« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009.01.31

2009横浜F・マリノストリコロールフェスタ@MM21

マリノスのファン感謝イベント。風邪気味かつ腹痛で体調よろしくないし、空模様はあいにくの雨だしでパスしようかと思ったんだけど、パンシロン飲んで行ってきた。

旧ユニフォーム

兵藤慎剛

渡邉千真

横浜駅に着いたら雨は上がっていてよかった。入場時に10分くらい並んで入場、まずはグッズ販売コーナーに行ってアディダス時代のユニ(大幅ディスカウントで2500円)を買ったけど、会計までに約30分くらい並ぶことになってなんかうんざり。その後ピッチC(人工芝)のメイン会場に行ってみたけど、どのイベントも行列と人垣ばかりで「うーん」って感じになって、結局スタンドに引き上げてメインピッチでのミニサッカー(カズマがいたね)を寂しく見ていた。15時からの「紅白ガチンコ!マリ合戦!!」もステージがよく見えなかったので(もうちょとステージを高い位置に作って欲しかったです)見ないで帰ってきちゃった。

紅白ガチンコ!マリ合戦!!

参加者としての勝手がかわってなかったこともあってか、残念ながらあまり楽しめなくて、また行きたいと思えるイベントではなかったです。まあ参加者の人数が一定数を超えるとこういう形態になっちゃうのは仕方がないとは思うけど。おそらく次回は行かないと思う。特に今日は体調も考えておとなしく家で本でも読んでいればよかったっですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.30

池上彰『大人も子どももわかるイスラム世界の「大疑問」』

大人も子どももわかるイスラム世界の「大疑問」 (講談社プラスアルファ新書)大人も子どももわかるイスラム世界の「大疑問」 (講談社プラスアルファ新書)
池上 彰


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

講談社+α新書。

ユダヤ教/キリスト教/イスラム教の3宗教はそもそもの成り立ち的にも地理的にもかなり複雑に入り組んでいるわけで、その近さがかえって話をややこしいものにしくしているようだ。さらにそれに加えて、その後の周囲の対応も火に油を注いで話をよりやっかいにしているのかな。

以前読んだ岩波新書の『パレスチナ 新版』がパレスチナにフォーカスを当てすぎて他との関係性が今ひとつよく見えなくなっちゃってのと比べて、この本は日本人にとっての神道や仏教も引き合いに出したうえで解説がなされていて、主要な宗教の全体像をつかむということではわかりやすくてよかったんじゃないかと思う。読むことによってなんとなくわかっていた情報がうまく整理できたような感じだったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.29

[PREM]WIGAN v LIVERPOOL

WIGAN ATHLETIC 1-1(0-1,1-0) LIVERPOOL

得点:41分 0-1 [LIVERPOOL]15-Benayoun
   82分 1-1 [WIGAN]9-Mido(PK)

          トーレス
    バベル  ジェラード ベナユン
      ルーカス マスチェラーノ
アウレリオ キャラガー シュクルテル アルベオラ
          レイナ

早朝Jスポーツ2でライブ中継していたのをビデオで視聴。

お世辞にも出来がいいとは言えなかったリバプールだったんだけど、ウィガンもミド&ザキのエジプト人ツートップがほぼ全く機能していなくて輪をかけて酷かったような感じ。リバプールは立ち上がり13分に左クロスに合わせたフェルナンド・トーレスのヘッドはポストに弾かれたが(惜しかった!)、前半41分にマスチェラーノからのパスを受けたベナユンがゴール右の角度のないところから決めて先制。

これでリバプールが勝ち点3をおさめる可能性がかなり高くなったように思えたんだけどなあ。ところが試合終盤にルーカスが途中出場のコウマスに対するファールでPKを献上。これをミドに決められてしまって同点。ウィガンは選手交代が上手く行っちゃったような感じか。リバプールは追加点を決めかねているうちに逆に同点弾を許してしまうというリーグでのエバートン戦と全く同じ展開になっちゃって結果的に勝ち点2をミスったとしか思えないドローになっちゃったわけでなんとももったいない。マンUの背中がどんどん遠くなって行くような今日この頃。

