« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008.03.31

大貫亜美さん@笑っていいとも

パフィーの亜美ちゃん@笑っていいとも

今さらながら録画しておいた先週の火曜日、3月25日のテレホンショッキングのビデオを見た。話の方は船舶免許の方から鯵と鯖の話になってそれで終わっちゃったような感じ。(^^; 次の木村カエラを紹介しておしまいだった。

吉村由美さんからサボテン
吉村由美さんからサボテン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

慶應義塾大学 三田キャンパス

福沢諭吉

会社帰りに生協の書籍コーナーをのぞこうと思ったら早稲田と違って営業時間短いようでもう閉店しちゃっていた。

サッカー早慶戦。

慶應塾生新聞慶應スポーツのひと足早い新入生歓迎号をもらってきた。ケイスポによるとサッカー早慶戦は6月20日19時@国立だそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.03.30

[J1]柏レイソル−コンサドーレ札幌

2008年3月30日 16時 日立柏サッカー場 観衆10,048人

柏レイソル 1−2 コンサドーレ札幌

得点:12分 1-0 [柏]2-鎌田次郎
   38分 1-1 [札幌]6-西嶋弘之
   66分 1-2 [札幌]22-西大伍

柏レイソル−コンサドーレ札幌

    《柏》          《札幌》
  大津 李 太田       ダヴィ 中山
茂原            西      岡本
   大谷 永井 藏川    芳賀 クライトン
  石川 小林 鎌田    西嶋 柴田 曽田 坪内
     南            高木

マリノスタウンで発券した柏レイソル−コンサドーレ札幌のチケット

ローソンマリノスタウン店で買ったチケットで行って来た。どういうわけだか昨年はコンサドーレを見る機会が一度も無かったので一昨年の天皇杯以来ということになる。三浦が監督になってからは初めてということか。天気予報だと試合をやっている間くらいは天気持ちそうかなと思ってたんだけど、見事にハズレちゃって雨の中先日Jヴィレッジで買ったマリーゼポンチョを着込んで観戦。

柏はベースは4−4−2だったのかもしれないけど、右サイドの太田圭輔、藏川洋平がそれぞれ1列分くらい高い位置でプレーしていて実際は上みたいな感じの3−4−3のように見えた。トップの李と大津、中盤の大谷と永井は左右でポジションチェンジを繰り返していた。札幌は三浦っぽい4−4−2。

開始早い時間帯に柏が右からのショートCKで先制。札幌もゴール前で特にダヴィを中心にチャンスは作るんだけど決め切れない時間帯が続いてはいたんだけど、38分にFKからゴール前の西嶋がヘッドで決めて同点に追いついた。柏は予想以上に攻撃に迫力を欠いていて、それでも時おり鋭いミドルシュートが飛んで来るんだけど、いずれも横にそれちゃっていた。札幌の決勝点は後半21分、柏の最終ライン小林祐三からクライトンがボールをインターセプト、そのまま裏に抜け出して送ったラストパスを受けた西がGKとの一対一の場面をきっちりと決めたもの。そのまま札幌がこのリードを守り切って(特にロスタイムはヒヤヒヤしたけど)昇格後のJ1リーグ戦初勝利ということになった。

柏レイソル−コンサドーレ札幌

2003年の手帳が行方不明でそれ以前がちょっと今すぐはわからないんだけど、2004年以降はコンサドーレを10試合生観戦して8勝2分、しかも現在7連勝中なんていうまったくもって実勢を反映していない(^^;実に輝かしい成績だったりする。あとどういうわけだか東芝サッカー部時代からレイソルとは相性いいよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.29

[練習試合]マリノスユース−ヴェルディユース

2008年3月29日 15時53分くらい マリノスタウン人工芝ピッチC
※40分+30分+42分

横浜F・マリノスユース 2-4(0-3,2-0,0-1) 東京ヴェルディユース

マリノスユース−ヴェルディユース

F・マリノスカップのゲームが終わったので帰ろうかと思ったらミニラ(ヴェルディユースの中村忠コーチ)がいたのでスケジュールをチェックしてみたらば15時半からマリノスユースvsヴェルディユースの練習試合が組まれていたので見てきた。ピッチサイドの観覧席は追い出されてしまったのでネットの外で立ち見観戦。実際に始まったのは15時50分を過ぎてで、40分+30分+42分という変則マッチ、1本目・2本目の主審が下條佳明CPOだった。

試合の方は1本目はヴェルディ、2本目以降はマリノスの流れで1点差にしてそのまま追いつくかと思ったんだけど3本目の終盤37分にヴェルディにダメ押し点を決められた形。まあそれほど勝ち負けは重要ではないけどやっぱ勝ちたかったわな。

ヴェルディはGKはキローラン菜入だけしか来ていなかったみたいで、両チーム中彼だけがフルタイム出場。あと3本目の終盤39分過ぎに背番号の無い選手が4人まとめて投入されていた。ヴェルディユースの新人さん達だったのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F・マリノスカップU-17大会(3日目)

2008年 第1回F・マリノスカップU-17大会 みなとリーグ
2008年3月29日 11時半 マリノスタウン人工芝ピッチC
※40分ハーフ

静岡県立藤枝東高校 2−1 東福岡高校

得点:13分 [藤枝東]7-大井淳平
   63分 [東福岡]20-深町健太
   71分 [藤枝東]5-横山翔太

藤枝東−東福岡

   《藤枝東》        《東福岡》
   8  11          9
 19     5    13 11 10 16
   10  6           8
7  3  9  4   2  4  5  6
     1            14

立ち上がりの藤枝東がものすごく流動的なポジションを取ってきていたんだけど、気がついたらそれなりの形に落ち着いていた。最終ラインの両サイドがやたら高くて2バックのようではあったけど。それにしてもゲーム序盤での目まぐるしいポジションチェンジは何だったんだろう?

東福岡も地力のあるチームだし、当然のことながらパワフルに攻め込んでいて内容的には藤枝東のテクニックを凌駕するかのようにも見えたんだけど、後半残り10分のところで藤枝東が左右の展開から勝ち越しゴールを決めてそのまま逃げ切った形。圧倒的な強さは感じないんだけど、どことなく試合巧者っぽいイメージの藤枝東だった。


2008年 第1回F・マリノスカップU-17大会 みなとリーグ
2008年3月29日 13時半 マリノスタウン人工芝ピッチC
※40分ハーフ

横浜F・マリノスユース 1−4 滋賀県立野洲高校

得点:9分 [野洲]58-福原拓己
   16分 [野洲]67-潮入啓太
   33分 [野洲]65-坂本一輝(PK)
   44分 [野洲]58-福原拓己
   72分 [マリノス]11-松尾康佑

マリノスユース−野洲

   《マリノス》       《野洲》
     松尾          65
  齋藤 小野 関原   35 67 58 46
   荒木 佐藤       55 40
天野 甲斐 清水 中田   34 37 32
     都丸          56

体格とスピードを兼ね備えた野洲がなんかもうべらぼうに強くて、マリノスはまるでワンランク上のカテゴリーのチームと試合をしているかのようだった。マリノスは齋藤学が持ち前の突破力を活かして健闘していたんだけど、怪我で出場しなかった端戸仁がいればもう少し抵抗出来たのかなという気がしないでもない。まっちょ(松尾)も頑張ってはいたんだけど。あと、天野純選手のプレーをたぶん初めて見た。野洲3点目のPKは天野のファールだったし、後半の4点目も左サイドで天野がかわされての失点ではあったけど、積極的に攻撃参加をしていたりと印象的ではあった。

野洲はみんな背番号がやたらとデカい数字で、見ていても直感的に覚えられるような感じではなくてちょっと難儀した。

今日の試合記録はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.28

尋常人間ZERO@本多劇場

尋常人間ZERO

「尋常人間ZERO」
(19時・本多劇場)

