« DVD「1分半劇場 ドリアンガールズ Vol.2」 | トップページ | 加藤未央ちゃん@トリコロールランサーズ »

2008.03.08

[J1]横浜F・マリノス−浦和レッズ

2008年3月8日 14時 日産スタジアム 観衆61,246人

横浜F・マリノス 1−0 浦和レッドダイヤモンズ

得点:60分 1-0 [横浜]13-小宮山尊信

横浜−浦和

    《横浜》          《浦和》
   大島  ロニー      高原 エジミウソン
   ロペス 山瀬功         山田
小宮山  松田  田中隼  相馬 阿部 鈴木 平川
  田中裕 中澤 栗原     堀之内 闘莉王 坪井
     榎本            都築

横浜−浦和

立ち上がりからマリノスはサイドアタックも効果的だったし(ユウスケの左ストッバーが隠し味だったかも)、新外国人の2人もロペスはスキルフルでボールキープ力が高く、ロニーも前半19分の超決定的な場面で得点出来なかったもののゴール前での感覚を持った選手のようだったしで、チームにも馴染んでいてチームの軸としてゲームを引っ張っており、マリノスとしてはゴールこそ決められなかったものの、攻撃の手数自体も多かったしとりあえずはまずまず以上の立ち上がりで時間が経つのが早かった。

前半終わってハーフタイムにひと休みしたら、前半中盤を仕切っていたロペスが動かなくなっちゃったみたいで(^^;、前半とは一転して浦和が押し込む展開が多くなってしまったような印象。ロペスに連動してロニーもペースダウンしていたような感じ。ロペスはスタミナが問題だったりするのかもしれないけど、兵藤あたりにとっては出場のチャンスかもしれない。マリノスは前半に比べて攻撃のバリエーションが少なくなってしまったようで、大島に向けての縦ポン気味な攻撃が多くなって単調になって来ていたような気がしないでもない。そんな中、田中隼磨が右サイドからゴール前に上げたクロスボールを坪井がクリアミスしてボールが小宮山の前に転がったところを右足を振り抜いての先制ゴール。結構距離あったけど、よく決まった。

おそらくその後マリノスは運動量の落ちていた両外国人選手を交代させてという手順を踏むつもりだったかと思われるのであるが、残り約20分のところでロニーがこの試合2度目の警告で退場処分。松田のファールの後に浦和のリスタートにちょっかいを出したみたいでもらわずもがなの2枚目だったけど、この退場のお陰でマリノスはチームとしての意思統一がハッキリしたような感じがしないでもない。きっちり守り倒し、浦和が前がかりになった場面では逆襲を仕掛けるという思い通りの展開に持ち込むことが出来てある意味快勝だったのではないか。そういった意味ではロニーの退場はこれ以上ないタイミングだったかもしれない。浦和は最悪というほどの状態ではなかったもののメチャ強いというよりは普通な感じだったか。日本代表でのゲームの時と同様の高原の圧倒的な存在感の無さにもずいぶん助けられたような。マリノスとしては永井雄一郎をもっと長い時間使われた方が怖かったのではないかと。

それにしても開幕戦で背番号9番の選手が退場というのは以前どこかで見た光景のような。ああ、デジャ・ヴュ。(^^; 去年の9番(鈴木隆行)は元気にしてるのか。来年もロニーは9番を着けてるかね?

|

« DVD「1分半劇場 ドリアンガールズ Vol.2」 | トップページ | 加藤未央ちゃん@トリコロールランサーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/40444207

この記事へのトラックバック一覧です: [J1]横浜F・マリノス−浦和レッズ:

« DVD「1分半劇場 ドリアンガールズ Vol.2」 | トップページ | 加藤未央ちゃん@トリコロールランサーズ »