リバプールFC 08/09 TV観戦記リンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.28

BSフジ「関根勤5ミニッツ・パフォーマンス2」

関根勤のコントに台本はなかった

関根勤5ミニッツパフォーマンス シーズン2BSフジ

今朝の日刊スポーツ紙面エンタメ欄毎週水曜日の「収録に潜入」というシリーズものの中で紹介されていて、ちょうど放送が毎週水曜22:40~22:45で今日だったので見てみた。

うーん、かなり難解。モンティ・パイソンっぽい? でもいったんハマるとクセになって抜けられなくなりそうな気がしないでもない。(^^;

前回のシリーズはすでにDVD化されているようで、今回のシーズン2も4月のDVD発売が決まっている模様っす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.27

蔵前仁一『ホテルアジアの眠れない夜』

4061856898ホテルアジアの眠れない夜 (講談社文庫)
蔵前 仁一
講談社 1994-06

by G-Tools

10年前くらいに読んだ本が足元にころがってきたのでなんとなく再読。アマゾンには在庫ないみたいで、講談社のサイトを見たら品切重版未定とのこと。

一部(特に本の中盤あたりは)個々の原稿の分量がちょっと短すぎるのか、舌足らずになっている面もあったような気はするけど、絵が描ける(というかもともとイラストレーターが本職のはずなので)ということを存分に活かしていて、わかりやすいし読みやすい、かつ面白いというこの人の特長が出ている本だと思う。この人は変に奇をてらったりすることもなくて、自然体で旅をして、それを平易に表現しているところに好感を感じる。

ちなみにこの文庫版は大槻ケンヂとの対談付き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岸田賞

本谷有希子の『幸せ最高ありがとうマジで!』が岸田國士戯曲賞なるもの(「演劇界の芥川賞」相当のモノだそうだ)を受賞したそうで、本人も日記(なんか更新がマイペースすぎてすごいこと(^^;)で「やったー!」とか書いてます。オイラもパルコ劇場公演をかなり絶賛してますね。確かに見事な戯曲だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.26

えのきどいちろうさんダウンhospital

TBSラジオの「アクセス」、今日はえのきどさんの日なんだけど、インフルエンザでダウン中で現在は治りかけの状態とのことだそうではあるけど今日は番組オープニングの電話出演のみ。というわけで小西克哉氏がピンチヒッターで放送中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[FA]LIVERPOOL v EVERTON

LIVERPOOL 1-1(0-1,1-0) EVERTON

得点:27分 0-1 [EVERTON]5-LESCOTT
   54分 1-1 [LIVERPOOL]8-GERRARD

          トーレス
    バベル  ジェラード  カイト
      マスチェラーノ アロンソ
ドッセーナ キャラガー シュクルテル アルベオラ
          レイナ

またまたアンフィールドでのマージーサイドダービー。今度はFAカップ4回戦。昨晩はJスポーツPLUSのライブ中継を見ながら寝ちゃっていたので(^^;ビデオで見直した。エバートンの堅い守備を前にリバプールがペースをつかめないでいるうちに、エバートンがワンチャンス(左CK)で得点。ケーヒル(まただよ)がヘッドで折り返して、レスコット(マンガみたいな顔している(^^;)が押し込んだもの。

後半9分にフェルナンド・トーレスのスーパープレー(文章じゃ説明出来ないや)からのラストパスを受けてゴール前に飛び出したジェラードが決めて同点。その後は完全にリバプールが攻めまくったんだけど勝ち越せず、ドローで再試合。次は2月4日にグディソン・パークってことだそうだ。ちなみにその前にリーグのウィガン戦(A)とチェルシー戦(H)があったりしてスケジュールが恐ろしく忙しい。

リバプールFC 08/09 TV観戦記リンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.25

PUFFY@Lavshuca

カネボウ化粧品 Lavshuca

近所のディスカウントストアに行ったらカネボウ化粧品・ラヴーシュカのコーナーがリニューアルされていた〜。

カネボウ化粧品 Lavshuca

パフィーちゃん満載のリーフレットももらってきたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[アジアリーグアイスホッケー]SEIBU−日光