作・演出★鈴木おさむ
出演★今田耕司/上原歩/千原ジュニア/町田マリー/市川しんぺー/小木博明

チャプター9から順々に時間を遡っていくようなちょっと変わった構成で展開させていた。チャプター1でそのまま終らせておけば純文学的だったかと思うのだが、ラストで主要場面+チャプター9の時系列でのリフレインをしていて、それがいかにもタネあかし的で全体の印象を冗長でベタなものなってしまったような感じがしないでもない。その辺はいわゆるヨシモト的だったのかも。

「花屋ひなげし一派」からお花

町田マリーはミニスカートのセクシーな女教師役でありがちな使われ方だったか。ロビーには出演者に贈られた花が70件以上も飾られていたけど、町田マリーあてのはNHKの「花屋ひなげし」からのひとつだけだった。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.27

U-23日本代表−アンゴラ代表

国際親善試合 〜北京で勝つための戦いが、始まる。〜
2008年3月27日 19時15分 国立競技場 観衆12,718人

U−23日本代表 1−1 アンゴラ代表

得点:52分 1-0 [日本]9-豊田陽平
   75分 1-1 [アンゴラ]10-ジャンジ

U-23日本代表−アンゴラ代表

   《日本》       《アンゴラ》
   李  豊田       23  9
上田  梅崎  長友  13     17
  青山敏 細貝       15 14
森重 伊野波 青山直  6  4  20  2
    西川          1

五輪代表チームは平山がいなくなると普通っぽいムードになるようだ。(^^; 攻撃面では長友が右サイド突破が目立っていた。豊田はシュートチャンスには持ち込むんだけど、振りかぶっている間にボールをかすめ取られちゃっている場面が数度。得点の場面は余裕が無いのが幸いしたみたいな感じだったかね。あとは森重が攻撃面でいい起点になっていたように見えた。

アンゴラはフル代表。全体的にゴツくて当たり強そう。普通にきっちりちゃんとしたサッカーだったみたいで、ギャラ目当てのやっつけ仕事での来日ではなかったみたい。過酷な来日スケジュールの疲れを目まぐるしい選手交代でカバーしていたような印象。ちなみにサブメンバーは日本6人、アンゴラ8人でアンゴラの方が多かった。

マリノスの田中裕介は終盤にちょこっと出場、3バックの左側でプレーしていた。特に粗相らしいプレーはなし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.26

日本ハム−西武

西武   001231100=8
日本ハム 000000000=0

西武:○岸
日本ハム:●吉川、スウィーニー、豊島、星野

本塁打:中村(西)、ブラゼル(西)、ブラゼル(西)

GAORAの中継で見ていた。解説は岩本ガンちゃん。

大きく差をつけられる展開で日ハムは途中から集中力を欠いちゃったような感じで、6回表の外野守備での森本→稲葉(は記録上はエラーではなかったけど)のミス連発とか、完璧に負けゲーム的な試合展開になってしまったようだ。

日ハムの新外国人選手のスレッジ、打席に入るときのテーマ曲がちゃんとピーター・ガブリエルの「スレッジハンマー」だった。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メンテ後のココログ

問題が発生しました。

毎度メンテナンスの後におかしくなるのはもはやお約束のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.25

U-20日本女子代表候補メンバー

U-20日本女子代表候補 トレーニングキャンプ(3/31~4/3)メンバー(JFA公式)

早大ア女からは小野瞳、高畑志帆、大滝麻未の3名が選出。高畑、大滝は新1年生。

マリーゼフェスタで小野は(その試合は見てないけど)マリーゼ相手に得点決めてるし、高畑は湯郷ベル戦で相手選手を相当豪快に削って怒らせていたけど平然としていた。(^^; 大滝もずっと好調みたいで見てて楽しいし、3人とも頑張っちゃってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[MLB]オークランド−ボストン

'08リコーMLB開幕戦[第1戦]
2008年3月25日 19時10分 東京ドーム 観衆44,628人

Boston  0000030012=6
Oakland 2000020001=5

レッドソックス:松坂、スナイダー、ロペス、コリー、○岡島、Sパペルボン
アスレチックス:ブラントン、エンブリー、フォーク、●ストリート、ディナルド

松坂大輔

森喜朗元首相
日本ラグビー協会の会長(^^;が始球式やってた。

松坂の立ち上がり、制球が悪すぎでよくまま初回の2失点だけで済んだなみたいな感じだった。それでも尻上がりで調子が出て来たのかなというところで球数の関係で5回までで降板。ピッチャー交代のタイミングの融通の利かなさ(^^;が来日1年目のヒルマン采配を思い出したりなんかした。レッドソックスは6回表に3点を取って逆転、いったんは松坂に勝利投手の権利が転がり込んで来たんだけど、直後に出て来たスナイダーが打たれて権利は消滅。

アスレチックス−レッドソックス

ラミレス
ドカベンの殿馬みたいだ

アスレチックスリードで迎えた9回表にレッドソックスが追いついて存在しないかと思った9回裏に岡島が登板、きっちり抑えて延長戦に突入。10回表にラミレスのタイムリーで2点を奪ったレッドソックスが勝利して、岡島が勝ち投手になった。3時間39分のゲームでほぼ午後11時になろうかという頃にゲームセット。もうちょっと早く始めてくれたらなおよかったんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【お知らせ】ココログがメンテナンスだそうです

3/25(火)15:00〜3/26(水)11:00の予定でココログのシステムメンテナンスが予定されています。メンテが行われている間も当ブログは閲覧可能だそうですが、記事の更新・コメント/トラックバックの受付が出来ないという状態になります。(詳しくはこちらをご覧ください。)

つきましては、メンテナンス期間中に関しては劇団天野屋Part2を更新することにします。なお、劇団天野屋Part2さるさる日記を使用しており、コメント/トラックバック等の機能は有しておりません。ご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.24

マリーゼのユニフォーム

マリーゼのユニフォーム

マリーゼの背番号22〜25、早大ア女4人娘にサインをもらおうと思って、金曜日午前Jヴィレッジに着いてすぐにショップでユニを買った。今年から1stユニが水色になるようなので水色にした。早速にショップに買い物に来た松長佳恵を手招きで呼び寄せて(^^;最初のサインをもらった(左上)。夕方、試合後に引き上げて来たところで山本りさ&天野実咲にもサインしてもらった(右上&下)。

マリーゼコーナー

今回のJヴィレッジでは佐藤衣里子とは完全にすれ違っちゃってたみたいで(ご両親とは小一時間ゆっくりとお話しをさせていただいたんだけど)、もらい損ねちゃった。関東でのゲームでサインをもらえるといいけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日の「笑っていいとも!」

昼メシ食ってたら嫁から明日のテレフォンショッキングのゲストはパフィーの亜美ちゃん!というメールが届いた。(^^;

犬山イヌコからつながるとは思わなかったね。ケラリーノ・サンドロヴィッチ→犬山イヌコ→松永玲子→町田マリー→江本純子というわけのわからない予想(というかほとんど希望)をしていたんだけど、全く違う展開になったな。

PUFFYスタッフダイアリーにも明日の出演についてのエントリーがあるけど、犬山イヌではなくて犬山イヌですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.23

[ナビスコ杯]大宮アルディージャ−横浜F・マリノス

2008 Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグDグループ 第2節
2008年3月23日 14時 NACK5スタジアム大宮 観衆10,091人

大宮アルディージャ 0−0 横浜F・マリノス

大宮−横浜FM

     《大宮》           《横浜》
    吉原 ペドロ          坂田 ロニー
  土岐田     大悟         ロペス
    片岡 慶行      清水 兵藤 アーリア 田中隼
波戸 冨田 レアンドロ 村山    田中裕 松田 栗原
      江角             榎本

