« 胃腸科(16回目) | トップページ | 小笠原どーだい »

2006.04.04

日本ハム−ソフトバンク

2006年4月4日 18時 東京ドーム

ソフトバンク 010000031=5
日本ハム   100010000=2

ソフトバンク:○新垣
日本ハム:須永、武田久、●清水、マイケル、建山
本塁打:松中3号(ソ)、ズレータ4号(ソ)、本間1号(ソ)

日本ハム−ソフトバンク

初回、日ハムはマシーアスが四球で出塁、稀哲がバントで送って、3番小笠原がタイムリーという、実に理想的な立ち上がり。先発の須永は走者を出しつつも粘り強いピッチングで頑張ってたんだけど、ゲームのポイントになりそうだった8回表の継投が大失敗、2死走者1塁で出て来たワンポイントの清水が松中を歩かせてしまい、続くマイケルがズレータにキツイ一発を打たれてそこで勝負ありって感じだった。

マイケルは打たれっぷり良すぎだよ。まあ、横山とか芝草みたいに四球連発されるよりはマシだとは思うけど。(^_^;

|

« 胃腸科(16回目) | トップページ | 小笠原どーだい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/9431001

この記事へのトラックバック一覧です: 日本ハム−ソフトバンク:

« 胃腸科(16回目) | トップページ | 小笠原どーだい »