« [ナビスコ杯]横浜F・マリノス−柏レイソル | トップページ | ヤクルト−阪神 »

2007.05.10

大野勢太郎・他『浦和REDSの真実FINAL』

浦和REDSの真実FINAL

『浦和REDSの真実FINAL』
著者/大野勢太郎&有賀久子・佐藤亮太
編集元/株式会社 FM NACK5
発行元/スポーツチャンネル有限会社
ISBN978-4-903333-05-2

浦和レッズは素晴らしい選手・スタッフが揃った実にすごいクラブだ万々歳という本。抱えている問題点(それなりにあるように見えるけど)についてはほとんど触れられていなくて、行く手には明るい未来だけが広がっているようで実に羨ましい。(^^; まあ、そもそもそういう目的で書かれた本なのでそれに対しては特に不満はないんだけど、勢太郎がサボり過ぎだ〜。文章はほとんど有賀・佐藤の2人が書いていて、これじゃただの名義貸しなんじゃねえかって感じ。読後感としては初期の頃のスリリング感が全くといっていいほど失われているような印象で今回が最後というのは程よいタイミングかと。

犬飼氏→藤口氏と続いている浦和レッズの代表ってのは両者とも慶應出身なのね。三菱自動車では慶應が強いのか、それともたまたまなのかは知らんけど。

|

« [ナビスコ杯]横浜F・マリノス−柏レイソル | トップページ | ヤクルト−阪神 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/15026547

この記事へのトラックバック一覧です: 大野勢太郎・他『浦和REDSの真実FINAL』:

« [ナビスコ杯]横浜F・マリノス−柏レイソル | トップページ | ヤクルト−阪神 »