« 川上未映子「わたくし率 イン 歯ー、または世界」 | トップページ | 第137回芥川賞候補作品 »

2007.07.04

毛皮族「おっぱいファミリー1、2、3」

毛皮族初夏の軽演劇@リトルモア地下
演目G『おっぱいファミリー1、2、3』

作・演出/江本純子
出演/町田マリー、平野由紀、延増静美、江本純子、羽鳥名美子、高野ゆらこ、高田郁恵、金子清文

毛皮族『初夏の軽演劇@リトルモア地下』

整理番号21番だったんだけど、なぜか一番前の隅の席が空いていてラッキー。

おっぱいをめぐるイタリア風マフィアの抗争がファミレスで繰り広げられるというあらすじ。武器にはおっぱいピストル(?)みたいなのが使われていて、リトルモア地下公演にしては露出度高めか。羽鳥さんの乳房が相変わらずキレイなのだ…ってそれじゃただのスケベおやじだな。(苦笑)

町田マリーが主演だったんだけど、今回の脚本は割と普通な(ってわけでもないけど(^^;まあ比較の問題なので)役だったので、町田フェチ的にはわけのわからないキャラが飛び道具的に次々と繰り出されていた一昨日の「四姉妹」の方が味わい深い役だったような気がしないでもない。一方、一昨日は存在感薄めだったゆらこさんが、今日は結構なかなかいい感じだったかと。

今日は金子清文さんの42回目のバースデーだったそうで、終演後に観客立ち会いの元でケーキのロウソクを吹き消していた。

|

« 川上未映子「わたくし率 イン 歯ー、または世界」 | トップページ | 第137回芥川賞候補作品 »

コメント

TBありがとうございます。
私の前に座られた方ですね。
私も羽鳥さん好きなんですよ~。
ゴッドファーザーはきちんと見たことが無いので、どの辺がパロディーだったのか、よくわからず残念でした。

投稿: かおぴん | 2007.07.05 21:58

コメントありがとうございます。

後から入ったのに前に座っちゃいまして、すみませんでした。(苦笑)

投稿: 劇団天野屋 | 2007.07.05 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/15653102

この記事へのトラックバック一覧です: 毛皮族「おっぱいファミリー1、2、3」:

« 川上未映子「わたくし率 イン 歯ー、または世界」 | トップページ | 第137回芥川賞候補作品 »