« 吉沢ひとみがなでしこリーグで始球式 | トップページ | 関東大学サッカー・法大−流経大 »

2006.05.19

黒門亭・夜の部

上野の落語協会2階で午後6時から。黒門亭はもっと足運んでるのかと思ったら去年の7月以来だった。サブタイトルは【もうすぐ真打!!大ネタに挑戦】で出演者と演目は以下の通り。

 古今亭ちよりん「無学者は論に負けず」
 三遊亭あし歌「電報違い」
 柳家喬之助「ねずみ」
 五街道佐助「幾代餅」

今日は喬之助さんの「ねずみ」(左甚五郎の話)が良かった。

佐助さんがやたらと痩せてたのにはびっくり。病気なのかと思ったら、毎日荒川沿いをランニングをしているためらしい。「幾代餅」は菊之丞さんが演じているのを何度か見ているけど、同系列の一門の割にはけっこう印象が違うんだなという感じがした。

前座のちよりんさんは菊之丞さんの勉強会の時と同じ噺で前回より落ち着いていたかな。あし歌さん(出て来る時に帯をしめ忘れたらしい。(^^;)は顔の輪郭が伊集院光に似ていた。

|

« 吉沢ひとみがなでしこリーグで始球式 | トップページ | 関東大学サッカー・法大−流経大 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/10143605

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭・夜の部:

« 吉沢ひとみがなでしこリーグで始球式 | トップページ | 関東大学サッカー・法大−流経大 »