« 東京ヤクルト−阪神 | トップページ | 角田光代『愛がなんだ』 »

2006.04.01

[J1]横浜F・マリノス−FC東京

2006年4月1日 15時 日産スタジアム 観衆20,977人

横浜F・マリノス 1−1 FC東京

得点:62分 1-0 [横浜]田中隼磨
   89分 1-1 [東京]増嶋竜也

横浜−東京

      《横浜》          《東京》
    マルケス 大島       川口 ルーカス
       清水        今野  栗澤  梶山
ドゥトラ マグロン 上野 田中      伊野波
    河合 栗原 松田    鈴木 増嶋 茂庭 徳永
       榎本達           土肥

ここ最近、FC東京の試合をよく見ているような気がする。今日の東京は今までの例にもれず攻めにしても守りにしてもどちらとも雑で、流れ的には完全にマリノスのもので再三チャンスはつかむものの、それが点がつながらない。

内容はそこそこ良かったにもかかわらず、前半を無得点で終えて、後半に入っても得点を上げることが出来ず、攻撃も雑になってきて、イヤなムードになってきたところの後半17分に田中隼磨が決めたゴールをきっかけに一気呵成にと思ったんだけど、そうは行かなかった。マルケスは決定的な場面で外しまくっていて大ブレーキだし、70分過ぎには大島が至近距離からのシュートを枠に当てちゃってるし、途中出場の坂田は役立たずだし、今日はFWが全体的にダメダメちゃんだったみたい。本来ならば5点くらい取って東京を完全に潰しておかなくちゃダメな試合だったと思うわけで。

守りに入った終盤、ロスタイムに入ったところのFKで長いボールを放り込まれたところで増嶋に決められてしまって同点。指の隙間から勝ち点2がこぼれ落ちてしまった。感覚的にはほとんど負けに近いドローなわけで、完全なる取りこぼしだよな。うー、くやしー。

|

« 東京ヤクルト−阪神 | トップページ | 角田光代『愛がなんだ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/9381387

この記事へのトラックバック一覧です: [J1]横浜F・マリノス−FC東京:

« 東京ヤクルト−阪神 | トップページ | 角田光代『愛がなんだ』 »