« PUFFY「モグラライク」 | トップページ | 阪神−中日 »

2006.04.12

天野君、Jデビュー戦を見事勝利で飾る!

2006 Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選Aグループ
2006年4月12日 19時 三ッ沢球技場 観衆10,401人

横浜F・マリノス 2−0 FC東京

得点:57分 1-0 [横浜]狩野健太
   89分 2-0 [横浜]久保竜彦

天野貴史

     《横浜》         《東京》
     坂田 大島       ササ ルーカス
      吉田           栗澤
ドゥトラ 河合 天野 田中  鈴木 今野 梶山 徳永
   那須 中澤 松田    ジャーン 増嶋 茂庭
      榎本哲           土肥

J公式戦初出場の天野君は河合と組んで守備的MFとしてプレー、このポジションでプレーしているのを見るのは2年前のユース時代、プリンスリーグでの試合以来か。河合(試合前の練習も2人で組んでやっていた)との連携も良く、積極的に攻撃参加、吉田なんかよりよっぽどのびのびとプレーしていた。特に右サイドに流れた時にいい仕事をしており、オーバーラップで田中隼磨を追い越しまくっていたのが印象的。前半終了間際に初シュート、後半には梶山を削って初イエローカード(^_^; 後半10分で上野と交代になったがものの、デビュー戦としては合格でしょう。岡ちゃん、また使ってね。小柄なディフェンシブな選手ということで、プレースタイルやキャラがどことなく中地に似ているような。ペコペコとしたおじぎの仕方もよく似ている。

天野貴史

ほぼ一方的に攻め立てているマリノスではあったが、東京は最終ラインだけは堅く、なかなかゴールを割ることは出来なかったんだけど、後半12分に左に流れた坂田からゴール前に入ったボールがルーズになったところを、吉田に代わって出場したばかりの狩野がすかさず決めて先制。今日のラッキーボーイ。試合前のメンバー発表の時に名前を間違えられて「かりの」とかアナウンスされてたけど(^^;、きっちりアピール。試合終了間際には素早いリスタートから久保が追加点をあげて、今日はきっちり逃げ切った。

東京は3バックになっていた。はじめは増嶋が中央にいたんだけど、前半途中からジャーンと入れ替わって左から茂庭、ジャーン増嶋という並びになっていた。東京はボール保持率だけは高かったみたいだけど、そこからの攻撃の組み立てがからっきしで迫力不足。見所はゴール前を固めた分厚い守備(マリノスはシュートをブロックされまくり)だけだったか。特にGK土肥のシュートに対する反応が素晴らしかった。あとは途中出場の藤山を目の前で見ることが出来たのがうれしかった。

追記 試合感想を追加。(4/13)

|

« PUFFY「モグラライク」 | トップページ | 阪神−中日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/9557029

この記事へのトラックバック一覧です: 天野君、Jデビュー戦を見事勝利で飾る!:

« PUFFY「モグラライク」 | トップページ | 阪神−中日 »