大宮の社長@セグウェイ
試合前に大宮の社長が怪しいセグウェイで場内を走り回っていた。

手持ちのシーズンチケット(カテ3=全てホーム側)でこっそりマリノスを応援しつつ観戦。

本来ならばマリノスが前半のうちに3対0くらい(ロニー2点+坂田1点ってとこか)にしておかなきゃならないくらいの内容の試合だったかと思う。マリノスはロペス→ロニーのホットラインは素晴らしいのはわかったんだけど、その後のロニーのシュートの精度が絶望的だった。それに加えて坂田、清水といったあたりの面々も普段通りの決定力だったので(^^;、まあそういうとこで。マリノスは持ち前の守備も安定していたし採点競技だったら完全に勝ちなんだけど、結局大宮の思惑にはまったかのような形でスコアレスドローとなってしまい、勝ち点3を取れるところが1になっちゃったような感じ。

兵藤慎剛

今日は我らが兵藤が先発出場、デビュー戦でそのまま90分間のフル出場。内容的にも完璧に近かったんじゃないかと思える出来だったかと。途中出場の水沼はひとりよがりなプレーが散見されてちょっとおこちゃまっぽかったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.22

J-VILLAGE Mareeze Festa '08(3日目)

J-VILLAGE Mareeze Festa '08 グループB
2008年3月22日 13時半 Jヴィレッジ・ピッチ4 ※35分ハーフ

日本体育大学 2-3(2-1,0-2) アルビレックス新潟

得点:前半4分 1-0 [日体大]21番
   前半13分 1-1 [新潟]17-中島未来
   前半31分 2-1 [日体大]58番
   後半6分 2-2 [新潟]17-中島未来
   後半17分 2-3 [新潟]14-川村優理

日体大−新潟

   《日体大》        《新潟》
   19 10       22 15
 22     21    20 10 17
   43  9         14
45 58 34  7  5  25 13  2
     1           1

<交代>
10→46(後半8分)   10→29(後半13分)
34→29(後半26分)   20→27(後半18分)
             15→26(後半24分)

新潟の背番号は去年のとも今年のとも違うみたいなので番号だけの表記にした。ちなみに東山は2番を着けていた。得点者の氏名はアルビレックス新潟レディース公式ブログのエントリーを参考にした。

ゲームは立ち上がりから風上に立った日体大がラッシュ、開始早々の4分に左サイドからのクロスのこぼれを21番の選手(たぶん伊藤)が決めて先制。日体がどんどん攻めて、向かい風の新潟はつないで作っていっているような感じだったのかな。13分にいったん新潟が同点に追いついたものの、31分に日体大9番の選手(たぶん有吉)の右CKをゴール前で58番の選手(草苅?)がヘッドで押し込んで再度日体大が勝ち越し。後半に入ってからは追い風になった新潟が2点を連取して逆転、グループリーグ1位での突破を決めた。


J-VILLAGE Mareeze Festa '08 グループA
2008年3月22日 15時 Jヴィレッジ・ピッチ5 ※35分ハーフ

早稲田大学 0-1(0-1,0-0) 岡山湯郷Belle

得点:前半12分 0-1 [湯郷ベル]10-宮間あや

早大−湯郷ベル

   《早大》        《湯郷ベル》
   大滝 有町        中野 田中
織立  小野  高畑    中田 宮間 加戸
   今井 堂下          松田
 大脇 島田 鶴田   津波古 井上 保手濱 安田
     岸            福元

<交代>
有町→寺澤(後半30分)  中田→有町(後半0分)
            加戸→松長(後半16分)

早大−湯郷ベル

早稲田にとっては久々に雪も雨も降らず、強風も吹いていない、普通の天候の中での試合。立ち上がりの有町紗也香の突破が素晴らしかった。有町とツートップを組んでいた新1年生の大滝麻未は予想外のところからでもどんどんシュートを狙って行く積極性が面白かった。早稲田は湯郷ベルのプレッシャーの前に時おりDFがバタつく場面があって、前半12分の失点は自陣で失ったボールをつながれて宮間に決められてしまったものの(宮間が腹でも下しててくれればもしかしたら勝ててたかもしれん(^^;)、少なくとも前日の大敗の影響は払拭出来る内容だったと思う。関東女子リーグに向けて手応えを感じることが出来た試合だったんじゃないかな。

湯郷ベルの途中出場選手が2人とも(松長朋恵、有町紗央里)早稲田に縁の深い選手だった。

ちなみにア女のメンバーの一部(主に若い衆)は翌日の都大会(12時半キックオフ@東伏見)に出るため当日中に東京に戻るそうで(超ハードスケジュール)、スーパーひたちの隣の車両に乗っていた。ちなみにあちら自由席、こちら指定席。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[練習試合]マリーゼ−日体大

2008年3月22日 11時05分 Jヴィレッジ・ピッチ4 ※30分ハーフ

TEPCOマリーゼ 4-1(4-0,0-1) 日本体育大学

得点:前半10分 1-0 [マリーゼ]13-森田牧子
   前半12分 2-0 [マリーゼ]わかりませんでした(^^;
   前半25分 3-0 [マリーゼ]11-本間真喜子かなあ?
   前半29分 4-0 [マリーゼ]11-本間真喜子
   後半20分 4-1 [日体大]18番

増田亜矢子・山本りさ
増田亜矢子・山本りさ

   《マリーゼ》        《日体大》
   本間 森田        37 29
 神戸     田原    18      2
   松長 早坂         5  46
池田 村上 山本 藤本  54 12  4  40
     増田           57

日体大はとなりのピッチ5でも湯郷ベルと練習試合をしているわけで、同時に2試合練習試合を組めるだけの人数が来ているみたいですごいや。

風上に立ったマリーゼが前半だけで4ゴール。反対サイドでの得点だったので、誰が決めたのかよくわからない点が多かった。2点目はCKからのヘッドだった。4点目は山本りさのオーバーラップからそのままアシストしたもの。山本はセンターバックでの出場で、後半途中からは早坂と入れ替わる形で中盤でプレー、中央のMFが早大教育学部コンビになった。

マリーゼは後半風下に立ったら点が入らなくなって、バックラインでボールを奪われて1失点。

松長佳恵

あとは前日見ることが出来なかった松長佳恵のプレーを見ることが出来たのがよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[練習試合]湯郷ベル−日体大

練習試合・湯郷ベル−日体大

Jヴィレッジ内をうろうろしてたらピッチ5でやっていたので途中からちょっとだけ見ていた。湯郷ベルは松長朋恵選手が出場していたっす。ちょい見した後に引き上げたる途中に堂下と今井が歩いていて、堂下が先を歩いていたマリーゼの田中景子(171cm)に向かって「どうすればそんなに大きくなれるんですか?」と無茶な質問をしていた(笑)。堂下は横須賀シーガルズの先輩なのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U-17日本女子代表候補トレーニング@Jヴィレッジ

U-17日本女子代表候補トレーニング@Jヴィレッジ

嶋田千秋
嶋田千秋(いちばん奥)が写ってた。

今日が最終日。午前9時からピッチ1で最後の練習。10時過ぎにのぞいてみたらば奥の方で8対8のミニゲームの最中だった。見学者は誰もいなくて、近付くのも恥ずかしかったので(^^;遠くから見ていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.21

J-VILLAGE Mareeze Festa '08(2日目)

上野駅午前7時発(そんなに早く行く必要は無いのだが)のスーパーひたち3号で行った。いわき駅から乗り換えた在来線で小学生が上履きをホームに忘れてしまったため運行が一時ストップ(^^;&広野駅を出たあとに強風(暴風波浪警報だか注意報だかが出てたみたい)のため時速25キロ規制での運転になってしまい予定より15分ほど遅れて到着。Jヴィレッジのメインエントランスに入ったら誰かに呼び止められて、なんとメニーナの嶋田千秋だった。U-17日本女子代表のトレーニングキャンプ中だったのね。というわけで千秋の他にもみんないた。ロビーにいたら佐藤衣里子(早大→マリーゼ)のご両親がいらっしゃった。


