« [ナビスコ杯]FC東京−大分トリニータ | トップページ | 近所の商店街が… »

2008.07.03

第139回芥川賞候補作品

朝イチで芥川賞直木賞の候補作品が発表されていた。芥川賞の候補作は以下の7作品。

 磯崎憲一郎「眼と太陽」(文藝夏号)
 岡崎祥久「ctの深い川の町」(群像6月号)
 小野正嗣「マイクロバス」(新潮4月号)
 木村紅美「月食の日」(文學界5月号)
 津村記久子「婚礼、葬礼、その他」(文學界3月号)
 羽田圭介「走ル」(文藝春号)
 楊逸「時が滲む朝」(文學界6月号)

今回は芥川賞候補作のうち読んだことがあったのは羽田圭介の「走ル」だけだった。ただしこの作品は芥川賞って感じじゃないと思ったので、きっと他の6作の中から選ばれるんじゃないかな…とかなんとか言ってると「走ル」が選ばれちゃったりするんだけど。(^^; 羽田圭介は高校生の時に書いたデビュー作(「黒冷水」)が衝撃的だったけどな。

|

« [ナビスコ杯]FC東京−大分トリニータ | トップページ | 近所の商店街が… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/41726165

この記事へのトラックバック一覧です: 第139回芥川賞候補作品:

« [ナビスコ杯]FC東京−大分トリニータ | トップページ | 近所の商店街が… »