« 山崎ナオコーラ『人のセックスを笑うな』 | トップページ | 横浜ダービー(アウェイ)の一般発売 »

2007.02.16

太田光・中沢新一『憲法九条を世界遺産に』

4087203530憲法九条を世界遺産に
太田 光 中沢 新一
集英社 2006-08-12

by G-Tools

集英社新書。爆笑問題の太田光と人類学者・宗教学者の中沢新一の対談をまとめたもの。対談の第一章がいきなり「宮沢賢治と日本国憲法」から始まったのは唐突なでオヤッて感じ。全体的には太田がかっこいいフレーズを連発していて(特に第二章の「奇蹟の日本国憲法」のところでは冴えまくっている)、それに対して中沢がわかりやすく解説を加えているようなペースだったかなと。

自分自身としては他の国の憲法についての知識がないため、比較が出来ていない、というか日本国憲法も通して読んだことの無いヤツなので、ちょっとその辺のことについてはもっと掘り下げて勉強してみても面白いのかなとは思った。

対談の最初の方で太田が言っている、

今、憲法九条が改正されうるという流れになりつつある中で、十年先、二十年先の日本人が、「何であの時点で憲法を変えちゃったのか、あの時の日本人は何をしていたのか」となった時に、僕達はまさにその当事者になってしまうわけじゃないですか。それだけは避けたいなという気持ち、そうならないための自分とこの世界に対する使命感のようなものがすごくあるんです。(pp.16-17)
というところには共感を覚えた。

|

« 山崎ナオコーラ『人のセックスを笑うな』 | トップページ | 横浜ダービー(アウェイ)の一般発売 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/13933644

この記事へのトラックバック一覧です: 太田光・中沢新一『憲法九条を世界遺産に』:

« 山崎ナオコーラ『人のセックスを笑うな』 | トップページ | 横浜ダービー(アウェイ)の一般発売 »