« [Group C]オランダ−アルゼンチン | トップページ | 胃腸科(21回目) »

2006.06.23

[Group E]チェコ−イタリア

チェコ 0−2 イタリア

BSハイビジョンの中継で見ていた。

イタリアは負傷のネスタに代わって予期せぬ途中出場をしたマテラッツィ(高かったなあ)の得点後、目に見えて自陣の青い人の数が増えたような気がする。チェコはネドベドの動きこそ素晴らしいものがあったんだけど、トップのバロシュが思うように機能していないような感じだった。チェコにとって前半ロスタイムのポラクの退場のダメージが大きかった。

後半のイタリアはがっちり守ってカテナチオでまさにお家芸。チェコは終盤前がかりになったところの最終ラインのド真ん中にスルーパスを通されて、インザーギがダメ押し点。これで決まった。

チェコが消えた。

|

« [Group C]オランダ−アルゼンチン | トップページ | 胃腸科(21回目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/10649690

この記事へのトラックバック一覧です: [Group E]チェコ−イタリア:

» ネドベド [検索キーワードランキング]
パベル・ネドベド(パヴェル・ネドヴィェト)(Pavel Nedv��d, 1972年8月30日 ヘプCheb(Eger) -)はチェコ出身のサッカー選手、ポジションはMF(SH、OH)。イタリア・セリエAのユヴェントス所属(2001年-)。 [続きを読む]

受信: 2006.06.28 08:42

« [Group C]オランダ−アルゼンチン | トップページ | 胃腸科(21回目) »