« 青硯展 | トップページ | [ラグビー日本選手権]ヤマハ−関東学院大 »

2007.02.10

黒門亭

黒門亭

いつもながらの上野(というか御徒町)の落語協会2階で。今日は昼夜通し券(1,500円)で見てきた。チラシを良く見たら、「文化庁芸術団体人材育成支援事業公演」だそうで、政府から公的資金が投入されている模様。(^^;

  ◇昼の部◇ 14時から
  春風亭正太郎「狸の札」
  林家ぼたん「万病円」
  橘家竹蔵「湯屋番」
   <仲入り>
  柳家福治「厩火事」
  三遊亭若円歌「天災」

  ◇夜の部◇ 17時から
  春風亭正太郎「子ほめ」
  古今亭朝太「崇徳院」
  古今亭菊之丞「妾馬」
   <仲入り>
  古今亭志ん馬「蛙茶番」
  柳家甚語楼「転宅」

昼の部で良かったのはぼたんさんかな。竹蔵さんの「湯屋番」は古今亭一門のとはまたちょっと違うんだなという印象。福治師匠はなんだかつっかえつっかえだったりして、見ててちょっとヒヤヒヤした。ベテランでもこういうことがあるのね。

客の中に足の臭い人がいたみたいで、終わったあとの片付け中に話題になっていた。(^^;

そんでもって昼の部はちょっとまだ目が覚めていない感じがあったので、リポDを飲んで気合いを入れ直して(^^;夜の部に臨んだ。客は夜の方が多くて、結構いっぱいいっぱいな感じ。

こちらは朝太さんと菊之丞さんが良かった。今日は昔の2枚組アルバムに例えると、1枚目と2枚目のA面が良かったような感じ。「転宅」は結末がわかっちゃってるとちょっとわくわく感が欠ける噺ではあるかな。

あと、今日は前座の正太郎さん(今日2回見たことになる)も上手かった。夜の部では高座中に楽屋との仕切りののれんが落っこちるというハプニングがあったけど、きっちり切り返してネタにしちゃってたし。

|

« 青硯展 | トップページ | [ラグビー日本選手権]ヤマハ−関東学院大 »

コメント

おや、ご一緒していたわけでやすね。
拙には若円歌師匠の「天災」が秀逸でげした。
それにしても本当に足の臭い人がいやしたね。
連れの奥方も顔をしかめやんして、芸の半ばでは臭いが気になって噺どころじゃない始末でげした。
今度から木戸口で「足の臭いもの、立ち入り罷りならぬ」と番所をたてやしょう・・・「お神酒番屋」でげす。

投稿: 下町の酢豆腐 | 2007.02.22 09:59

コメントありがとうございます。

私が座っていた舞台に向かって右手の方は臭ってこなかったみたいで命拾い(^^;しました。

投稿: 劇団天野屋 | 2007.02.27 20:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/13860961

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭:

« 青硯展 | トップページ | [ラグビー日本選手権]ヤマハ−関東学院大 »