« [W杯予選]日本−バーレーン | トップページ | なでしこじゃぱんグッズ »

2008.06.23

村松真理「花咲く屋根の家」

三田文学』春季号収録の小説。

妹の娘を養子として育てた母と成人し社会人になった娘の話。転職とともに古い家を購入して住んでいる母親と、そこに泊まりに行っている娘の視点から語られている。読んでてなんかピンと来なかったけど。舞台はおそらく熱海とかそっちの方面なんじゃないかなと推測。

「弁当じゃなくてラーメンにしたのはあまり寒いからだ。」(p.7)ってのは日本語が変なように感じられるんだけど、校正ミスなのかな?

|

« [W杯予選]日本−バーレーン | トップページ | なでしこじゃぱんグッズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/41627551

この記事へのトラックバック一覧です: 村松真理「花咲く屋根の家」:

« [W杯予選]日本−バーレーン | トップページ | なでしこじゃぱんグッズ »