« [なでしこリーグ]日テレ・ベレーザ−TEPCOマリーゼ | トップページ | WILKINSON GINGERALE »

2006.06.19

[Group F]日本−クロアチアに関する考察

日本 0−0 クロアチア

BSハイビジョンで見ていた。

川口はまさに四次元キーパー状態で、ゴール前の空間をねじ曲げてしまっていた。再三の好セーブを見せた末に、しまいにゃ宮本が献上したPKも弾き飛ばす。その後バックパスの処理をミスしたボールが枠の外にそれた時点で、ツキのあった川口の完封を確信したよ。

サイドが替わっての後半は前半に川口がねじ曲げた空間の余韻が残っちゃってたみたいで、日本はいくらゴール前に攻め込んでも得点を決めることが出来るわけがない。(^^; きっとあの会場はもうあと2〜3日間はあんな感じだろう。今頃鳩がボールポストにぶつかっているかもしれない。(^^;

試合後に中田が「勝てる試合だった」と言っていたそうだけど、PK外し1回&枠直撃弾1発のクロアチアも同じことを言う権利はある試合だったと思う。

P.S. 4バックだったら宮本よりもシジクレイの方がいいと思うけど。(^^;

|

« [なでしこリーグ]日テレ・ベレーザ−TEPCOマリーゼ | トップページ | WILKINSON GINGERALE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/10596129

この記事へのトラックバック一覧です: [Group F]日本−クロアチアに関する考察:

« [なでしこリーグ]日テレ・ベレーザ−TEPCOマリーゼ | トップページ | WILKINSON GINGERALE »