« 山脩、やっと正式加入 | トップページ | [ナビスコ杯]東京ヴェルディ−FC東京 »

2008.06.08

[W杯予選]オマーン−日本

オマーン代表 1-1(1-0,0-1) 日本代表

得点:[オマーン]アルマハイジリ(前半12分)
   [日本]遠藤(後半8分/PK)

TBSテレビの中継で見ていた。というか他に選択肢なかったみたいだけど。

聞こえて来るオマーンの応援。延々と打ち鳴らされる打楽器のリズム。それにからむ形で管楽器が旋律を奏で、まれにボーカルが加わる。 ちょっとイカしたプログレッシブ・ロックみたいで結構好きかも。ところが後半立ち上がりからはマイクでがなり立てるいかにも中東的な応援になっちゃってつまらんなと思ったら、20分過ぎに笛が復活した。笛の人、後半最初の20分間は何やってたのだ。(^^;

ゲーム内容的には日本が圧倒していたように見えたんだけど、リスタートの流れからオマーンが先制。日本はちょっと慌てちゃった感はあったか。

ハーフタイムをはさんで後半の立ち上がりに日本はいい感じでゲームに入ることが出来たようで、玉田がPKゲットして(やや微妙なようにも見えたんだけど)、遠藤が妙に落ち着いた感じでゆるく右サイドに転がして同点。その後にオマーンもPKのチャンスを得たものの、楢崎が好セーブでストップ。これはきっとおそらくなんだけど、オマーンのキッカーは直前の遠藤の脱力PKを意識して蹴って失敗しちゃったんじゃないかと推測。全く見当違いかもしれないけど。

大久保の退場は退場だろうな。偶然のふりしてつま先で蹴飛していたみたいなので。審判がよく見ていたようだ。直後にオマーンの4番が松井を小突いて退場になったシーンは松井の倒れ方がちょいと大袈裟過ぎじゃないかという気もするわけで。今日の松井に限らずサッカーの人はなぜか顔抑えて倒れるみたいで、この倒れ方はあまり好きじゃないけど結果的に日本が数的不利になることから防いだナイスアシストだったのかもしれない。まあ、数的不利になってチームにスイッチが入る場合も多々あるみたいではあるけど。

内容云々は別として、流れ的にはどっちに転んでも不思議ではない展開だったと思うので、ドローという結果は妥当な着地点だったかと思う。玉田はPK狙いの人になっちゃったのかちょっと簡単に転び過ぎなんじゃないかな。相手DFを引きずってでも弾き飛ばしてでも前に進めっちゅうに、と思った。そういえばあんまり頑張るよりも適当なところ転んでおいた方が怪我しにくいという話を聞いたことがあるけど、実際はどうなんだろう。

|

« 山脩、やっと正式加入 | トップページ | [ナビスコ杯]東京ヴェルディ−FC東京 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/41462545

この記事へのトラックバック一覧です: [W杯予選]オマーン−日本:

» W杯3次予選:日本1-1オマーン [読書三昧・写真三昧]
NIKON D300 これがアウェーの怖さなのか? オマーンは日本戦のあとに監督が交代したらしいが、その影響なのか、ホームの声援のおかげなのかわからないけど、1週間前と同じチームとは思えなかった。 た... [続きを読む]

受信: 2008.06.08 13:49

» 日本代表、W杯3次予選でアウェイでオーマンと引き分け! [たかまるのちょっと一言]
2008年6月7日(土)、2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ アジア3次予選・第4戦、オマーン代表 - 日本代表がオマーン・ロイヤル オマーン ポリスにて行われ、オマーンが前半に先制して、0-1で後半に入ったものの、後半8分に玉田圭司選手の突破から得たPKを遠藤保仁選手が決めて... [続きを読む]

受信: 2008.06.09 00:27

« 山脩、やっと正式加入 | トップページ | [ナビスコ杯]東京ヴェルディ−FC東京 »