« 野村克也『巨人軍論』 | トップページ | 川上未映子「あなたたちの恋愛は瀕死」 »

2008.02.06

[W杯予選]日本−タイ

2010 FIFAワールドカップ南アフリカTM アジア3次予選
2008年2月6日 19時20分 埼玉スタジアム2002 観衆35,130人

日本代表 4−1 タイ代表

得点:21分 1-0 [日本]7-遠藤保仁
   22分 1-1 [タイ]14-ティーラテープ・ウィノータイ
   54分 2-1 [日本]16-大久保嘉人
   66分 3-1 [日本]2-中澤佑二
   91分 4-1 [日本]12-巻誠一郎

日本−タイ

    《日本》         《タイ》
   高原 大久保       14  9
  遠藤 山瀬 中村    13 10   8
     鈴木            12
駒野 阿部 中澤 内田  3  6  5  4
     川口           18

真冬のナイトゲームということで入場券の売れ行きが芳しくなかったようで、電車もそれほど混んでいなかった。道すがらの善意のチケット売り(ダフ屋とも言う(^^;)が大きなため息ついていたよ。まあ、すいていたおかげで本来の席(手すりが邪魔だった)から他のもっと見晴らしの良いところに移ることが出来たのでそれはそれで良かったけど。

開始前から少し降っていた雪がキックオフ頃も降り続いて、ハーフタイムくらいから降りが強くなったようだ。席が屋根付きのカテ4バックアッパーだったので今ひとつ現実感がなくて、家帰って来てニュースで試合の映像を見て結構降ってたんだみたいな感じだったけど。ちなみに途中出場の播戸だけが半袖(手袋なし)だった。ところでホーム側ゴール裏、バック側後方の外から時おり間欠泉のように湯気みたいなのが上がってたのはなんだったんだろう?

試合は20分過ぎにやっとのFKで先制したかと思ったら、直後に追い付かれてそのままスコアが固まっちまうというサッカーにありがちなパターンの試合かと思ったら、後半に大きくスコアが動いた。後半に入ってタイに退場者が出て試合が固まっちゃうかなとも思ったんだけど、それも大丈夫だった。日本の得点は4点のうち3点がセットプレーから。流れからの得点が少なかったことに関してはいろいろと論点になりそうだけど、まあ4点取ったからいいじゃないかなってことで。

中澤佑二

中澤の背番号2番ってのは珍しいような。ゴールの時、アナウンスの兄ちゃんも22番って言い間違えてた。(笑)

(2008.2.7 追記)
昨晩のTBSラジオ「バツラジ」でフリーアナウンサーの倉敷保雄氏がタイは代表にマンチェスターシティの選手がいることもあって、イングランドプレミアリーグが一種ブームみたいな感じになっているのではないか。あのシュートはプレミアリーグのサッカーのイメージのもとで打たれたものなのではないかということを言っていてなるほどなと思った。

|

« 野村克也『巨人軍論』 | トップページ | 川上未映子「あなたたちの恋愛は瀕死」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/40036071

この記事へのトラックバック一覧です: [W杯予選]日本−タイ:

« 野村克也『巨人軍論』 | トップページ | 川上未映子「あなたたちの恋愛は瀕死」 »