アジアリーグアイスホッケー2008-2009
2009年1月25日 14時 ダイドードリンコアイスアリーナ

SEIBUプリンスラビッツ 5-2(2-0,0-0,3-2) 日光アイスバックス

西武−日光@東伏見

東伏見に行ってきた。アイスアリーナ入場前に早大のサッカーグラウンドに寄ってみたら暁星が練習していた。

アイスホッケーは一応コクド(ユニフォームのウサギがかわいかったので(^^;)経由のライトなSEIBUファンなもんで、まあそんな感じでラビッツリザーブB指定席(@2,500円)で見ていた。反対側で何が起こっているのかわからないことが多かったけど(SEIBUの得点は全部反対側だった(^^;)、アクリル板がきれいになったこともあってか結構見やすかった。アイスバックスの2点目はゴール前が見事だったな。

日光・セルジオ越後シニアディレクター
セルヂオはん

SEIBU 5-2 日光

来月行われる日本選手権は早実が出ているようで、万が一順調に勝ち進んだりなんかすると早実vs早大の決勝なんてことにならないこともないみたいだ。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.01.24

PUFFYカレンダー1998

1998年PUFFYカレンダー

実家にそのままの状態でぶら下がっていたりなんかして。(^^;

1998年PUFFYカレンダー

若いっ。特に大貫亜美之助。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結婚記念日

浅草ビューホテル

窓からの眺め

今日は10回目の結婚記念日で、「錫婚式」とか「アルミ婚式」とか言うらしい。披露宴をやった浅草ビューホテルの27階にあるレストラン、仏蘭西料理「蒔絵」ランチを食べた。

両国国技館

両国国技館が見える。ちなみに千代大海の幕内初優勝10周年記念日ということにもなる。披露宴の日が1月場所の千秋楽の日で九重部屋の打ち上げが同じ浅草ビューホテルであって、ホテルのエントランスで九重親方(千代の富士)&優勝決定直後の千代大海とすれ違ったのをよく覚えている。

レディースランチ「マレ」(3,675円)というのは別に男子でも食べてよかったみたいなので、それにした。

アミューズ
アミューズ

ノルウェーサーモンとリンゴのガトー仕立てマーブルソースアンディーブとビーツのサラダ添え
ノルウェーサーモンとリンゴのガトー仕立てマーブルソースアンディーブとビーツのサラダ添え

パン title=
パン

オニオングラタンスープ
オニオングラタンスープ

ラングスティーヌとスズキのブイヤベース風旬野菜のミジョテと共に
ラングスティーヌとスズキのブイヤベース風旬野菜のミジョテと共に

本日のデザート
デザート

コーヒー
コーヒー

プティフール
プティフール



忍術武芸帖@花やしき大江戸ステージ
忍術武芸帖@花やしき大江戸ステージ

花やしきの通りに面したところで忍者ショーをやっていた。続きは園内(有料)で…ってことだった。(^^;

観音様(浅草寺)
浅草寺

三社様(浅草神社)
浅草神社

観音様(浅草寺)と結婚式を挙げた三社様(浅草神社)にお参りしてきた。三社様は右手の社務所が改築中で、いつもあったものが見えないとなんか寂しいような感じ。

吉原神社

ついでに(^^;近所の吉原神社にもお参り。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.01.23

センバツ!

毎日新聞号外(早稲田実業バージョン)

センバツ:出場32校決まる 慶応、早実が初めて同時出場(毎日新聞)

母校の出場が決定したもようでこりゃめでたし。

慶応のおかげっぽい部分(慶応が明治神宮大会で優勝したため、関東・東京枠が1校分増えた)があるのが若干シャクではあるけど、まあいっか。(^^; ちなみに慶応版の号外はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.22

Deep Purple / Yngwie Malmsteen

20090122a

DEEP PURPLE / YNGWIE MALMSTEEN(ウドー音楽事務所)

なんか最近のウドー音楽事務所はToto / Boz Scaggs、Def Leppard / Whitesnake、Eric Clapton / Jeff Beckなどなど、オッサンミュージシャン達をセットモノにすることに命かけてますね。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと

