« [ACL決勝 第2戦]浦和レッズ−セパハン | トップページ | 川上未映子「乳と卵」 »

2007.11.15

古今亭菊之丞独演会

鈴本演芸場特別企画興行
第5回古今亭菊之丞独演会『落語笑学校 鈴本分校』
11月15日(木) 18時開演 木戸:前売2,000円(全席自由)

古今亭菊之丞独演会

《一時間目》音楽「寄席囃子実演」 講師/田中ふゆ
《二時間目》書道「寄席文字」 講師/橘右樂
《三時間目》図画工作「紙切り」 講師/林家正楽
《四時間目》ホームルーム「片棒」 講師/古今亭菊之丞

  休み時間(仲入り)

《五時間目》特別授業「トークとクラリネット」 講師/北村英治
《六時間目》国語「火焔太鼓」 主任講師/古今亭菊之丞

菊之丞師匠はベレーザの中地選手の高校の先輩だったりする。ちなみに中地は古今亭菊之丞という落語家さんがいることを知らなかった。(^^; 入場券は前売りで完売だったようだ。全席自由のため、開場前からすごい列。指定席にしてもよかったんじゃないかな。

幕が上がったら、太鼓の横に菊之丞さんがいて前座は無し。総合司会みたいな感じで寄席囃子実演がスタート。一番太鼓、二番太鼓、前座のあがりの後、文楽、志ん生、円生、小さん、志ん朝、三平、正蔵、金馬、菊之丞の出囃子を実演。

寄席文字は客のリクエストで色紙に一文字を書くということで「愛」、「菊」、「楽」、「福」、「笑」の五文字。

正楽師匠はいつもながらの紙切りで、馬、相合い傘、月の砂漠、七人のこびと、菊之丞、火焔太鼓、ミッキーマウスといったあたりがテーマだった。プロジェクターを使って写していた。新兵器?

北村英治は落語に造詣の深い方のようで、話も面白かった。菊之丞さんとは客船ツアーでの仕事つながりだそうだ。トークの後、「小さな花」、「ダニーボーイ」の2曲をソロで演奏。高座で聴くクラリネットは新鮮だった。

今日の菊之丞さんはどちらも賑やか系の噺でしっとり/じんわり系は無し。「片棒」は以前芝浜ワイン寄席で聴いたことあるかな。人形のところが面白いんだよな。菊之丞さんの「火焔太鼓」ってのは初めて聴いたかも。ある意味古今亭一門のキラーコンテンツ。

|

« [ACL決勝 第2戦]浦和レッズ−セパハン | トップページ | 川上未映子「乳と卵」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/17084752

この記事へのトラックバック一覧です: 古今亭菊之丞独演会:

« [ACL決勝 第2戦]浦和レッズ−セパハン | トップページ | 川上未映子「乳と卵」 »