« 巨人−阪神 | トップページ | [準々決勝]イタリア−ウクライナ »

2006.07.01

[準々決勝]ドイツ−アルゼンチン

ドイツ 1−1 アルゼンチン
  延長戦0−0
  PK戦4−2

ドイツ−アルゼンチン

前半はやたらと手堅い試合運び。特にドイツの守備が良くて、アルゼンチン攻撃陣は思うようなプレーが出来ていなかったみたい。一方のドイツも攻撃の手数は多くはなくて、双方似たり寄ったりって感じだった。

後半4分にCKからアルゼンチンが先制したところから試合が大きく動くようになった。アルゼンチンは結構早くリケルメを代えちゃったんだけど、守りに入るタイミングがちょっと早過ぎたんじゃないかな。ドイツが同点に追いついて、延長突入。そこでも決着つかず、PK戦でレーマンが2本を止めてドイツが勝ち残り。

主審の表情がチャリー・ワッツに似ていた。

|

« 巨人−阪神 | トップページ | [準々決勝]イタリア−ウクライナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/10742006

この記事へのトラックバック一覧です: [準々決勝]ドイツ−アルゼンチン:

« 巨人−阪神 | トップページ | [準々決勝]イタリア−ウクライナ »