2009年度契約更新選手について(マリノス公式)

坂田が契約更新。

昨シーズン公式戦42試合出場でリーグ戦1得点、カップ戦1得点だけってのはある意味すごいね。FWでこれだけの試合数出てたら何かの間違いで決まっちゃうシュートが何本かあってもいいようなものだけど。

今シーズンは去年の分も含めて間違いが数多く発生してくれることを希望します。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.21

大統領就任演説と聖書

慣習なのかもしれないけど、聖書を使うことによって不要な誤解を生みかねないような気がしてならないわけで、どうなんでしょうね。

そもそも根本的なところでズレていたりするんじゃないかと勘繰りたくなる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

平成21年1月場所大相撲《11日目》

家から歩いて(桜橋渡って隅田川の墨田区側の土手沿いに歩いた)午前8時過ぎに両国国技館着、2,100円の自由席大人を購入して入場。

大相撲(序ノ口)

8時50分取組開始で序ノ口と序二段の途中まで溜席(この時間帯はほとんどお客さんがいない)で見て、その後は場内をぶらぶら。11時過ぎに開店したお食事処「雷電」で日替り魚定食@950円を食べて、正午過ぎに一時退出して駅近くファミマに行ったらお相撲さんが大勢いた。

どすこいFM

二十山親方(元栃乃花関)のサイン入り写真&梅干茶づけ

その後は所定の位置でぼーっと取組を見ながら場内FM放送の「どすこいFM」(今日は二十山親方(元栃乃花)、竹縄親方(元栃栄)、下角陽子アナだった)を聴いていたら聴いてる人だけへのプレゼントというのがあって二十山親方のサイン入り写真(その場でサインしていただいて握手までしてもらった)をもらった。嫁は竹縄親方から永谷園の梅干し茶づけをもらった。ラジオ持って行って正解だったっぽい。

大相撲(幕内)

幕内は高見盛と千代大海が負けてがっくり。特に千代大海は雅山に対して良い立ち会いが出来ていてこれは行けるかと思ったのだが逆転負けっぽい黒星で残念だった。琴欧洲−朝青龍は今日一番の好取組かと思ってたんだけど、朝青龍の気迫勝ちっぽい感じだったか。白鵬もちょっとヒヤっとしたけど順当勝ち。帰りは小雨が降ってきたけど徒歩で帰宅。蔵前・浅草経由のルートで帰った。

やよい軒

途中やよい軒に寄り道、本当はかきフライが食べたかったんだけど、メニューからなくなっていて、またほっけ定食にチャレンジしようかとも考えたが(^^;やっぱり思い直して鉄火丼(700円)を食べた。アンケートハガキになでしこリーグのスポンサーをしていることで親近感を感じることになったetc.記入してポストに投函しておいた。いちおう女子サッカーを支援する草の根的なゲリラ活動ってことで。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.20

[アジアカップ予選]日本−イエメン

<AFCアジアカップ2011カタール予選>

日本代表 2-1(1-0,1-1) イエメン代表

得点:前半7分 1-0 [日本]33-岡崎慎司
   後半2分 1-1 [イエメン]5-ファリド
   後半20分 2-1 [日本]9-田中達也

熊本のKKWINGで開催のアジアカップ予選。BS1の中継で見ていた。熊本ということで日本国国歌斉唱で水前寺清子が出て来たらすごいなと思ったら出て来た。すごい。(笑)

日本はB代表的メンバー。ほぼ完全にボールを支配している立ち上がりで、イエメンの守備が全然着いて来れない状態の中で岡崎が先制。日本は一気にこの時間帯にたたみかけて開始早々イエメンの戦意を喪失させることが出来れば理想だったんだろうけど、追加点を取れないでいる間に次第にイエメンの守備が対応出来るようになって来て、それにともない日本のリズムが失われて…って感じに見えた。

