« 日テレ・メニーナ 関東リーグ日程 | トップページ | 1998年5月の日本女子代表の観戦記を掲載 »

2006.04.19

日本ハム−オリックス

2006年4月19日 18時 東京ドーム

オリックス 000020010=3
日本ハム  40000200x=6

オリックス:●デイビー、中山、松村
日本ハム:○リー、H建山、Sマイケル
本塁打:小笠原3号(日)、新庄4号(日)、大西2号(オ)、塩崎1号(オ)

北海道日本ハムファイターズ

昨日と比べてずいぶんと観客が多かったような。 内野自由席があれだけざわざわしているのも珍しかった。

日ハムが初回に4得点(小笠原ソロ本塁打&新庄3ラン本塁打)の猛攻。昨日、今日と新庄が神ががっているし、新庄が打席に立つとスタンドの雰囲気も変わるんだよな。先発投手のリーは4回までノーヒットのピッチングできっちりとゲームの流れを作って、建山・マイケルにバトンタッチ。

初回に足(膝?)に死球を受けた稲葉(直後に代走は出さなかったので大したことないとは思う)に代わって森本稀哲が2回表の守備から5番ライトで登場。バントヒットを含む3打数3安打の思いがけぬ大活躍だった。

二塁手かと思ってたマシーアスが昨日、今日とレフトを守っているんだけど結構上手い。守備センスに優れた選手なんだろうな。

|

« 日テレ・メニーナ 関東リーグ日程 | トップページ | 1998年5月の日本女子代表の観戦記を掲載 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/9672472

この記事へのトラックバック一覧です: 日本ハム−オリックス:

« 日テレ・メニーナ 関東リーグ日程 | トップページ | 1998年5月の日本女子代表の観戦記を掲載 »