« [東京都女子1部]ラガッツァFC-早稲田大学 | トップページ | 金原ひとみ「左の夢」 »

2007.10.22

丹下健太「青色讃歌」

第44回文藝賞受賞作で『文藝』2007年冬季号に収録。最近多いような気がするフリーターものの小説。

大学を卒業して30歳を過ぎても就職出来ていない男性の日常が題材の小説で、主人公の就職のこと、同棲している恋人とのこと、行方不明の猫のこと、アルバイトのこと、同世代のフリーター仲間達との交流などが描かれている。

就職した人とフリーターを「あっち」と「こっち」と表現しているのが印象的であるのだが、男・女についても「あっち」・「こっち」の対比を使用していて、そう考えるとエンディングの川の場面での両岸も「あっち・こっち」を強調する効果を狙っていたりするのかもしれないなどと思えてきたりする。

|

« [東京都女子1部]ラガッツァFC-早稲田大学 | トップページ | 金原ひとみ「左の夢」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/16842433

この記事へのトラックバック一覧です: 丹下健太「青色讃歌」:

» こんな営業スタイルだと、ここがチェックポイント!! [職務経歴書の書き方]
履歴書や面接で、どこをチェックされるのか?気になりますよね(笑ひとくくりに営業といっても、大きく分けると4つに分かれます。実は、そのパターンごとに、ある程度、チェックするポイントというのが異なっています。パターンごとに職務経歴書の“どこを評価されるのか”?ちょっとそれを書いてみます。1: 法人営業職 法人営業の特徴は“セールスステップ”が明確にあること。 普通のBtoBだと、 ターゲットの選定⇒アプローチ⇒ヒアリング⇒提案⇒クロージング。 でしょうか。...... [続きを読む]

受信: 2007.10.23 02:26

« [東京都女子1部]ラガッツァFC-早稲田大学 | トップページ | 金原ひとみ「左の夢」 »