« [関東大学サッカー]法政大学−早稲田大学 | トップページ | ワールドカップ予選組み合わせ »

2007.11.25

[関東大学サッカー]流通経済大学−駒沢大学

JR東日本カップ2007 [第81回]関東大学サッカーリーグ戦 後期
2007年11月25日 13時40分 西が丘サッカー場

流通経済大学体育局サッカー部 1−3 駒澤大学体育会サッカー部

得点:前半2分 0-1 [駒大]八角剛史(PK)
   前半20分 1-1 [流経大]楠瀬章仁
   後半18分 1-2 [駒大]榊原浩一朗
   後半44分 1-3 [駒大]榊原浩一朗

流経大−駒大

   《流経大》         《駒大》
   船山 田村        東平 榊原
 楠瀬     平木     田谷 八角 小林
   千明 武井          菊地
宮崎 鎌田 染谷 赤井  武田 塚本 中山 小野里
     林            岡

<交代>
千明→三門(後半34分)   東平→島田(後半30分)
田村→フランク(後半38分) 菊地→湯川(後半44分)

試合開始直後の1分に流経大のDF鎌田がペナルティエリア内でハンド。これがPKとなって駒沢が先制。その後は次第に流経のペースになって行って、駒大が防戦一方という感じのムードになっていく。特に前半20分前後は流経大の攻撃が最も活発だった時間帯に流経のシュートをGK岡がパンチングしたボールがルーズになったところを楠瀬が決めて流経大が同点に追い着いた。

サッカーという種目が採点競技だったら流経大の圧勝だったんだろうなという感じの内容で試合は推移していたんだけど、流経のフィニッシュがなかなか決まらなくてもたもたしている間にひょんな方向に試合は流れて行く。

後半も半ばに差しかかる頃、流経大のCKから駒大がカウンターを仕掛けて逆にCKをゲット。ここでの右CKのチャンスに榊原が押し込んで駒大が勝ち越し。ロスタイムにはGK林がペナルティエリアを飛び出しながらクリアしたボールが駒沢大に渡ってしまい、これをGK不在のゴールに流し込まれて、これは駒大にとってはまさにダメ押しといっていいくらいの得点だった。それにしてもずいぶん実勢とは違うんじゃないかと思えるようなスコアに落ち着いちゃったみたいな感じ。何とも狐につままれたような不思議なゲームだったかと。

表彰式/閉会式

そんでもって試合後に行われたインディペンデンスリーグ表彰式/関東大学サッカーリーグ閉会式も見て来た。インディペンデンスリーグは早稲田大学ア式蹴球部B−1が優勝してたのね。知らなかった。関東大学サッカーリーグ戦の方は主だったところではMVPが関憲太郎(明治大学)、ベストヒーロー賞が市川雅彦(法政大学)、新人賞は1部リーグが岡本達也(順天堂大学)&小澤司(筑波大学)、2部リーグが藤本修司(専修大学)。あとベストイレブンは早稲田からは兵藤慎剛と渡邊千真が選ばれていた。

|

« [関東大学サッカー]法政大学−早稲田大学 | トップページ | ワールドカップ予選組み合わせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/17189209

この記事へのトラックバック一覧です: [関東大学サッカー]流通経済大学−駒沢大学:

« [関東大学サッカー]法政大学−早稲田大学 | トップページ | ワールドカップ予選組み合わせ »