J-VILLAGE Mareeze Festa '08 グループA
2008年3月21日 13時半 Jヴィレッジ・ピッチ4 ※35分ハーフ

常盤木学園高校 4-0(2-0,2-0) 早稲田大学

常盤木学園高校−早稲田大学

雨が降っていなかったのはありがたかったんだけど、とんでもない強風というかほとんど暴風の中での試合だった。早稲田の新1年生・大滝は今朝合流だった模様。そのままFWで先発出場。前半の早稲田は風下でのスタートでペースに乗り損なったような感じだったか。後半になって風上に立ってもムードは改善しなくて、逆に常盤木がうまいこと風に向って攻めて行っていたのが印象的。後藤の妹がハットトリックでゴールに向う感覚がすげえな。早稲田は力負けのような内容に見えた。おそらく今の常盤木はなでしこリーグ以外だったら現時点でいちばん強い女子チームなんじゃないかという気もする。


J-VILLAGE Mareeze Festa '08 グループA
2008年3月21日 15時 Jヴィレッジ・ピッチ4 ※35分ハーフ

TEPCOマリーゼ 1-2(0-2,1-0) 岡山湯郷Belle

マリーゼ−湯郷ベル
強風で膨らんでいる。

今日のマリーゼはGKが天野実咲だったのでオイラ的にはラッキー。あと、山本りさが左サイドのDFとしてフル出場。佐藤衣里子と松長佳恵は出場なしだったけど。松長佳恵と岡山湯郷の松長朋恵(途中から出場)は双子なんだから当然ではあるのだが超クリソツだ。道端でいきなり会ってもどっちだかわからない。

最初はマリーゼが攻めていたように見えたんだけど、前半7分にが速攻から矢のようなシュートが飛んできて、岡山湯郷ベルが先制。17分にはゴール正面からのFKを宮間がゴールネットに突き刺して追加点。後半風上に立ったマリーゼが8分に蹴った左CKのボールが風に乗ってゴールマウスに飛び込んで(今日だけでCKがそのままゴールインというシーンを2度も見た)1点差とするがそこまでだった。

正面から吹き付ける風を受けていたため、メガネのレンズがじょりじょりになった。裸眼だと目玉がじょりじょりになっちゃうのかな?(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.20

大島秀夫!

またJリーグチップスを買ってみた。

選手カード

今回の選手カードは大島秀夫(横浜FM)と青山敏弘(広島)だった。
連続でマリノスの選手が当たっているよん。:-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ナビスコ杯]横浜F・マリノス−大分トリニータ

2008 Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグDグループ 第1節
2008年3月20日 15時 ニッパツ三ツ沢球技場 観衆6,179人

横浜F・マリノス 1−0 大分トリニータ

得点:後半17分 1-0 [横浜]7-田中隼磨

ニッパツ三ツ沢球技場

新スコアボード
新スコアボードはアウェイスタンド後方に設置

     《横浜》
    ロニー  大島
      ロペス
小宮山 水沼 アーリア 田中隼
   田中裕 松田 栗原
      榎本

     《大分》
    高松 ウェズレイ
      清武
鈴木 ホベルト エジミウソン 藤田
   上本 森重 深谷
      西川

兵藤慎剛
今日の選手カードは兵藤

試合は一進一退ながらボールポゼションでやや上回っていたマリノスが時折シュートまで持ち込むという展開。小宮山が相変わらず好調のようで積極的な攻撃参加が印象的だった。ロペスも長い距離からでも積極的に狙っていた。守備面では相対する大分の攻撃の調子がそれほど良くなかったのか、それともマリノス守備陣がうまく機能していたのかというのはよくわからなかったけど(大分のツートップをそれなりにうまくは抑えていたようには思う)、守備は安定していて失点するような雰囲気はあまり感じなかったように思う。

横浜−大分

後半17分にロニーが左サイド突破でチャンスメイク。ゴール前に出したパスに中央の選手は誰も合わせることが出来なかったんだけど、こぼれを隼磨が決めてマリノスが先制。その後はうやむやで逃げ切り狙いだったのかな。後半29分にはウェズレイがこの試合2枚目の警告を受けて退場(突破したウェズレイと松田がゴール前で交錯した場面で最初は松田にイエローカードが出たんだけど、副審のアピールでウェズレイがシミュレーションということになった。松田への警告は取り消された模様)。マリノスとしてはやりやすくなったように見えた。5分間のロスタイムも無事逃げ切ってマリノスが勝利。圧倒的な強さは感じないんだけど、堅い守備でしぶとく1点差で勝利をモノにする試合が続いていてなかなかいいんじゃないかな。

それにしても三ッ沢開催ってそう試合数あるわけではないと思うんだけど、雨の試合が多いような気がするんだよな。特に今日は風も強かったしでいやはやなんとも寒かった。それに加えて三ツ沢だとトリコロールランサーズが出て来ないっていうのも、モチベーションを下げるものがある。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パフィーちゃん@SONYの車内広告

like.no.other

like.no.other

like.no.other

like.no.other

京浜東北線の車内にいろいろと。山手線でも同じものを見かけた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.19

[J1]コンサドーレ札幌−横浜F・マリノス@札幌ドーム

コンサドーレ札幌 1−2 横浜F・マリノス

得点:52分 1-0 [札幌]10-ダヴィ
   86分 1-1 [横浜]15-大島秀夫
   87分 1-2 [横浜]15-大島秀夫

    《札幌》          《横浜》
  ダヴィ クライトン       坂田 大島
 西      藤田        ロペス
   芳賀 マーカス    小宮山 山瀬功 松田 田中隼
西嶋 吉弘 平岡 坪内    田中裕 中澤 栗原 
     佐藤            榎本

15日に札幌ドームで行われた試合。Jスポーツ1の録画放送で見た。解説が元東芝の木島敦だった。現役時代、シュートはそんなに上手くなかったけど(^^;口の方は達者みたいでなかなか小気味いい。松木が理論だてて話しているみたいな感じ。あと、ピッチサイドレポートが大森健作だったんだけど、ちょっとしゃべり過ぎで中継に割り込み過ぎていて鬱陶しかったかな。

マリノスが主導権を握る試合展開だったんだけど、前半終了間際に札幌がPKのチャンスを得ちゃったりして、これはクライトンがクロスバーに当ててくれて助かった。後半7分にクライトンが左寄りのポジションからゴール前に出したボールを藤田がポストで落としてそれをダヴィがシュート、これが決まって札幌が先制。その後も主導権はマリノスだと思ったんだけど、なかなかゴールが決まらず。坂田だの山瀬功が惜しいシュートを結構な数打ってたんだけど。終了間際に山瀬功の右CKに後ろからゴール前に飛び込んだお大島が頭で合わせて同点。直後には山瀬功のミドルを札幌GK佐藤が弾いたところを大島が詰めて勝ち越し点。まさに閉店間際の逆転劇だった。大島は足技上手くなったような気がするんだけど気のせいか?

