« 本田美登里さんがS級ライセンス取得 | トップページ | 阪神−中日 »

2007.09.14

[女子W杯]日本−アルゼンチン

なでしこジャパン 1−0 アルゼンチン女子代表
(日本女子代表)

得点:永里優季(90+1分)

   大野 永里
     澤
宮間 宮本 酒井 安藤
  矢野 磯崎 岩清水
     福元

フジテレビが739と地上波両方での放送なので地上波をベースに両方切り替えながら見ていた。3日前と同じ上海の会場だよね。芝がツギハギだらけでブラックジャックの顔みたいになっていた。(^^;

日本のメンバーは第1戦と比べて、荒川(ケガとのこと)・宇津木・近賀に代えて永里・矢野・安藤を起用して、4−4−2から3−5−2にシステム変更。ちょっと調子今ひとつっぽかった真ん中のところはシステムを変えただけで出場選手に変更はなかった。まあ、ジョン・カーワンみたいに総とっかえしろとは言わないけどさあ。

日本としては大量得点での勝利で得失点差を稼いで有利に立ちたいと考えていたんだろうけど、思うようには行かないようで。開始2分のクロスバーに阻まれちゃった安藤のシュートが決まっていればまた違ったんだろうけど。単調な攻撃を切り返しているうちにスコアが動かないまま時間がどんどん過ぎて行くという展開になってしまって、まあなでしこジャパンに限らずどのチームも陥りかねないパターンではあるんだけど(マリノスがしょっちゅう見せてくれる(^^;)。選手達の間にそういうつもりはなかったんだろうけど、心の奥底でどこか相手をなめてた部分もあったのかもしれないね。

後半ロスタイムに近賀のシュートをGKが弾いたところをゴール前に詰めてた永里が決めて(最後の最後でよく決めた!)、またまた最後の最後で首の皮がつながった。ヒヤヒヤながら一応勝ち点を積み重ねているところは、大橋監督就任当時の東アジア選手権の頃と比べて進歩なのかな。

|

« 本田美登里さんがS級ライセンス取得 | トップページ | 阪神−中日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/16446896

この記事へのトラックバック一覧です: [女子W杯]日本−アルゼンチン:

» なでしこジャパン、永里優季選手の気迫で勝ち点3! [たかまるのちょっと一言]
2007年9月14日(金)、FIFA女子ワールドカップ中国2007・Aグループ第2戦、アルゼンチン女子代表 - なでしこジャパンが中国・上海のShanghai Hongkou Football Stadiumで行われ、前半早々にCKから決定的なシーンを安藤梢選手がはずしたからか分からないが、その後は決定的なシーン... [続きを読む]

受信: 2007.09.15 00:33

« 本田美登里さんがS級ライセンス取得 | トップページ | 阪神−中日 »