« 熱海・二日目 | トップページ | 川崎昌平『ネットカフェ難民』 »

2007.10.10

[ナビスコ杯]横浜F・マリノス−川崎フロンターレ

2007 Jリーグヤマザキナビスコカップ 準決勝 第1戦
2007年10月10日 19時 日産スタジアム 観衆11,181人

横浜F・マリノス 1-2 川崎フロンターレ

得点:8分 0-1 [川崎]10-ジュニーニョ
   47分 1-1 [横浜]32-山瀬幸宏
   59分 1-2 [川崎]10-ジュニーニョ(PK)

横浜-川崎

    《横浜》          《川崎》
    乾  大島       鄭 ジュニーニョ
 山瀬幸 山瀬功 吉田    久木野  マギヌン
     河合          谷口 中村
那須 松田 中澤 田中隼  伊藤 佐原 箕輪  森
     榎本            川島

最近のマリノスはかなり偶然性(と山ちゃんのゴールへの嗅覚)に頼ったゴールしか決めていないんじゃないかな。そもそも攻撃が得点を取れるような仕組みになっていないように見えるわけで、ボールを保持していてもそこからゴールに至るまでのプロセスが全く見えて来ない。全体的になんだか難しそうなプレーばかりしていて、ミスからボールを失う場面が多すぎる。マリノスはもっと身の丈に合ったサッカーをしないと点は入らないように思うんだけど。右サイドの隼磨が今ひとつだったかわりに左で那須が頑張っていたように見えたけど、チーム全体としては那須が物足りなく見えるくらいじゃないとダメだと思うわけで。満を持して先発した乾はドリブルで仕掛ける姿勢こそ認めるものの全く通用せず、見事な空振りで何も出来ずにハーフタイムに坂田と交代。チーム自体がますます悪循環に陥っているような印象を受けた。

マリノスはどうせ偶発的なゴールしか決められないんだったら、むやみに攻撃にかける人数を増やすよりも、もっと最終ライン〜中盤に人数をかけて守備面で安定した配置にして失点を抑えた方が(特にトーナメントでは)勝ち抜く可能性が高くなるように思えるんだけどなあ。そもそも攻撃サッカーを掲げるにはメンツが貧弱すぎる。

それにしても負けている試合の終盤にちゃぶ台をひっくり返すために毎度投入されるマイクは敗戦処理のピッチャーみたいでかわいそうだ。

追記 川崎の布陣を修正(3バック→4バック)(10/11)

|

« 熱海・二日目 | トップページ | 川崎昌平『ネットカフェ難民』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/16724671

この記事へのトラックバック一覧です: [ナビスコ杯]横浜F・マリノス−川崎フロンターレ:

« 熱海・二日目 | トップページ | 川崎昌平『ネットカフェ難民』 »