マリノスとしては好調とは言い難い内容ながらも連勝でシーズンのスタートを切ることが出来たということは大きいのではないかと思われるわけで、そのツキは大事にしたいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒジキ刈り

ヒジキ刈り

ニュースで取り上げられていた。

当然のことながらガンちゃん&中地とは関係ないんだけど、ヒジキという言葉に思わず反応をしてしまう今日この頃。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.18

家チケ

家チケ

大宮アルディージャホームゲーム、ナビスコカップのマリノス戦のチケット、嫁の分を大宮アルディージャクラブメンバーズの割引で購入。チケットはセブンイレブンでの発券等も出来るんだけど、それだと若干の手数料がかかってしまうので、手数料がかからない家チケなるものにしてみた。

チケットは家で印刷、ただしそれだと何枚でも印刷出来ちゃうので、入場時に券面のバーコードを読み込ませて重複チェックをするという仕組みのようだ。当日が雨だったりなんかするとバーコードが滲んで読み取り不可なんてこともありえそうだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.17

第1回ひぐらし寄席・隅田川馬石独演会

第1回ひぐらし寄席

古今亭志ん坊「道灌」
隅田川馬石 「替わり目」
 <仲入り>
隅田川馬石 「お富与三郎」

日暮里サニーホールコンサートサロンで19時から。割引チラシを持って行ったので木戸銭は2千円。札止めとは行かないものの、なかなかの入りだった。

前座で出てきた志ん坊さんは早稲田大学文学部卒だそうである。ちゃんとしたネタできっちり20分の高座。

馬石さんは「替わり目」は軽めに流したような感じ。仲入り後に「お富与三郎」を約50分間。仲入り前とは気合いの入り方が違うような感じで思わず前に乗り出しながら聴いちゃった。素晴らしい出来。話の方はまだまだイントロダクションでまだまだ続くそうで次回は6月30日だそうだ。

帰りに乗ろうと思った方向のバスをタッチの差で逃してしまい、次のを待つのもシャクだなと思って歩いて帰って来たんだど、結局家の近くで1台に抜かれただけだったので歩いて正解だったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.16

那須大亮!

那須大亮カード

Jリーグチップスを買ってカードの袋を開けたらマリノスのクラブロゴが見えて、そのままわくわくしながら取り出しみたら那須でやんの。もうマリノスにいないよ。(苦笑)

Jリーグチップス 2007 第3弾

袋の表記を見てみたところなるほど「2007 第3弾」だった。

ちなみにカードは2枚付きで、もう1枚はアルビレックスの松尾直人だった。カードは1枚でいいのでチップスの量をもうちょっと増やして欲しかったような気がしないでもない。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラグビー日本選手権決勝

第45回日本ラグビーフットボール選手権大会・決勝戦
2008年3月16日 14時 秩父宮ラグビー場

サントリーサンゴリアス 18−40 三洋電機ワイルドナイツ

サントリー−三洋電機

総合格闘技で言うところの打撃系の選手と寝技系の選手の対決みたいな感じの対戦だと思うわけで、サントリーからしてみると自分たちの得意な形(モールでゴリゴリ)での勝負になかなか持って行くことが出来なかったことが勝負の分かれ目だったか。守備面は三洋のトリッキーなパスワークと巧みなステップに翻弄されて崩壊気味だった。

優勝・三洋電機ワイルドナイツ

優勝・三洋電機ワイルドナイツ

というわけでサントリーは準優勝。準備していたはずの日本選手権優勝Tシャツはお蔵入りということになった。

優勝記念Tシャツ
おそらくこれが幻の優勝記念Tシャツ(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[JFL]横河武蔵野FC−アルテ高崎

第10回日本フットボールリーグ
2008年3月16日 13時 国立競技場

横河武蔵野FC 2−1 アルテ高崎

得点:62分 1-0 [横河]2-小山大樹
   73分 2-0 [横河]18-金子剛
   86分 2-1 [高崎]33-久保田圭一

メンバー紹介(金守貴紀)

    《横河》         《高崎》
    岡  高橋        久保田 田中
 加藤      林     白山     川勾
   中島 太田        今井 里見
西口 金守 小山 石川  山田 西村 小柴 杉山
     金子           岡田

横河−高崎

JFL開幕戦。横河にとってはちょっとびっくりの国立開催のホームゲーム。横河は早大在学中(早稲田は毎年3月25日が卒業式です)の金守が新人ながらスタメンで出場。ニューフェイスとは言っても国立という会場に関してはインカレ決勝、早慶定期戦、早稲田・高麗定期戦やらもろもろで両チームの中で一番経験値は高い選手だったりするはずかとは思うが。

立ち上がりからゴール前での攻撃の手数が多くてそれなりにスリリング。両チームともGKの活躍する場面が多かった。前半も半ばに差しかかる頃になると、かなり一方的に横河が攻め込む展開になったものの、ゴールをこじ開けることが出来ず。金守も積極的に攻撃参加。横河にとっては攻め込んでいる展開の中でカウンターをくらっての失点というのが怖かったけどそれは大丈夫だった。

前半まで見て秩父宮ラグビー場に移動しちゃったんだけど、横河が見事開幕勝利を飾った模様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.15

ベレーザファン感謝デー

選手宣誓
ひじき(荒川・中地)の選手宣誓

嫁と姪と甥を連れてお楽しみの運動会(去年はカツカレーの立ち食い大会だったので2年ぶりですね)に行ってきた。ヴェルディグラウンドの人工芝グラウンド(ジュニオール)で15時から。今年はガンちゃん(ウィッグが妙に似合っていた)がリーダーの青チームで中地(ひじきがそろい踏み)、岩清水、近賀、小林詩織、岩渕、あとメニーナの高橋、小林海青、赤羽、田中が一緒だった。なんかよくわからないけど中地とは3大会連続で同じチームだったりする。来年も一緒だったらいいな。

ベレーザ大運動会メニュー

玉入れ

原ちゃん
松居直美? (^^;

今回は結構頑張っていていい感じだったので、もしかしたら優勝かもって思って迎えた結果発表は4チーム中3位という結果にアレレ、各競技ともあと一歩のとことで1位を逃したり、負けたりしていたツケが出てしまったようでなかなか優勝は出来ないもんだな。てなこといいながらもポカポカ陽気の中、いつもながらの楽しいイベントだった。

帰りに稲田堤のバーミヤンに行ったら、途中でコース料理の供給がストップしやがって(^^;、ヲイヲイ状態だった。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008.03.14

Bent Beat Special '08だそうな

パフィーが、

Bent Beat Special '08
〜踊る大演奏会 事件はBENTで起きてるんじゃない ZEPPで起きているんだ!〜

というBENTのイベント(思いがけず韻を踏んでしまった)に出るらしい。東京のZEPP。ゆりかもめに乗るのがちょっと面倒くさかったりするけどまあ悪くはない。

5/22(木)と5/23(金)に開催とのことなんだけど、パフィーの出演日がどっちなんだかはまだ未発表。今のところ出演バンドはチャットモンチー、FLOW、MONGOL800がアナウンスされているけど、どこが対バンになるんだろうね。チャットモンチーのライブはちょっと見てみたい気もする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉村由美さん、フライデーされた模様

FRIDAY中吊り

広末に次いでの見事二番手記事のようだ。『PUFFY』吉村由美&大森南朋「一戸建て愛の巣」現場…とのこと。「&大森南朋」の文字が米粒のようにとてつもなくちっちゃい。(^^;

ちなみに同じ号には加藤未央ちゃんの「プリプリ☆チアリーダー」艶姿も載っているみたいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.13

ヒチョリブラブラストラップ

ヒチョリブラブラストラップ

7月17日の東京ドームの試合のファンクラブ特典みたいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日テレ屋

福西のサイン

福西のサインが飾ってあった。魔除けになりそう。(^^;

ベレーザグッズはTシャツとコンフィットシャツがまだ売られていた。あとリングノートが山ほど残っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.12

関東大学サッカーリーグ戦【前期】早稲田の日程

4/ 5(土) vs神大  (12:00 駒沢陸上)
4/ 9(水) vs専大  (17:50 埼スタ第2)
4/12(土) vs東学大 (13:50 駒沢陸上)
4/20(日) vs順大  (13:50 フクアリ)
4/25(金) vs筑波大 (17:50 三ツ沢陸上)
4/29(祝) vs国士大 (13:50 多摩)
5/ 5(祝) vs中大  (13:50 NACK)
5/10(土) vs駒大  (11:30 たつのこ)
5/16(金) vs法大  (17:50 三ツ沢陸上)
5/24(土) vs流経大 (13:50 江戸川)
6/ 1(日) vs明大  (13:50 西が丘)

昨日の夜に発表されてた。全体の日程はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GraveGrinder「原形を留めていようが、いまいが」

