« 川崎昌平『ネットカフェ難民』 | トップページ | [PSM]サントリーサンゴリアス−神戸製鋼コベルコスティラーズ »

2007.10.12

佐野正幸『プロ野球の世界に生きるということ』

4860952057プロ野球の世界に生きるということ―フェンスの向こうの特殊性
佐野 正幸
長崎出版 2007-08

by G-Tools

第一章「プロ野球の世界に生きるということ」でプロ野球選手がどんな考えを持っていて、どういった行動をするものであるかということがステレオタイプ的に説明されていて、第二章の「プロ野球事件史」では第一章で触れたことをベースに黒い霧事件、空白の一日(江川問題)、脱税指南事件、ローズ敬遠問題、裏金問題などについて語っている。読売の勝つためにはどんな汚い手法も取るというやり方に関して相当嫌っているようで、歯に衣着せぬ表現が痛快である。

この人の本は、以前ファイターズの北海道移転に便乗するような形で出版された『札幌人よ!日本ハム移転で大きく変われ!』を読んだことがあって、かなり胡散臭い印象を持ったんだけど、この本に関してはプロ野球全体に関しての造詣が深いこともよくわかるし、著者のプロ野球に関しての愛も感じられるしで、印象としての悪さはなくなったような気がする。

|

« 川崎昌平『ネットカフェ難民』 | トップページ | [PSM]サントリーサンゴリアス−神戸製鋼コベルコスティラーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/16741745

この記事へのトラックバック一覧です: 佐野正幸『プロ野球の世界に生きるということ』:

« 川崎昌平『ネットカフェ難民』 | トップページ | [PSM]サントリーサンゴリアス−神戸製鋼コベルコスティラーズ »