« [J1]FC東京−京都サンガ | トップページ | 明日の甲子園行きは取りやめ »

2006.03.27

Brian Eno『Music for Films』

B0007GFFVQMusic for Films
Brian Eno
Virgin 2005-03-22

by G-Tools

1978年の作品。ブライアン・イーノがらみの作品っていうのは数限りなく聴いたことがあるんだけど、ソロ作品は今回初めて聴いた。サウンド的にはほぼ予想通りのものだった。このアルバムは架空の映画のサウンドトラックという位置づけとのことで、あまり出しゃばらない音作りが気持ちいい。キング・クリムゾンのロバート・フリップもエレキギターで参加しているらしいが、どの音なんだかわからず。とりあえずはこの手の音楽を聴いていると、なんだかインテリになったような気分になる。(笑)

ブライアン・イーノについてちょっと調べてみたところ、Windows95の起動音は彼の作品だそうで、それは知らなかった。ブライアン・フェリー、ブライアン・イーノ、それに加えてフィル・マンザネラがギターを弾いていたロキシー・ミュージックっちゅうのは今考えるとすごいバンドだったんだな。

|

« [J1]FC東京−京都サンガ | トップページ | 明日の甲子園行きは取りやめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/9290257

この記事へのトラックバック一覧です: Brian Eno『Music for Films』:

« [J1]FC東京−京都サンガ | トップページ | 明日の甲子園行きは取りやめ »