群像』4月号収録。「新鋭13人競作」なる企画の中の一遍。

女性が主人公。彼女が仕事で外国に行っている間にもともと自殺傾向を持っていた夫が本当に自殺をしてしまい、それを発見した女性がメスで夫の身体を切り刻み、フードプロセッサーでミンチ状態にして、それに湯を加えた風呂(のようなもの)に入浴するというもの。途中で彼女は眠りから目覚め、行為の一部は夢ではあったものの、夫の自殺は(小説の中では)事実であり、事後処理に奔走するというあらすじ。

もともとこの人の小説は痛いものが多いんだけど、今回の作品は痛さを超越してスプラッター系に行っちゃっているようで、読んでてウヒャーって感じの作品に仕上がっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J-VILLAGE Mareeze Festa '08

J‐VILLAGE Mareeze Festa'08のお知らせ(マリーゼ公式)

早大ア女も出るようで。

そんでもってグループAの組分け(マリーゼ、岡山湯郷ベル、早稲田大学、常盤木学園高校)がほとんど「ヒストリー・オブ・天野実咲」状態になっている。湯郷ベルじゃなくてレッズレディースだったら完璧だったんだけどな。(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2003年11月の女子サッカー関連の写真いろいろ

昔焼いたCD-Rを見てたらこんなのが出てきた。
なんか懐かしくて泣けてきますね。(^^;


◇11月2日 ベレーザvs田崎@駒沢

ベレーザのスタメン
(後列)近賀、戸崎、須藤、四方、荒川、小野寺
(前列)小林、岩清水、大野、伊藤、酒井

戸崎・川上・岩清水
戸崎有紀、川上直子(当時は田崎)、岩清水梓


◇11月16日 レイナスvsベレーザ@大宮

レイナスのスタメン
レイナスのスタメン

山口麻美
山口麻美

中地舞@背番号3
中地舞(このシーズンは背番号3だった)


◇11月22日 なぜか仙台市内

仙台の牛タン屋
ベガルタvsマリノス観戦後に行った牛タン屋にこんなのがあった。


◇11月30日 ベレーザvsYKK@平塚

ベレーザのスタメン
(後列)近賀、豊田、四方、荒川、井関、小野寺
(前列)小林、大野、中地、伊藤、酒井

中地舞
中地舞

酒井與恵
酒井與惠@背番号6番

豊田奈夕葉
豊田奈夕葉@若いぞ

小林弥生
小林弥生が10番だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.11

小石丸佳代「ダンス」

第38回九州芸術祭文学賞最優秀作ということだそうで、『文學界』4月号に収録。

博多のパブで開かれたサルサのダンスパーティーの模様が参加した40代の女性の視点から描かれている。男性と組んでダンスをする場面が克明に描写されていて、頻繁にパートナーチェンジする様子が人間模様あるいは生き方といったものにオーバーラップさせてるっぽい。

文章はなんとなく読点が多いような印象だったけど、こんなもんなのかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

なでしこジャパンvsロシア女子代表

【キプロス遠征 】なでしこジャパン、ロシア女子代表に勝利し3位決定戦へ(JFA公式)

《CYPRUS WOMEN'S CUP 2008》
なでしこジャパン 3-1(1-1,2-0) ロシア女子代表

日本の得点:阪口、大野、宇津木

日本はグループ2位で3位決定戦にまわることになった模様。

佐藤衣里子(いちおうまだ早稲田大学所属)が後半27分から出場、2003年以来の5年ぶりの日本代表出場で通算キャップ数が2になった。

次は先発で出たいっすね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.03.10

兵藤インタビュー@早稲田スポーツ

【特集】NEXT STAGE IV〜兵藤慎剛to横浜F・マリノス

載っている。マリノスは兵藤が1年生の頃からずっとちょっかいを出していたみたいだけど、大学を辞めて来いってのはヒドいな。(^^;

MACだとローマ数字が文字化けしちゃいますね。

兵藤慎剛 2008.3.8 試合前練習
(2008.3.8撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サトエリゴール!

【キプロス遠征 】なでしこジャパン、練習試合でスコットランド女子代表に勝利!

なでしこジャパン 2-1 スコットランド女子代表

得点:佐藤衣里子、大野忍

やった〜、サトエリ代表初ゴール!…と思ったら練習試合だった。ちょっとぬか喜び。(^^; 練習試合に限ると連続ゴールなんやけど。

ロシア戦も頑張れ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンテリン

バンテリン

日比谷線の中で居眠りした時に寝違えたのか、おとといあたりから首が痛くて、どんどんひどくなってる。今日なんかはお辞儀が出来ないし振り向けないしで、おまけに昼メシの時はモノ噛んだだけでも痛かった。

バンテリンを買ってきて塗ってみたけど治るかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.09

[J1]大宮アルディージャ−アルビレックス新潟

2008年3月9日 16時 NACK5スタジアム大宮 観衆14,381人

大宮アルディージャ 2−0 アルビレックス新潟

得点:25分 1-0 [大宮]13-ペドロジュニオール
   44分 2-0 [大宮]8-小林大悟

アルディ君&ミーヤちゃん
アルディ君と今日初登場のミーヤちゃん

オペラグラス
カテ3シーズンシート特典のオペラグラス。試合中は使わなかったけど。

    《大宮》           《新潟》
   ペドロ 吉原        矢野 アレッサンドロ
  藤本     大悟      ダヴィ     寺川
    片岡 慶行          千葉 本間
波戸 冨田 レアンドロ 田中  松尾 永田 千代反田 内田
     江角             北野

大宮−新潟

新潟が速い攻めの前に大宮はゴール前の守備がドタバタ、なんとかギリギリのところでうやむやで凌いでいてかなり危なっかしかったような印象。新潟の攻撃陣にもっと核となるような存在感を持った選手がいたら(矢野貴章は役不足だったな)きっと違った結果になっていたかもしれない。

攻撃面ではほとんど見せ場を作ることが出来ていなかった大宮だったんだけど前半25分にペドロジュニオールのゴールで結構あっさりと先制、前半ロスタイムには左に流れたペドロジュニオールのチャンスメークから小林大悟が追加点。試合の流れをつかむ上でこの2点目が大きかったと思う。2点のリードを得た大宮は後半は自分たちのベースで試合運びが出来ていたように思う。

大宮は法大から入った土岐田が吉原との途中交代で初出場。あとヴェルディから戻ってきた金澤慎が途中出場した時の拍手が「おかえりなさい」的で一段と暖かくて大きかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

加藤未央ちゃん@トリコロールランサーズ

加藤未央ちゃん@トリコロール・ランサーズ

なんかものすごく頑張っていたよ〜。

シーズンシート所有者向けの「ウォーミングアップ見学」に当選していたこともあって、トリコロール・ランサーズのパフォーマンスを目の前で見ることが出来た。間近で見るチアリーディングはとても迫力があって大満足だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.08

[J1]横浜F・マリノス−浦和レッズ

2008年3月8日 14時 日産スタジアム 観衆61,246人

横浜F・マリノス 1−0 浦和レッドダイヤモンズ

得点:60分 1-0 [横浜]13-小宮山尊信

横浜−浦和

    《横浜》          《浦和》
   大島  ロニー      高原 エジミウソン
   ロペス 山瀬功         山田
小宮山  松田  田中隼  相馬 阿部 鈴木 平川
  田中裕 中澤 栗原     堀之内 闘莉王 坪井
     榎本            都築

横浜−浦和

立ち上がりからマリノスはサイドアタックも効果的だったし(ユウスケの左ストッバーが隠し味だったかも)、新外国人の2人もロペスはスキルフルでボールキープ力が高く、ロニーも前半19分の超決定的な場面で得点出来なかったもののゴール前での感覚を持った選手のようだったしで、チームにも馴染んでいてチームの軸としてゲームを引っ張っており、マリノスとしてはゴールこそ決められなかったものの、攻撃の手数自体も多かったしとりあえずはまずまず以上の立ち上がりで時間が経つのが早かった。

