« 伊藤たかみ「八月の路上に捨てる」 | トップページ | PUFFY 〜US TOUR壮行ライブ〜 »

2006.07.05

[準決勝]ドイツ−イタリア

ドイツ 0−2(0-0,0-0 延長0-0,0-1) イタリア

グロッソが勝ち越しゴール

早起きしてBS1のライブ中継を見ていた。

前半はイタリアが積極的に仕掛けていたような印象。解説の井原によると守備のラインも高めだったそうで(それでも持ち味の強固さは相変わらず)、まあそういう感じ。特に前半はやたらとイタリアにコーナーキックの場面が多かったような気がするがゴールという形では結実せず。

後半立ち上がりにドイツが攻撃でいい形を見せるが、その辺は伝統的に強いと言われている(まれにそうじゃない時もあるけど)イタリアの守備がきっちりと対応。全体的なペースとしてはイタリアのものだったんじゃないかと思う。トーニのワントップが機能しきれていないような気もするんだけど、そんなもんなのかな?(ワントップシステムが今イチっぽいのはポルトガルも同様)とにかくあれだけの超アウェイ状態にもかかわらず、自分たちのリズムで進めることが出来るってのはすごいことだと思う。決勝トーナメント1回戦でドイツに敗れたスウェーデンはスタンドの雰囲気に飲まれてやられちゃったような感じだったもんな。

イタリアの守備が堅いのは言わずもがな、ドイツもきっちりと守ってきてスコアは動かず、延長戦に突入。延長に入ってからはイタリアが息を吹き返したような印象。ただし、スコアは動くことなく時間はどんどん過ぎて延長後半ものこりわずかに。今大会、延長戦になった試合は全てPK戦までもつれているので、今日もそうなのかなと思って、PK戦に備えてお茶の準備でもしようかなと思っていたところで、グロッソ、デルピエロが閉店間際の連続ゴールをあげて勝ち越し、そのままイタリアがうっちゃり勝ち。ドイツにとってデルピエロの2失点目はリスクかけてでも追いつきに行かなきゃならない場面だったと思うので、こういう結果になってしまったってことは仕方なしなのかな。

2点差というスコアだけを見ればやや意外な気もするが、試合内容・結果ともに順当なものだったと思う。ドイツがホームアドバンテージを活かして勝っていたとしてもそれはそれで順当だったと思うわけで、それだけ結果の読みにくい試合ではあったのかなとは思う。イタリアがイタリアらしい試合をして勝利した試合だった。

Alessandro DEL PIERO
デル・ピエロが2点目のダメ押しゴール

|

« 伊藤たかみ「八月の路上に捨てる」 | トップページ | PUFFY 〜US TOUR壮行ライブ〜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/10799121

この記事へのトラックバック一覧です: [準決勝]ドイツ−イタリア:

« 伊藤たかみ「八月の路上に捨てる」 | トップページ | PUFFY 〜US TOUR壮行ライブ〜 »