後半立ち上がりにはFKからのヘッドでイエメンのたまたまっぽいゴールが決まって(イエメンはこれがこの試合唯一のシュートだったみたい)、日本はなかなか修正が出来なかったからなのか必要以上に慌てるようなムードになって、巻を投入してパワーサッカーっぽくなって、それってのは今日の試合で目指しているサッカーだったのかどうかが疑わしいけど、まあこの試合で出た課題をどのようにして次につなげて行くかじゃないかと。とりあえずはワールドカップ予選のスコッドとは別人格のチームと解釈した方が賢明かと。

日本代表の試合開催にもはや飽きているのではないかと思われる関東と違って、熊本での開催ってのはきっと地元も喜んでいるだろうし良かったんじゃないかな。今後も差し支えない限り地方での開催は良いことだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[PREM]LIVERPOOL v EVERTON

LIVERPOOL 1-1(0-0,1-1) EVERTON

得点:68分 1-0 [LIVERPOOL]8-GERRARD
   87分 1-1 [EVERTON]17-Cahill

      トーレス  キーン
   リエラ          カイト
      ジェラード アロンソ
アウレリオ ヒーピア シュクルテル キャラガー
          レイナ

マージーサイドダービー。今朝方のJスポーツPLUSの生中継を録画しておいたのを見た。

前半はリバプールのアタックが今ひとつ。フェルナンド・トーレスとロビー・キーンのツートップが相変わらず機能していなかったみたいだし、リエラとカイトの両サイドハーフもうまく攻撃に参加出来なかったような印象。なんとなくエバートンがボコンと一発決めちゃいそうな雰囲気があったような気がしてた。前半28分にヒーピアのロングボールにトーレスが反応して抜け出して打ったシュートは惜しくもポスト。

後半に入ってリバプールはちょっと改善したようように見えて、キーン→ベナユンという交代で試合が動いたみたい。シュクルテルがペナルティエリア内であわやPKというを守備した直後の空気を引き裂くかのようなジェラードの先制ゴール。それにしても代えられた直後に点が入るキーンは今シーズンはなんかそういうキャラのようだ。

そのまま1−0でリバプールが逃げ切るのかと思ったんだけど、残り3分のところでエバートンにゴール左からのFKからケーヒルにバックヘッドを決められてしまい、よもやのスコアレスドロー。1点を守りきれなかったのが痛いな。リバプールは暫定とか関係なしに2位転落で白鵬の気分。(^^;

リバプールFC 08/09 TV観戦記リンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.19

杉山茂樹『4-2-3-1 サッカーを戦術から理解する』

4‐2‐3‐1―サッカーを戦術から理解する (光文社新書)4‐2‐3‐1―サッカーを戦術から理解する (光文社新書)
杉山 茂樹


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この杉山茂樹って人、ずいぶん前にWOWOWでのチャンピオンズリーグだかなんかの解説でスコットランドのサッカーチームのセルティックのことを何度も「セルチックス」といい間違えて(それじゃNBAだよ)いるのを耳にして以来、あまり信用していなかったりする。(^^;

基本的なスタンスが「攻撃的サッカー万歳」で守備的なサッカーはあまり意味がないという立場のようで、3−4−1−2(いわゆる3−5−2)は好きじゃないみたい。過去の欧州でのビッグゲームをいくつか題材として取り上げて説明をしているけど詭弁な面が感じられることも否めないわけでもないわけで。本書を読んでちょっと頭でっかちになっちゃいそうな気がしないでもないけど、そういう見方もあるのかなと今後の参考になるかもしれない。

ちなみに本書最後で絶賛されているアーセナルは現在リーグ5位に低迷しとりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.18

[ラグビートップリーグ]東芝−三洋電機

ジャパンラグビートップリーグ2008-2009
2009年1月18日 14時 秩父宮ラグビー場

東芝ブレイブルーパス 62-13(33-8,29-5) 三洋電機ワイルドナイツ

[トップリーグ]東芝−三洋電機

[トップリーグ]東芝−三洋電機

確かここ一年以上公式戦では負けなしの三洋電機とここのところ調子に乗っている感じの東芝との対決ということで、もうちょっと接戦になるんじゃないかと予想していたんだけど、東芝の強さばかりが目につく結果となった。東芝はがっかりするようないいところでの決定的なノックオンがないのがいいね。(^^;

