« [ハンドボール女子]日本−韓国 | トップページ | 中村文則「ゴミ屋敷」 »

2008.01.30

日本−ボスニア・ヘルツェゴビナ

キリンチャレンジカップ2008 〜ALL FOR 2010!〜
2008年1月30日 19時20分 国立競技場 観衆26,971人

日本 3−0 ボスニア・ヘルツェゴビナ

得点:後半23分 1-0 [日本]22-中澤佑二
   後半38分 2-0 [日本]10-山瀬功治
   後半43分 3-0 [日本]10-山瀬功治

    《日本》        《BIH》
    巻  高原          9
    大久保       11 10  7
  遠藤 鈴木 中村憲      8  6
駒野 阿部 中澤 内田  3  5  13  2
     楢崎           1

日本−ボスニア・ヘルツェゴビナ

日曜のチリ戦での極寒ともいえるような寒さに比べるとかなり暖かくて過ごしやすい気候だったように思う。風がほとんど吹いてなかったのもありがたかった。

試合の方はもしかして体調不良だったのかな?と思わせるくらいの高原の圧倒的なまでの存在感の無さが見事だったような。(^^; 威嚇発砲じゃないけれど、入る・入らないは別として、もうちょっと強引にシュートを打つことがあってもよかったんじゃないかと思った。

後半になってボスニア・ヘルツェゴビナがへばって来たのか、日本はボールがよく回るようになったみたい。攻撃方の選手でも前半途中に傷んだ巻に代わって出場した山瀬とその交代でトップにまわっていた大久保はそれなりに得点の雰囲気みたいなものは匂わせていたわけで、高原が下がった後に案の定な山瀬の2ゴールだった。山瀬は1アシスト2ゴールで大活躍。あと高原と交代で入った播戸は裏を取ろうとする動きはちょっとどうなのかなって気したけど、いい感じでおとりになったり、ゴール前でアシストしたりなどいいアピールをしていたように思う。大久保・播戸っていうのはかなり治安が悪いツートップだね。(^^;

|

« [ハンドボール女子]日本−韓国 | トップページ | 中村文則「ゴミ屋敷」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/17911656

この記事へのトラックバック一覧です: 日本−ボスニア・ヘルツェゴビナ:

« [ハンドボール女子]日本−韓国 | トップページ | 中村文則「ゴミ屋敷」 »