« [交流戦]読売ジャイアンツ−北海道日本ハムファイターズ | トップページ | [交流戦]東京ヤクルトスワローズ−北海道日本ハムファイターズ »

2008.05.27

日本−パラグアイ

キリンカップサッカー2008 〜ALL FOR 2010!〜
2008年5月27日 19時20分 埼玉スタジアム2002 観衆27,998人

日本代表 0−0 パラグアイ代表

日本−パラグアイ

    《日本》        《パラグアイ》
     巻            11
  遠藤 山瀬 中村俊    17  8  6  18
   鈴木 中村憲          16
長友 闘莉王 寺田 阿部   14  3  2  4
     楢崎            1

行きの東京メトロ南北線&埼玉高速鉄道で正面に何度か高座を見たことがあるはずの落語家さんが二人座ってて(お二人ともジーンズ姿)、一人はたぶん春風亭正朝師匠で、もう一人の名前が思い出せないやと思いながら埼玉スタジアムに向った。埼スタでもすれ違ったりしちゃったりなんかしてちょっと気になる。(^^;

日本は1トップが機能不全だったようで、このシステムではまあありがちな展開ではあるかな。巻にしても途中から交代した高原にしてもなかなかシュートを打たないのがもどかしかった。そういった意味では終盤出場した大久保はポジション的には純粋なFWというわけではなかったみたいだけど、ゴールに向かう姿勢など共感を感じる部分は多かった。

あとはパラグアイの渋い守りが光った試合だったかな。マンマーク守備のシステムが変幻自在っぽかった。もうちょっとゴール前での決定力があればパラグアイが勝っていたんじゃないかね。

家帰って来て落語協会のホームページで調べたところ、噺家さんは春風亭正朝師匠五明樓玉の輔師匠だった。鈴本演芸場の昼席(玉の輔師匠が主任だったようだ)終えて行かれていたみたい。

|

« [交流戦]読売ジャイアンツ−北海道日本ハムファイターズ | トップページ | [交流戦]東京ヤクルトスワローズ−北海道日本ハムファイターズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/41347436

この記事へのトラックバック一覧です: 日本−パラグアイ:

« [交流戦]読売ジャイアンツ−北海道日本ハムファイターズ | トップページ | [交流戦]東京ヤクルトスワローズ−北海道日本ハムファイターズ »