« DVD『1分半劇場 ドリアンガールズ Vol.1』 | トップページ | 安倍自民党総裁街頭演説@浅草雷門 »

2007.07.28

浅草演芸ホール・七月下席(昼の部)

浅草演芸ホール

昼の部は膝がわり(トリの前に出る人)が小円歌師匠(台東区出身)&トリに歌る多師匠(台東区在住らしい)という組み合せで、これは見る価値大と思って行って来た。なんだかよくわからないけど「平成19年度文化庁芸術創造活動重点支援事業」とのこと。(^^; ちょっと早め(とはいってもすでに開場していたけど)一番前の席でかぶりついて見ていた。昼の部の演者と演目はこんな感じだったかと。

 三遊亭歌る美(前座)「初天神」
 三遊亭歌彦「新聞記事」
 古今亭志ん輔「目薬」
 ロケット団 漫才
 柳家小里ん「二人旅」
 柳家さん吉 漫談
 花島世津子 マジック
 三遊亭多歌介「替り目」
 桂文生 漫談
 鯉川のぼる ものまね
 五明楼玉の輔「宗論」
 川柳川柳 いつもの漫談&歌
 大瀬ゆめじ・うたじ 漫才
 三遊亭若圓歌 漫談
 桂文楽「千早振る」
   <仲入り>
 三遊亭歌武蔵「だるま」
 あしたひろし・順子 漫才
 桂南喬「牛ほめ」
 三遊亭歌司 漫談
 三遊亭小円歌 三味線漫談
 三遊亭歌る多「悋気の独楽」

前座の歌る美さんも女性だったし、そういう企みもあったのかな?

川柳師匠が春の甲子園の入場行進曲を話題にした時にパフィーの「これが私の生きる道」を唄っていた。以前、NHK教育テレビで夜中に川柳師匠の高座の模様を放送している時にもこの曲の歌詞をおちょくるネタをやってたし、もしかして師匠の持ちネタっぽい感じか。

途中までは全体的に漫談の多い構成でまったり気味だったんだけど、仲入り前の文楽師匠あたりから場内のテンションが上がって、仲入り後の歌武蔵師匠(松井秀喜風の髪型になっていた。はっきり言って似ている。)が選挙ネタの新作落語でうまくその雰囲気を引き継いで盛り上げて、いい流れにつながったと思う。小円歌師匠は高座に登場しただけで雰囲気が華やぐ。まさに小股の切れ上がったいい女とはこの人のことを言うんじゃないかと思う。

歌る多師匠の演じた「悋気の独楽」という噺は今日初めて聴いたんだけど、こういった女性登場人物が複数出て来る噺なんかだと女性としての有利さを活かす事も出来るんなんじゃないかと思ったりもした次第で大満足の内容だったぜい。

|

« DVD『1分半劇場 ドリアンガールズ Vol.1』 | トップページ | 安倍自民党総裁街頭演説@浅草雷門 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/15929416

この記事へのトラックバック一覧です: 浅草演芸ホール・七月下席(昼の部):

« DVD『1分半劇場 ドリアンガールズ Vol.1』 | トップページ | 安倍自民党総裁街頭演説@浅草雷門 »