« 練習試合・日テレ・ベレーザ-ヴェルディJrユースA | トップページ | Brian Eno『Music for Films』 »

2006.03.26

[J1]FC東京−京都サンガ

2006年3月26日 16時 味の素スタジアム 観衆17,033人

FC東京 2−1 京都パープルサンガ

得点:2分 1-0 [FC東京]ジャーン
   44分 1-1 [京都]アレモン
   89分 2-1 [FC東京]徳永悠平

FC東京−京都サンガ

    《東京》          《京都》
   川口 ルーカス      パウリーニョ アレモン
  今野 馬場 梶山    美尾         星
     伊野波          斉藤 米田
鈴木 茂庭 ジャーン 徳永  児玉 鈴木悟 リカルド 大久保
     土肥            平井

よみうりランドの帰りに寄って、アウェイ自由席のバックスタンド寄りのところ(客が少なくてなかなか快適だった。ハーフタイムのトイレもすいてたし。)で見ていた。よく見ると徳永の髪の色が改善されていたりなんかして、やっぱり評判悪かったのかな。(^^;

徳永悠平

開始2分にCKからジャーンのヘッドが決まって東京が先制。京都は出ばなを挫かれてなかなかペースをつかめないままに時間が経過しちゃったような感じで、ペースとしては東京が優勢であったと思う。ゴールの雰囲気はセットプレー時のジャーンからしか感じられて来なかったけど。前半30分を過ぎて、やっと京都の時間帯も出来るようになって、前半終了間際にCKからアレモンのヘッドがループっぽく決まって同点で折り返し。

後半はどっちつかずって感じだったのかな。東京の方が押していたとは思うんだけど、前半同様後半も30分過ぎになったら京都が押し始めて、もしかしたらと思ったんだけど、終了間際に徳永が右サイドを攻め上がっての決勝ゴール。角度ないところから針に糸を通すようなゴールだった(かな?)。さしずめ大学卒業記念ゴールってとこか。京都は勝ち点1まであと一歩だったんだけど持ちこたえられず、惜しかったね。

|

« 練習試合・日テレ・ベレーザ-ヴェルディJrユースA | トップページ | Brian Eno『Music for Films』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/9273077

この記事へのトラックバック一覧です: [J1]FC東京−京都サンガ:

« 練習試合・日テレ・ベレーザ-ヴェルディJrユースA | トップページ | Brian Eno『Music for Films』 »