この結果、リーグの最終成績は1位・東芝、2位・三洋電機、3位・サントリー、4位・神戸製鋼ということになって、プレーオフトーナメントのマイクロソフトカップ準決勝の組み合わせが東芝−神戸製鋼(秩父宮)、三洋電機−サントリー(花園)ということになった。ちなみに今季リーグ戦での東芝の唯一の敗戦は神戸製鋼戦だったりするわけで(サントリーを基準にした考えると、なんで東芝が神戸製鋼に負けちゃったんだかようわからんのだが(^^;)、今回はどうなるか楽しみ。サントリーはいきなり絶好調の東芝と対戦することを避けることが出来てラッキーだったのかな。まあ三洋に勝たないと意味はないけど。その間に東芝がちょっと調子落としてくれるとありがたいんだけど。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ラグビートップリーグ]NEC−福岡サニックス

ジャパンラグビートップリーグ2008-2009
2009年1月18日 12時 秩父宮ラグビー場

NECグリーンロケッツ 32-30(17-18,15-12) 福岡サニックスブルース

[トップリーグ]NEC−サニックス

[トップリーグ]NEC−サニックス

今日はトップリーグ FOR ALL「秩父宮ラグビー場へ行こう」キャンペーンの大学ラグビーサポーター招待DAYというのに乗っかって無料入場。そんでもってスタンプラリーが11個になった。(^^)

前半はサニックスの得点の直後にNECがトライを決めるというパターンが3度繰り返されるシーソーゲーム。前半37分にサニックスがトライを決めて1点を勝ち越して、4度目の正直か今度はそのままトライは奪われずに前半の残り時間を無失点でしのいでの折り返し。

前半の残り3分をしのいで流れが断ち切れたのか、後半はサニックスが主導権を握る形で2トライを奪いいったんは17対30まで得点は開いたが、NECが残り20分間の2トライで1点差まで詰め寄り、ラストプレーのPGでひっくり返すという幕切れ。NECは劇的な勝利をおさめたものの、内容的には今イチな出来だったかも。と同時にサニックスは詰めが甘かったってことになるのかな。13番のCTBピラ・フィフィタは良かったと思うけど。

<トラックバック先>
http://puarupon.blog68.fc2.com/blog-entry-749.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.17

マリノスの9番

2009年トップチーム新体制について(マリノス公式)

渡辺千真

渡邉千真が新加入でいきなり9番なのね。まあ4年生の時の10番よりも得点王とってた9番の方がしっくり来るかなっちゅうことで。というか10番は空き番じゃないし。

栗原勇蔵が7番だそうで。4番はしっくり来なかったのかな。

ところでユニフォームネームの「JIRO」(清水)とか「BOMBER」(中澤)ってのはどうなのよ?(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベレーザ/メニーナ人事異動

2009年度日テレ・ベレーザスタッフのお知らせ(ベレーザ公式)

小野寺志保選手アンバサダー就任のお知らせ(ベレーザ公式)

2009年度日テレ・メニーナスタッフのお知らせ(メニーナ公式)

ベレーザ/メニーナ(というかヴェルディ)の人事異動が発表されて、ベレーザは松田監督が退任(ヴェルディユース監督に就任)、これに伴い星川コーチがベレーザ監督に昇格。引退した加藤與惠さんがベレーザとメニーナ両方兼任のコーチに就任、寺谷さんはメニーナの監督に(少なくとも名目上は)専任のようだ。ゴミちゃん(加藤コーチ)がベレーザ/メニーナにどういう配分で関わることになるのかわからないけど、メニーナでは(選手達はイヤだろうけど(^^;)私生活まで含めてどこまで睨みをきかせることが出来るようになるかどうかが注目かな。(選手達はイヤだろうけど(^^;;;)鬼の加藤でビッシビッシ行きましょう。寺谷さんはなんとなく仕事の範囲が広すぎて大変そうな印象だったので、そのあたりの負担を減らすことによってさらに質の高い指導に繋がればいいかなと。

