなかったらどうなってたんだろうと思う。やっぱり星野みたいな起爆剤的な存在は必要だったのかなとは思うけど。

古田に関しては年賀状をよこさないこと以外はベタ褒めしている。(^^; 来年のヤクルトはちょっと怖いかもしれない。

|

« J入替戦・ヴァンフォーレ甲府-柏レイソル | トップページ | 島本理生「大きな熊が来る前に、おやすみ。」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/7529555

この記事へのトラックバック一覧です: 野村克也『野村ノート』:

» 野村ノートに思いをこめて [夜明け前]
[続きを読む]

受信: 2005.12.29 13:46

« J入替戦・ヴァンフォーレ甲府-柏レイソル | トップページ | 島本理生「大きな熊が来る前に、おやすみ。」 »