前半終わってハーフタイムにひと休みしたら、前半中盤を仕切っていたロペスが動かなくなっちゃったみたいで(^^;、前半とは一転して浦和が押し込む展開が多くなってしまったような印象。ロペスに連動してロニーもペースダウンしていたような感じ。ロペスはスタミナが問題だったりするのかもしれないけど、兵藤あたりにとっては出場のチャンスかもしれない。マリノスは前半に比べて攻撃のバリエーションが少なくなってしまったようで、大島に向けての縦ポン気味な攻撃が多くなって単調になって来ていたような気がしないでもない。そんな中、田中隼磨が右サイドからゴール前に上げたクロスボールを坪井がクリアミスしてボールが小宮山の前に転がったところを右足を振り抜いての先制ゴール。結構距離あったけど、よく決まった。

おそらくその後マリノスは運動量の落ちていた両外国人選手を交代させてという手順を踏むつもりだったかと思われるのであるが、残り約20分のところでロニーがこの試合2度目の警告で退場処分。松田のファールの後に浦和のリスタートにちょっかいを出したみたいでもらわずもがなの2枚目だったけど、この退場のお陰でマリノスはチームとしての意思統一がハッキリしたような感じがしないでもない。きっちり守り倒し、浦和が前がかりになった場面では逆襲を仕掛けるという思い通りの展開に持ち込むことが出来てある意味快勝だったのではないか。そういった意味ではロニーの退場はこれ以上ないタイミングだったかもしれない。浦和は最悪というほどの状態ではなかったもののメチャ強いというよりは普通な感じだったか。日本代表でのゲームの時と同様の高原の圧倒的な存在感の無さにもずいぶん助けられたような。マリノスとしては永井雄一郎をもっと長い時間使われた方が怖かったのではないかと。

それにしても開幕戦で背番号9番の選手が退場というのは以前どこかで見た光景のような。ああ、デジャ・ヴュ。(^^; 去年の9番(鈴木隆行)は元気にしてるのか。来年もロニーは9番を着けてるかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.07

DVD「1分半劇場 ドリアンガールズ Vol.2」

B000XBEM1E1分半劇場 ドリアンガールズ Vol.2
松永玲子(ナイロン100℃).町田マリー(毛皮族)
TCエンタテインメント 2007-12-19

by G-Tools

こちらの続編。第26話〜第50話を収録。1分ドラマの「エル・ポポラッチがゆく!!」の後に見ると、1分半という長さは表現出来る情報の量が格段に多いことがわかる。NHKがふんだんに予算を使ったっぽい「ポポラッチ」と比べると民放深夜番組の「ドリアンガールズ」はお手頃予算で作られていることがはっきりとわかるような感じなんだけど、かえってそれが主演女優2人の魅力を引き出しているという見方が出来なくもないわけで、とくにワケの分からないストーリーの時ほど面白いような気がする。

DVD特典の副音声コメンタリー(今回は主演の松永玲子・町田マリーに演出の吉田邦彦が加わっての3人でのトーク)で松永玲子のTシャツについて触れられていた。今回は法政大学、神奈川大学、順天堂大学、明治大学、青山学院大学、日本大学、上智大学、東京大学、東京海洋大学のは確認できたけど、第38話(実家)と第50話(さようなら)のがわからなかったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U-17日本女子代表候補メンバー

U-17日本女子代表候補トレーニングキャンプ(3/18~22)メンバー(JFA公式)

メニーナからは長沢優芽、岸川奈津希、高橋彩織、木下栞、嶋田千秋の5名が選出。メニーナOGの藤澤真凛(十文字高)も選ばれている。

長沢(長澤?)と木下は初選出かしらね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.06

なでしこリーグ日程発表

なでしこリーグの日程が発表された。

【リーグ】なでしこリーグ2008ディビジョン1日程について(リーグ公式)
【リーグ】なでしこリーグ2008ディビジョン2日程について(リーグ公式)

ベレーザ分はこちら。

試合スケジュール(ベレーザ公式)

朝日新聞のこちらの記事によるとmocがリーグスポンサー撤退でなでしこ版チャリティーシールド(って言い方が古いねえ(^^;)は中止だそうだ。オールスターの開催も微妙みたい。サッカーのオールスターはプロ野球の真似をして開催しているだけのようにしか見えないので(特にJリーグの方でその傾向は顕著かと)、決して必須事項ではないと考えているので、無ければ無いで構わないかと思うが。個人的にはJFLオールスターは復活させてほしいけど…って言ってることが自己矛盾してるし。(^^;

ベレーザとマリノスの日程が全く重複していないようでそれはラッキーだったりするけど、これから発表される関東女子サッカーリーグのメニーナと早稲田の日程がマリノス戦とかぶりまくったりすっとイヤだなあ。

今年それなりに見に行きたいと思っていたマリーゼ主催ゲームはベレーザのホームゲームとかぶっちゃっていることが多いようで、全くではないがほとんど行けないっぽい。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

オープン戦・日本ハム−ヤクルト

ヤクルト 100110000=3
日本ハム 00000230X=5

ヤクルト:石川、萩原、●由規、林
日本ハム:藤井、宮本、星野、○宮西、建山、Sマイケル

札幌ドームでのナイトゲーム。2回途中からGAORAで見ていた。日ハム打線が6回から登板してきた由規をプロの洗礼をあびせる形でメッタ打ち(というほど点入ってなかったけど)にしての逆転勝ち。ビッグイニングがあること自体が野球版カテナチオな日ハムらしくない勝ち方だったかも。ちなみに6回と7回、両イニングとも3つ目のアウトは森本稀哲だった。(苦笑)

日ハムは次から次へと左ピッチャー(藤井、宮本、宮西)が出てきていて、少なくとも頭数だけはそろっているようだ。星野は髪型が不自然なので散髪に行った方がいいと思う。(^^;

日ハムの新外国人選手・スレッジの応援歌はピーター・ガブリエルのこの曲にしてほしいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.05

DVD「エル・ポポラッチがゆく!!」

B000MV8U8G1min.ドラマ「エル・ポポラッチがゆく!!」 [DVD]
エイベックス・マーケティング 2007-05-02

by G-Tools

NHKで夜中にゲリラ的に放送していたらしい(見たことない)1分ドラマがDVD化されたもの。毛皮族町田マリーが出ているので買って観てみた。ナンセンスタッチなドラマで出来としてはかなり面白いし、細部も凝って作られているので、DVDで何度も見返してみるのも面白いかもしれない。ちなみにこのDVDは本編18分+特典映像53分というなんとも本末転倒的なすごい構成をしている。(^^; 覆面レスラーのエル・ポポラッチ(俳優名非公表)の他に鹿賀丈史、鈴木京香、的場浩司、南海キャンディーズのしずちゃん、武蔵、長州小力などなどすごいメンバーが集まっている。おっ、ギター漫談のペペ桜井師匠が出てるぞと思ったら温水洋一という俳優さんだった。(苦笑)

それにしてもポポラッチは劇団☆新感線の某看板役者さんに実によく似ていますなあ。(^^;

番組公式サイト商品サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Jeff Beck Group『Beck-Ola』

B000I0QKDIBeck-Ola
The Jeff Beck Group
Toshiba EMI 2006-10-10

by G-Tools

ジェフ・ベックはベスト盤でしか聴いたことなかったので、アマゾンで買って(昨日の晩にオーダーしたのに今日の昼に届いちゃった)聴いてみた。

このアルバムのメンバーはこんな感じらしい。

 G: Jeff Beck
 Vo: Rod Stewart
 B: Ron Wood
 Key: Nicky Hopkins
 Dr: Tony Newman

なんつってもロニーがベースシストになっちゃってるってのがアレだな。

まだ2回聴いただけだけど内容的には何も申し上げることはございませんって感じのブリティッシュロックの名盤ということで間違いないようだ。味わいがあるよ。ロッド・スチュワートが縦横無尽で中でも「Plynth」でのジェフvsロッドのスリリングさは鳥肌モノである。「Rice Pudding」って曲は唐突に終わるようで最初CDが壊れたのかと思ってちょいとびっくり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運転免許更新

