« 『人づきあいの小迷惑相談室1』 | トップページ | [J1]大宮アルディージャ− 京都パープルサンガ »

2006.07.28

鈴本演芸場・七月下席(夜の部)

鈴本演芸場 鈴本演芸場

会社帰りに寄ってきた。18時ちょっと前の到着で、見た演者・演目は以下の通り。

 翁家和楽社中 太神楽曲芸
 古今亭志ん弥「開帳の雪隠」
 橘家圓太郎「親子酒」
 昭和のいる・こいる 漫才
 柳家権太楼 漫談(客船「飛鳥」の話)
 入船亭扇橋「加賀の千代」
   −仲入り−
 三増紋之助 曲独楽
 五明楼玉の輔「生徒の作文」
 ペペ桜井 漫談
 古今亭菊之丞「酢豆腐」

権太楼師匠の漫談(豪華クルーズ船「飛鳥」に乗った時の話)と代演で登場のペペ桜井師匠の漫談(いつもの内容(^^;)が抜群に面白かった。あとはこいる師匠の相づちが超絶品。今日は上演中の私語(^^;の多い団体客もいなくて、客席の雰囲気がほのぼのとしていてなかなか良かった。

トリの菊之丞さんは風邪でのどが不調とのことだったけど、気になるほどでもかったかなと思う。ネタはいつもの「酢豆腐」。

|

« 『人づきあいの小迷惑相談室1』 | トップページ | [J1]大宮アルディージャ− 京都パープルサンガ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/11133792

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴本演芸場・七月下席(夜の部):

« 『人づきあいの小迷惑相談室1』 | トップページ | [J1]大宮アルディージャ− 京都パープルサンガ »