« 「ヤマトナデシコ七変化」だって | トップページ | [五輪最終予選]U-22日本代表−U-22ベトナム代表 »

2007.08.22

[セ・リーグ公式戦]東京ヤクルトスワローズ−阪神タイガース

2007年8月22日 18時 神宮球場 観衆23,361人

阪神   044110020=12
ヤクルト 010100000=2

阪神:○上園
ヤクルト:●高市、シコースキー、吉川

本塁打:桜井5号(神)、関本4号(神)、宮出7号(ヤ)、金本26号(神)、桜井6号(神)、ラミレス20号(ヤ)

ヤクルト-阪神

ヤクルト先発の高市の立ち上がりが良かった(2三振を含む三者凡退)ので、阪神は厳しいかなと思ったんだけど、2回表の金本の技あり左翼前安打をきっかけにかなりあっさり崩れた。ヤクルトは投手交代のタイミングを逸してしまい、完全に後手に回っちゃったような感じで、阪神打線がその隙をきっちり突いて、序盤で勝負ありって感じだったか。それにしてもずいぶんとホームランが出たもんだ。

あと、試合開始前、入場ゲートに向かう途中にクラブハウスの前でシコースキーとすれ違ったので、彼が登板したのはちょっと嬉しかったな。相変わらず腕ぐるぐるやってた。

ちょうど2時間(5回表終了まで)見て国立に向かった。ちなみにつば九郎ラッキーメールの当選メールが20:33分に送られて来たんだけど、すでに国立に入場しちゃててキックオフ直前だったので賞品引き換えに行けなかったよ。残念。

|

« 「ヤマトナデシコ七変化」だって | トップページ | [五輪最終予選]U-22日本代表−U-22ベトナム代表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/16214731

この記事へのトラックバック一覧です: [セ・リーグ公式戦]東京ヤクルトスワローズ−阪神タイガース:

« 「ヤマトナデシコ七変化」だって | トップページ | [五輪最終予選]U-22日本代表−U-22ベトナム代表 »