« 田中慎弥「聖書の煙草」 | トップページ | 日本−ボスニア・ヘルツェゴビナ »

2008.01.29

[ハンドボール女子]日本−韓国

北京オリンピックハンドボール競技アジア予選 東京大会
2008年1月29日 19時20分 国立代々木競技場第一体育館
観衆6,206人

日本 21−34 韓国

日本−韓国

ハンドボールを見るのは2度目。10年くらい前に秩父宮ラグビー場の帰りに東京体育館の前を通ったら全日本選手権をやっていて、入場料高かったけど(ラグビーは千円だったのにハンドボールは2千円だった)試しに入ってみたら中は暖かいし意外と面白かった記憶がある。見たのは男子準決勝の大同特殊鋼vs湧永製薬だったかな。ちなみに観客はほとんどいなかった。

今日の試合はオリンピックに何度も出て金メダルまで取っているチームとそうではないチームとでは実力的に相当の差があったようだ。あとはハンドボールって結構フィジカルコンタクトを厳しくファール取るもんなんだなって印象。

日本は攻め込んだ後のハンドリングのミスが多くて、この間見たラグビートップリーグのリコーブラックラムズを思い出しちゃったよ。(^^; そういった日本のミスを突いての韓国のカウンターアタックの速さと、シュートの正確さが見事だった。韓国が勝つべくしてかったのかなという感じだった。

千円で売っていた大会ガイドブックがアジア協会に対する長年の恨みつらみ満載でえらく力入っていて、めちゃ読み応えがありそう。

|

« 田中慎弥「聖書の煙草」 | トップページ | 日本−ボスニア・ヘルツェゴビナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/17891156

この記事へのトラックバック一覧です: [ハンドボール女子]日本−韓国:

« 田中慎弥「聖書の煙草」 | トップページ | 日本−ボスニア・ヘルツェゴビナ »