« [J1]横浜F・マリノス−名古屋グランパス | トップページ | 「浦和レッズからみるJリーグクラブの成功事例」 »

2008.10.20

セCS第1ステージ第3戦

中日 000000002=2
阪神 000000000=0

中日:○吉見、S岩瀬
阪神:岩田、●藤川

本塁打:ウッズ(中)

岩田と吉見の投手戦。両チームとも内野守備や走塁のエラーなんかもあってなんだかな〜ってところもあったんだけど、両投手の好投がゲームを引き締めた。

9回表から登板した藤川球児からタイロン・ウッズが放ったあまりにも大きい一発が試合を決めた。

タイガーズにとってはある意味最低なシーズンになっちゃったかもしれない。それにしてもあんまりにもな負け方だ。もしかすると来年以降にも引きずっちゃいそうな敗戦かもしれないな。

|

« [J1]横浜F・マリノス−名古屋グランパス | トップページ | 「浦和レッズからみるJリーグクラブの成功事例」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/42852637

この記事へのトラックバック一覧です: セCS第1ステージ第3戦:

« [J1]横浜F・マリノス−名古屋グランパス | トップページ | 「浦和レッズからみるJリーグクラブの成功事例」 »