小野寺さんが就任するアンバサダーってのがいまいち何をするポジションなのかよくわからないけど、まあGKコーチは足りてるみたいだからね。「ambassador」ってことは大使ですね大使…マグマ大使、ビタミン大使ABC。(^^; ベレーザの人という立場でサッカー教室をやったりするのかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つげ義春『ねじ式』

ねじ式 (小学館文庫)ねじ式 (小学館文庫)
つげ 義春


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

つげ義春の作品は「無能の人」は読んだことがあって、そちらはいまひとつピンと来ない部分があったんだけど、この作品はちゃんとしっくり来るような感じ。純文学的なテイストがプンプンしていてすごくいい。

「ねじ式」は千葉県の太海がモチーフになっているそうで、太海は子供の頃毎年行っていたところなんだけど、どこが太海なんだかよくわからなかった。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エリック・クラプトン/ジェフ・ベック公演一般発売

<電子チケットぴあ>
電子チケットぴあ

<CNプレイガイド>
CNプレイガイド

<e+(イープラス)>
e+(イープラス)

さいたまスーパーアリーナのチケット(S-17,000円/A-15,000円/B-13,000円/C-10,000円)はやはり安い方の席から売れて行っているようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よしもと浅草花月

よしもと浅草花月

雷5656会館

チケット

朝10時過ぎにふと思いついて(^^;よしもと浅草花月に行って来た。浅草の雷5656会館ときわホールで午前11時からの1回目を当日券(4500円。2階のバルコニーっぽい席だった。)で見て来た。出演者はこんな感じ。

 ピース
 マヂカルラブリー
 ニブンノゴ!
 NON STYLE
 くまだまさし
 ハイキングウォーキング
 <休憩>
 ダイノジ
 平和ラッパ・梅乃ハッパ
 中田カウス・ボタン
 桂文珍「マニュアル全盛時代」

NON STYLEは出てくるだけでキャー!っと歓声があがるんだな。カウス師匠は一言目が「物騒な世の中で〜」だった。(^^; 文珍師匠は漫談だけで終わっちゃうのかと思ったら、いつの間にかネタに入っていた。ファミレスやスーパーでの様子を描いた話だった。

13時5分に終演。3回公演の2回目が13時半からなので、入れ替えが慌ただしいっすね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・菊之丞師匠、大相撲中継にご出演

白鵬-豪風

豊ノ島

古今亭菊之丞師匠予定通り大相撲観戦に行かれていたようで、NHKで夜に放送されている「大相撲幕内の全取組」でも映りまくってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

津村記久子「ポトスライムの舟」

B001GP617O群像 2008年 11月号 [雑誌]
講談社 2008-10-07

by G-Tools

『群像』11月号収録の第140回芥川介賞受賞作。さっそく読んだ。昼は工場で月給手取り13万8千円の契約社員、夜は友人の経営するカフェで時給850円のアルバイト、休日はパソコン教室の講師と休みなく働く女性が主人公。

その彼女が世界一周クルージングにかかる163万円を貯蓄するために地味な生活を送る日々、ならびに悲喜交々な友人達や母親との交流が描かれている。ポトスってのは何のことなのか知らなかったのだが、観葉植物だそうで、ググって写真見たらわかった。水挿しや挿し木で簡単に増やすことができるものだそうで、いろいろな意味で主人公の女性の生き方をうまく象徴しているようだ。ドラマチックなストーリー展開で読ませる類いの小説では決してないが、丹念に書かれていて、これは割と好きかも。この人の作品、以前読んだ「カソウスキの行方」は今ひとつピンと来なかったけど、この作品はピンと来るというかそういう印象。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.01.16

エリック・クラプトン来日公演のチケット

Eric Clapton

ウドーサウンドメイト(こちらを読んだら現在新規募集はしていないそうだ)からチケットが届いた。来日35周年記念オリジナルチケットなるものだった。

アリーナ席。2006年の公演の席割りはこんな感じだったらしくて、その時と同じだとするとステージ真っ正面のブロック前から10列目とかそんな感じになるっぽいけど、どうなのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.15

