« [関東大学サッカー]東学大−早大 | トップページ | セレッソバス »

2006.05.06

[J1]横浜F・マリノス−ジェフユナイテッド千葉

2006年5月6日 15時 日産スタジアム 観衆32,073人

横浜F・マリノス 1−1 ジェフユナイテッド市原・千葉

得点:27分 0-1 [千葉]山岸智
   87分 1-1 [横浜]清水範久

マリノス−ジェフ

    《横浜》          《千葉》
     大島             巻
  狩野 清水 吉田       羽生 クルプニ
   上野 河合     山岸  阿部 佐藤  坂本
那須 松田 中澤 田中    斎藤 ストヤノフ 水本
     榎本哲           立石

ジェフは頻繁にポジションチェンジを繰り返すサッカー。最終ライン3人の並び順も流動的だし、それに加えて阿部も最終ラインに入ったり。中盤も頻繁に入れ替わっていて、位置的にはっきりしていたのは巻と立石だけだったんじゃないかな。入れ替わりのトリガーとか規則性を見いだそうとしてみたけど、わからなかった。マリノスと比較すると高度なサッカーっぽく見える。

マリノスは天皇杯のザスパ草津戦でしくじって以来4バックは禁じ手かと思っていたんだけど、今日は思いのほか機能していた。立ち上がりからそこそこ試合を支配していたんだけど、まあそういう時に限ってゴールが決まらないというままありがちな展開。ジェフの先制点は斜めパスをつながれて守備が混乱してしまった感あり。縦・横だけだったらなんとか対応出来たんだけど、ちょっとひねりを加えられてしまって制御不能みたいになっちゃった。その後もなかなかゴールを決めることが出来なかったマリノスだったけど、後半終了間際にパワープレー(っていうのかな?つまりは前線への放り込み)でやっとこさゴール。今回も終盤途中出場のマイクが持ち前の高さを活かしてお膳立てした泥臭いゴールだった。お世辞にもあまり賢そうなゴールではなかったけど、まあ1点は1点ということでそれでいいのふだ。マイクがボールを蹴る直前にボールがゴールラインを割っているようにも見えたけど、目の前で見ていた副審が何も言っていないので大丈夫だったんだろうということで。

今のマリノスはどこと対戦しても「失点1」ってのがデフォルトのような気がするので、まあしゃあないかという感じ。勝てなかった最大の理由は1点しか取れなかったってことだと思う。それにしても無得点だと負け、1ゴールだとドロー、2得点だと勝ちという実に単純明快なチームになっちゃっている。(^^;

とりあえずはこれでリーグ戦はW杯のインターバルに突入。ケガ人が揃って回復するであろう後半戦はバリバリ全開で巻き返したいところ。

|

« [関東大学サッカー]東学大−早大 | トップページ | セレッソバス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/9932291

この記事へのトラックバック一覧です: [J1]横浜F・マリノス−ジェフユナイテッド千葉:

« [関東大学サッカー]東学大−早大 | トップページ | セレッソバス »