会社半休にして、(いちおう優良運転者だったりするもので)最寄りの指定警察署で運転免許証の更新をしてきた。30分間の講習(福留功男が案内役のビデオを見た)で新しい免許制度ということで中型免許という区分が出来ていたのを今回初めて知った。免許証は見た目ほとんど変わらないけどICカード化されているそうで、本籍欄が記載されてない。

新・運転免許証
今回はア式ユニを着て写ってみた。

旧・運転免許証
ちなみに以前はスウェーデン代表ユニだったです。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.04

昨年のクラブワールドカップにおける浦和サポーターの問題について

【TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン】観客誘導体制とチケット販売方法を改善(JFA公式)

エトワール・サヘル−浦和レッズ

なんか今さらって感じがしないでもないが、一応、運営側でも問題としては捉えていたみたいだ。

一箇所に集まってサポートしたいという浦和サポーターの気持ちもわからなくもないわけではないけど、本来は他人が座るべき席を不法に占拠していたのは事実なわけで、その行為に対してお咎め無しという落としどころは被害者側(決して安くはない料金を払って入場したのに肝心の試合がよく見えなくて残念だった)としては納得出来ないところもある。

次回大会では今回打ち出した対応策がうまく機能することに期待をしたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FORZA BELEZA NO.4

ベレーザ後援会の会報が届いた。

愛
切手が「」だ〜!

中身は「FORZA BELEZA NO.4」、ベレーザファン感謝デー(運動会)参加申し込み用ハガキ、継続用郵便振替用紙でした。

フォ〜!!
ベタなギャグがナイスかもしれない。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

川上未映子のオールナイトニッポン

あまり聴いていると翌日に差し支えちゃうのでちょっとだけ聴いた。

番組テーマ曲の「ビター・スウィート・サンバ」は聴いた。売れる前にもラジオ番組を持っていたそうでトークは上手い。1曲目にシンディ・ローパーの「ハイスクールはダンステリア」がかかった。2曲目のCHARAの曲の後にCMに入ったあたりから記憶が無い。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.03

岡山湯郷Belleが新加入選手を発表

2008新加入選手の紹介(岡山湯郷Belle公式)

湯郷Belleは毎年結構大幅なメンバー入れ替えをしているような気がするんだけど、あんまりどばどばとメンバーを変えてもかえってチーム作りが大変そうな気がしないでもないけどどうなんだろうか。

Briosita Akitaの松長朋恵さんっていうのは今度早稲田からマリーゼに入る松長佳恵と双子の姉妹のはず。秋田国体選抜チームは練習試合を2回見ているので、知らないうちに見ていたみたい。

双子と言えば大原学園から加入した有町紗央里さんは早稲田の有町紗也香と双子で、一応それぞれ別個にはことばを交わしたことはあるんだけど、2人が同時にいるところは見たことがない。もしいきなり急にどちらかが目の前に現れたら、それがどちらかを判別出来ないかもしれない。(^^;

※早稲田の後輩のみ敬称略。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芝浜ワイン寄席

芝浜ワイン寄席

金原亭駒ん奈「元犬」
金原亭小駒「湯屋番」
<仲入り>
金原亭馬吉「文違い」

三田のル・ヴァン・ヴィヴァン(ワイン店)で18時半から。木戸銭千円。

駒ん奈さんは芥川賞作家で慶応大学でフランス文学を教えてる荻野アンナさんで、以前高座を見た時と比べるとずいぶんと落ち着いたというか、あのダジャレを散りばめたところは先生のペースだったのかもというか、ノリの面で小説との共通点を感じないわけでもないような気もした。小駒さんが出て来たらやっぱりプロ噺家さんとの差ってのはずいぶんとあるんだなとは感じたけど。

馬吉さんは出て来るなり額から汗ダラダラでどうなるかと思ったら、途中で落ち着いてた。「文違い」ってネタはややややこしい(「や」が四連発)。

今日は一番前に座ってみたらスポットライトが眩しかったので、次回はそのへんも考慮しながら席を選ぶことにしよう。

火災太鼓

次回の予告チラシをよく見ると「火太鼓」(正しくは「火炎太鼓」)になってます。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.02

[オープン戦]中日−日本ハム

日本ハム 011100001=4
中日   000002010=3

日本ハム:武田勝、スウィーニー、S坂元
中日:山井、小笠原、朝倉、中田、●ネルソン、小林

北谷での試合。Jスポーツ2での中継で見ていた。先発山井に対して初回に田中賢介がツーベースを放って早くも完全試合は逃れた。(^^; 2回に塁に出たジョーンズを鶴岡がツーベースで還して日ハム先制、これで完封も免れた。(^^; いったんは追いつかれたものの、9回表に四球で出塁した中田翔がよく走って勝ち越し。終盤はよく見てなかったんだけど坂元弥太郎が出ていたみたいだ。

中田のヘルメットは松ヤニかなんかで汚れているのかマークがほとんど見えない状態でまるで小谷野みたいだなと思ったら当の小谷野のヘルメットは意外ときれいだった。武田勝は後ろ髪が長いような気がする。シダックスでの恩師ノムさんのいる楽天との対戦に合わせて切るのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

椿の花

椿の花

マンションのうちの部屋のベランダは大家さんの庭とつながっていてタダで観賞できちゃうのだが、今は椿が咲いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.01

山口麻美選手がスウェーデンのUmeå IKと契約

En ny, kommande stjärna till Umeå IK (UMEÅ IK fotboll)

Mami Yamaguchi Signs Professional Contract With Umea IK (Florida State Univ. Official Athletic Site)

元ベレーザでフロリダ州立大学の山口麻美選手がスウェーデンのUmeå IKというクラブとプロ契約を結んだそうだ。大学の方はまだ3年生のはずなんだけどやめちゃうみたいなようで、それはそれでなんかもったいないような気もする。

大学を卒業したら日本に戻って来るものだと思っていたのに、羽ばたいたままなかなか戻って来ませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラグビー日本選手権・2回戦

第45回日本ラグビーフットボール選手権大会・2回戦
2008年3月1日 12時 秩父宮ラグビー場

近鉄ライナーズ 45−53 トヨタ自動車ヴェルブリッツ

近鉄−トヨタ自動車

東芝の招待券を分けてもらって行ってきた。得点経過だけを見ると両チームとも追い着き追い着かれの好ゲームだったんだけど、ミスがらみの間抜けなトライも結構あったりして、内容的にはそれほどピリッとしたものでもなかったような気がする。後半25分にトヨタが勝ち越してからは若干近鉄に緩みが出ちゃったのか、トヨタが突き放す形で勝利。後半ロスタイム(日本選手権はタイムキーパー制ではない)が2分とかいいながらふたを開けたら7分以上もあった。

試合中、国立競技場で行われていたゼロックススーパーカップの声援が強い風に乗って聞こえてきた。鹿島の応援とおぼしきものしか聞こえんかったけど。(^^;


第45回日本ラグビーフットボール選手権大会・2回戦
2008年3月1日 14時 秩父宮ラグビー場

東芝ブレイブルーパス 47−24 早稲田大学

東芝−早大

内容的に余程粗相のあるゲーム運びをしない限り東芝の勝利は盤石かと思ってたんだけど、いきなり早稲田が開始4分にラインアウトからのモールで押し込んで先制トライ。ちょっとびっくりした。その後は東芝が地力の差を見せつけたような形で落ち着くべき結果に落ち着いたのかなとは思う。早稲田は4トライ。うち2トライが試合終盤にあげたものだったんだけど、東芝が大量に選手交代をした後だったのでどう評価していいんだか迷うところではある。場内放送でロスタイムは6分とアナウンスしていたのに44分過ぎに終わっちゃった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »