« BENT MAGAZINE | トップページ | [五輪2次予選]U-22日本代表−U-22香港代表 »

2007.02.27

香西秀信『論より詭弁 反論理的思考のすすめ』

4334033903論より詭弁 反論理的思考のすすめ
香西 秀信
光文社 2007-02-16

by G-Tools

光文社新書。論理学の内容をレトリック(修辞学?)の立場から説明しようということがテーマの本だったかと。レトリックという学問のジャンルがあるのは初めて知った。多くの例示をしてわかりやすく書いてあるとは思うんだけど、雲をつかむような感じもあって、読み終わった時点ではちょっとふわふわとした感覚が残っている。

しかし、開き直るようだが、論点をすり替えてなぜいけないのか。そもそも、「論点のすり替え」などというネガティブな言葉を使うから話がおかしくなるので、「論点の変更」あるいは「論点の移行」とでも言っておけば何の問題もない。要するに、発話内容という論点が、発話行為という論点に変更されただけの話である。(P.129)

|

« BENT MAGAZINE | トップページ | [五輪2次予選]U-22日本代表−U-22香港代表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/14069403

この記事へのトラックバック一覧です: 香西秀信『論より詭弁 反論理的思考のすすめ』:

« BENT MAGAZINE | トップページ | [五輪2次予選]U-22日本代表−U-22香港代表 »