« 日テレ屋 | トップページ | シダックス野球部が解散 »

2006.09.07

ソフトバンク−日本ハム

日本ハム   010010002=4
ソフトバンク 010000001=2

日本ハム:○武田勝、H武田久、岡島、Sマイケル
ソフトバンク:神内、●吉武、吉田、柳瀬、三瀬、藤岡、篠原

本塁打:ズレータ26号(ソ)

家に帰って来てBS1を見たら5回表、ちょうど小笠原の外野フライで森本稀哲がホームに生還するところだった。日本ハムはこの得点で勝ち越し。その後は投手陣(ただし9回裏に満塁のピンチを招いた岡島は除く(^^;。そういう意味では9回表の追加点は大きかった。)の出来が素晴らしかった。特に2番手として8回裏を3者連続三振に斬った武田久のピッチングは見事の一言に尽きる。

|

« 日テレ屋 | トップページ | シダックス野球部が解散 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/11800754

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトバンク−日本ハム:

» 小笠原、25年ぶりV目前で来季の去就「わからない」 [スポーツニュース]
これも歴史的快進撃の余波!? 日本ハムが18日の楽天戦に勝ち、5月19日以来の首位。1981年以来実に25年ぶりとなるリーグ優勝が現実味を帯びてきた。慣れない状況に、ナインは戸惑い気味。FA権を取得済みで、巨人、中日が獲得を狙うといわれる小笠原の去就も、ここにきて混迷を深めている。 止まらない勢いで4連勝、首位に立った直後、白井ヘッドコーチは開口一番、「何かが取り付いているな」と口走った。... [続きを読む]

受信: 2006.09.19 21:11

« 日テレ屋 | トップページ | シダックス野球部が解散 »