« じゃがポックル | トップページ | Puffy@日比谷野外音楽堂 »

2006.05.12

TOUR! PUFFY! TOUR! 10 FINAL 前夜祭

横浜BLITZ

横浜BLITZに行って来た。副題が「明日まで待てないべナイト」。

まず最初に亜美ちゃんとニューロティカのアツシが出て来た。掛け合い漫才のような前説の後に本編がスタート。演奏は斉藤和義、175R、奥田民生、謎のフォークトリオ(^^;のトメ伊東とハッピー&八熊、SPARKS GOGOという順番だった。

以下簡単な感想。

斉藤和義
初めて聴いた。いいメロディーを書く人なのかな。ボーカルはちょっと不安定だったような気がしないでもないけど。PUFFYのニューアルバムに曲を提供しているそうで、その曲がラスト。由美ちゃんが出て来て歌った。

175R
スピード感のあるロックで結構良かったと思う。歌詞がへんてこりんで面白そうだった。最後に演った曲は聴いたことがあるなあ。

奥田民生
白衣で登場。「先生」ということでそういう格好をしていたらしい。イスに座ってアコースティックギターでPUFFYの曲を4曲(渚にまつわるエトセトラ、サーキットの娘、しあわせ、海へと)解説付きで歌ってとっとと引っ込んだ。今日が誕生日だったらしい。

トメ伊東とハッピー&八熊
正体は志村正彦(フジファブリック)+奥田民生+八熊慎一(SPARKS GOGO)ということだったらしい。ハッピー氏のギターが冴えわたっていた。ただし途中一回、カポタストを付け忘れてイントロで演奏を中断させていたのはいただけない。面白過ぎます。(^^;

SPARKS GOGO
ギター、ベース&ボーカル、ドラムのトリオ。初めて聴いたんだけど、骨太なロックがなかなかいいじゃん。音楽性とグループ名が今ひとつ合っていないような感じがするんだけど、気のせい?最後に奥田先生(ギター)と亜美・由美が加わってPUFFYの「SIMPLE」を演奏。この曲はベースの八熊慎一の作品だったらしい。

19時前に始まって終演が22時10分。長かったけど終わりは結構あっさりって感じ。まあ明日もあるしな。エンディングで奥田先生が「明日で解散」とか「一人ずつメンバーチェンジ」とか好き放題言っていた。このボリュームで3,800円っていうのはお得だったのかな。

|

« じゃがポックル | トップページ | Puffy@日比谷野外音楽堂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/10040499

この記事へのトラックバック一覧です: TOUR! PUFFY! TOUR! 10 FINAL 前夜祭:

« じゃがポックル | トップページ | Puffy@日比谷野外音楽堂 »