« 鹿島田真希「ピカルディーの三度」 | トップページ | 横浜ダービーのチケット »

2007.02.12

旗日限定!福袋演芸場

第五十二回「2007新真打・卒業公演」
平成十九年二月十二日 於 池袋演芸場
午前十時開演 木戸銭千円

池袋演芸場

25年ぶりくらいに池袋演芸場に行ってみた。前回見に行ったのは談志師匠が出てた時で、快楽亭ブラック師匠が立川レーガンを名乗っていたのを記憶しているので1980年だったってことか。いつの間にか場所がちょっと変わって地下になっていて、客席は座敷じゃなくてイスになってた。どことなく演劇の小劇場っぽい。普段はすいているらしいんだけど、今朝は企画モノということで客が溢れ帰っていた。座席数93席のところ入場者169人だったそう。膝送り(席詰め)のために菊朗さんが出てきていて、ついでに披露時興行の入場券を相当売り上げていた。開演前の珍アナウンスは佐助さん。

  柳家喬之助「三人無筆」
  春風亭朝之助「寝床」
  古今亭菊朗「調合」
  五街道佐助「夢金」

真打ち昇進直前の勢いのある方々なので面白いのはお墨付き。定席の昼の部の関係の都合で時間に制限があったためか、演目の方はけっこうキツキツな感じだったけど(おかげで5分前倒しでの9時55分開演だったわけで)、それもそれでネタになっていたような感じ。最後に出ていない二つ目連中も含めてみんなが舞台に上がってあいさつしている時も、演芸場側からは巻きが入っていた。(苦笑)

ちなみにこの興行も「文化庁芸術団体人材育成支援事業公演」だそうで、公的資金が投入されている模様。(^^;

|

« 鹿島田真希「ピカルディーの三度」 | トップページ | 横浜ダービーのチケット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/13880134

この記事へのトラックバック一覧です: 旗日限定!福袋演芸場:

« 鹿島田真希「ピカルディーの三度」 | トップページ | 横浜ダービーのチケット »