« メニーナの紅白戦 | トップページ | 阪神のCS進出が決定! »

2007.09.30

FIFA2007年中国女足世界杯決勝

ドイツ女子代表 2−0 ブラジル女子代表

得点:PRINZ(52分)、LAUDEHR(86分)

フジテレビ739のライブ中継で見ていた。ブラジルの方が面白かったけどドイツの方が強かった、みたいな。ブラジルは終始攻撃的ながら、後半18分、マルタのPK失敗もあってか流れを引き寄せ切れなかった。ブラジルは前半に枠直撃もあったしちょっとツキが無かったかね。

両チームともフットボールのスタイルに男子の代表チームとの共通点が感じられるようで興味深かった。

あとは第4の審判員の大岩真由美さんがロスタイム表示を掲げた時の笑顔が印象的だったっすね。

|

« メニーナの紅白戦 | トップページ | 阪神のCS進出が決定! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/16623914

この記事へのトラックバック一覧です: FIFA2007年中国女足世界杯決勝:

» FIFA女子ワールドカップ、ドイツが連覇! [たかまるのちょっと一言]
2007年9月30日(日)、FIFA女子ワールドカップ中国2007・決勝、ドイツ女子代表 vs ブラジル女子代表がShanghai Hongkou Football Stadiumで行われ、ドイツが2-0で勝利して、前回のアメリカ2003に続いての優勝となり、1991年の第1回から初めて連覇を果たした国となった。... [続きを読む]

受信: 2007.10.02 23:23

« メニーナの紅白戦 | トップページ | 阪神のCS進出が決定! »