« 円城塔「オブ・ザ・ベースボール」 | トップページ | 早大・鈴木修人は鹿島アントラーズに »

2007.07.14

[ナビスコ杯]横浜F・マリノス−FC東京

2007 Jリーグヤマザキナビスコカップ 準々決勝 第2戦
2007年7月14日 18時半 味の素スタジアム 観衆17,044人

FC東京 2-4 横浜F・マリノス

得点:前半19分 0-1 [横浜]10-山瀬功治
   後半3分 0-2 [横浜]15-大島秀夫
   後半23分 0-3 [横浜]15-大島秀夫
   後半27分 0-4 [横浜]8-マルケス
   後半33分 1-4 [東京]18-石川直宏
   後半42分 2-4 [東京]17-金沢浄

東京−横浜

    《東京》           《横浜》
    ルーカス           坂田 大島
 鈴木 福西 リチェーリ  エウチーニョ 山瀬功 吉田
   浅利 梶山           那須
金沢 茂庭 藤山 徳永   小宮山 松田 栗原 田中隼
     土肥             榎本

かなり強い雨の中での試合。アウェイ自由席は1階スタンドだけだと屋根の下に人が集まり過ぎてあふれちゃうのは事前から明白なはずなのに、なかなか2階スタンドを開放しようとしない(いつもそうなんだよな)FC東京の運営の了見がどうにも気に食わねえ。そんなケツの穴の小さなみみっちいことをやるやつらは江戸っ子の風上にも置けねえと思うのだが。

東京のスタメンは前回と全く一緒かな?マリノスは山瀬幸に代えてエウチーニョを左MFで使って来たけど、持ち味のひとりよがりなプレー(^_^;を披露する前にハーフタイムにマルケスと交代されちゃったような感じだったかね。河合が出場停止の中盤の底は那須がつとめていた。ちなみに試合終盤の松田→天野という交代は天野っちが最終ラインに入ったわけではなく、那須がセンターバックに下がって、天野が中盤の底に入るというもの。

水がたまってボールが止まったりとあまり良くないピッチコンディションの中ではあったが、マリノスにとっては前半の早い時間に山瀬功のゴールで先制点が取れて、2試合トータルで追いつくことができたのが大きかった。後半早々には大島が(2試合トータルでの)勝ち越し点。これでアウェイゴールルールの面でも有利になったわけで。その後も点を取ろうと前がかりに来る東京をせせら笑うような形で2点(大島・マルケス)を追加、ダメを押した形。大島が2ゴール2アシストの大活躍だった。坂田はちょっと蚊帳の外っぽい感じになっちゃってたかなって気がしないではないけど。そのあたりを悟ってか、坂田に代わって途中出場の斎藤陽介の張り切りぶりってのはなかったなあ。

終盤に2点を失ったけど、得失点差で上回ったマリノスが準決勝進出。どうせだったらもう1点くれてやってアウェイゴール数で勝ち抜いた方がマリノスらしかったかもね。(笑)

|

« 円城塔「オブ・ザ・ベースボール」 | トップページ | 早大・鈴木修人は鹿島アントラーズに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/15758966

この記事へのトラックバック一覧です: [ナビスコ杯]横浜F・マリノス−FC東京:

« 円城塔「オブ・ザ・ベースボール」 | トップページ | 早大・鈴木修人は鹿島アントラーズに »