« お通夜 | トップページ | 餃子の末ッ子@浅草 »

2008.02.01

King Crimson『In the Court of the Crimson King』

B000E1KN5Wクリムゾン・キングの宮殿
キング・クリムゾン
WHDエンタテインメント 2006-02-22

by G-Tools

セックス・ピストルズの『勝手にしやがれ』とレッド・ツェッペリンの4枚目とこのアルバムの3枚は全て暗記しているのでもう聴く必要は無いのだが(^^;、たまにはデカい音で聴いてみた。

マイケル・ジャイルズのドラムスがすごいっす。あと、意外とロバート・フリップの影が薄いような気がしないでもない。イアン・マクドナルドの才能がまさに全開で、この時期の実質的なリーダーはイアン・マクドナルドだったんじゃないかと思えなくもない。あとはアルバムジャケットを描いたバリー・ゴッドバーだよな。

兎にも角にもとてつもない名盤であることには違いない。

|

« お通夜 | トップページ | 餃子の末ッ子@浅草 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/17924484

この記事へのトラックバック一覧です: King Crimson『In the Court of the Crimson King』:

« お通夜 | トップページ | 餃子の末ッ子@浅草 »