« 黒川伊保子『日本語はなぜ美しいのか』 | トップページ | [J1]ガンバ大阪−大宮アルディージャ »

2007.03.03

[J1]横浜F・マリノス−ヴァンフォーレ甲府

2007年3月3日 14時 日産スタジアム 観衆24,466人

横浜F・マリノス 1−0 ヴァンフォーレ甲府

得点:5分 1-0 [横浜]10-山瀬功治

横浜F・マリノス

    《横浜》           《甲府》
マルクス 鈴木 マルケス     鈴木 茂原 宇留野
  山瀬功  アーリア        藤田 石原
     河合             林
那須 中澤 栗原 田中隼   山本 増嶋 秋本 杉山
     榎本             阿部

プレイヤーズTシャツ(前) プレイヤーズTシャツ(後)

レシート

トリコロールワンでオフィシャルガイドブックと天野選手のプレイヤーズTシャツ&タオルマフラーを買った。レシートによるとNEXT HOME GAMEは「3/10 v.s. Yokohama FC」だそうだがこれいかに。(^^;

天野貴史
天野がベンチ入り。ただし出番はなし。

早野宏史
ダジャレのおじさん (^^;

試合の方は開始5分に山瀬兄のドリブル&シュート(今日の甲府は山瀬のドリブルを止められなかったようだ)が決まってこの上ない幸先よい立ち上がりで前半は全体を通じて概ねいい感触だったかと。ただし後半に入ってからはパスの精度が著しく低下、それに伴いファールも増えて、全然ペースを握ることが出来なくなっちゃって、最後はなんとか逃げ切ったような感じでの勝利。「攻撃的なサッカー」などというガラにもないお題目として唱えていたので心配していたんだけど、実はさほど前がかりではなかったようで、その辺はちょっとホッとした。(苦笑)

鈴木は後半終了間際に遅延行為で2回目の警告を受けて退場。単なるおバカさんのようだ。ゲームの最後の最後の場面だったので変な傷口の広がり方は招かなかったのはせめてもの救い。

今シーズンからバックスタンドの自由席のエリアがセンターライン側に2ブロック広がったのはありがたい。

|

« 黒川伊保子『日本語はなぜ美しいのか』 | トップページ | [J1]ガンバ大阪−大宮アルディージャ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/14119608

この記事へのトラックバック一覧です: [J1]横浜F・マリノス−ヴァンフォーレ甲府:

« 黒川伊保子『日本語はなぜ美しいのか』 | トップページ | [J1]ガンバ大阪−大宮アルディージャ »