« 日本ハム−ソフトバンク | トップページ | 日本ハム−ソフトバンク »

2008.09.03

角田光代「光の子」

B001B7MK3Qyom yom (ヨムヨム) 2008年 07月号 [雑誌]
新潮社 2008-06-27

by G-Tools

新潮社の『yom yom 7』に収録。

ある意味恋にも似た形の、男性同士の友情を描いたもの。中学時代からの知り合いである2人の相対的な関係と現在の社会的立場のバランスを微妙に描かれている。

それにしてもやばいっすね。角田光代の作品はそれほどフォローしきれていないんだけど、ここ数年の作品は完成度とかそういったものが、突出しているような気がして、まさに全盛期で絶好調バリバリで書いていることがひしひしと伝わってくるところがすごい。自分的にはこの人と山田詠美が現在の日本文学の二強みたいな感じさえするわけで。

|

« 日本ハム−ソフトバンク | トップページ | 日本ハム−ソフトバンク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/42369003

この記事へのトラックバック一覧です: 角田光代「光の子」:

« 日本ハム−ソフトバンク | トップページ | 日本ハム−ソフトバンク »