« 日本ハム−楽天 | トップページ | サンボマスター@Zepp Tokyo »

2006.08.30

[J1]横浜F・マリノス−ヴァンフォーレ甲府

2006年8月30日 19時 三ッ沢公園球技場 観衆12,384人

横浜F・マリノス 3−0 ヴァンフォーレ甲府

得点:11分 1-0 [横浜]オウンゴール
   32分 2-0 [横浜]田中隼磨
   83分 3-0 [横浜]松田直樹(PK)

水沼監督

     《横浜》           《甲府》
      久保             バレー
     奥 山瀬功         山崎   大西
ドゥトラ 中西 上野 田中      石原 林 藤田
   那須 松田 栗原    山本 ビジュ アライール 杉山
      榎本達             阿部

やろうとしているサッカー自体にはほとんど違いはないと思うんだけど、監督が代わって雰囲気が変わることでここまで結果が違ってくるもんなんだなと思った次第。

先制点は甲府のオウンゴール。ゴールラインを越える瞬間は見ていたけど、やっちまった瞬間はよそ見していて見逃した。残念。(^^; 左サイドに流れた久保→中央の上野→右の田中隼磨とつないで決めた2点目は奥が退場になった後の数的不利の状態だったんだけど、ちゃんと崩しての得点だった。

松田PK

3点目はアライールのハンドによるPK。松田がPK蹴るってのは外した時のチームへのダメージも少ないし、本人もそんな些細なことは気にするように思えないしで、なかなかいいんじゃないかと思う。

それにしても岡ちゃんがいなくなった後はチーム自体の運気が上がっているように感じられる。まあこれがいつまで続くかはわからないけど(^^;とりあえずはちゃっちゃと勝ち点を積み重ねて降格ゾーンから逃げたいところ。

|

« 日本ハム−楽天 | トップページ | サンボマスター@Zepp Tokyo »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/11691838

この記事へのトラックバック一覧です: [J1]横浜F・マリノス−ヴァンフォーレ甲府:

« 日本ハム−楽天 | トップページ | サンボマスター@Zepp Tokyo »