第140回芥川賞

B001GP617O群像 2008年 11月号 [雑誌]
講談社 2008-10-07

by G-Tools

第140回芥川龍之介賞が津村記久子「ポトスライムの舟」に決まったそうで、収録されている『群像』11月号は手もとにあるので(「ポトスライムの舟」はまだ読んでいないけど)早速読んでみることにします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.01.14

青山七恵「出発」

文藝 2009年 02月号 [雑誌]文藝 2009年 02月号 [雑誌]


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

文藝2009年春季号に収録。

会社を辞めようと思い悩んでいる「僕」が主人公。新宿を歩いているとジュースを飲みたいので200円を貸してくれと突然話しかけてくる見知らぬ派手な女。会社に戻ってからの女性の同僚二人とのやり取り、そして最初の女性との二度にわたる再会。ロマンチックな何かが起きるわけではないのだが、登場する女性3人の発する言葉が逆に「僕」の心情を映し出しているかのようだった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.01.13

青山七恵「実習生豊子」

群像 2009年 02月号 [雑誌]群像 2009年 02月号 [雑誌]


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

群像』2月号収録。

夏休みに司書の実習のためにはるばる茨城県から東京の図書館に通っている女子大生が主人公。実習で一緒の男女2人とのやりとり(結局心が通うようになるまでには至らず)をはじめとした図書館での出来事(彼女の人生を変えるような大事件は起こらず)、また茨城での母と10歳年下の双子の妹2人との生活上でのやりとりが描写されている。主人公の地味さ加減が島本理生とか綿矢りさと同じような方向性だったような印象で、最近なんとなくこういう方向性の小説が多いような。このシチュエーション設定だったら宮崎誉子に書かせてみたいような気もした。

今月は「侃々諤々」がいつもに増してくだらなくてナイスだ。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.12

[ラグビートップリーグ]サントリー−東芝

ジャパンラグビートップリーグ2008-2009
2009年1月12日 13時 味の素スタジアム

サントリーサンゴリアス 5-61(0-33,5-28) 東芝ブレイブルーパス

[ラグビートップリーグ]サントリー−東芝@味スタ

サンゴリアスフレンズスタンプラリー
サンゴリアスフレンズのスタンプラリーが応募資格の6個に到達した。

[ラグビートップリーグ]サントリー−東芝@味スタ

試合の方はサントリーが全く「ALIVE」出来ていなくて瀕死…というか即死だったな(^^; 神戸製鋼戦の大勝のリバウンドのような大敗だったね。タックルが全然決まらなくて、東芝の攻撃を止められなくて守備が無惨なザル状態。東芝は後半12分からの約20分間、シンビンで最初はFLスティーブン・ベイツ、次にWTBクリスチャン・ロアマヌを欠いていたんだけど、それは誤差でしかなかったようで、その間も東芝が2トライを決めちゃっていた。

[ラグビートップリーグ]サントリー−東芝@味スタ

それにしてもここまで差がつくとは思わなかったなあ。というか先週の神戸製鋼と今日の東芝を見る限り、先月神戸製鋼がどうやって東芝に42対16で勝っちゃったのか謎でしかないんですけど。(^^;

今日味スタに行ったのでラグビー観戦をしたことのあるグラウンドが1ヶ所増えて8会場になった。ほとんど秩父宮と国立で済んじゃうのでなかなか増えない。ちなみに今まで行ったことがあったのは国立競技場、秩父宮ラグビー場、三ツ沢公園球技場、三ツ沢陸上競技場、早大上井草グラウンド、ロフタスロード(ロンドン)、神奈川県立体育センター陸上競技場の7会場です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.11

[PREM]STOKE v LIVERPOOL

STOKE 0-0(0-0,0-0) LIVERPOOL

         カイト
    リエラ ジェラード ベナユン
     マスチェラーノ ルーカス
アウレリオ ヒーピア シュクルテル キャラガー
         レイナ

夜7時からBS1でやっていたのを見た。

リバプールは緑ユニ。立ち上がりはポゼションで圧倒していたんだけど、デラップのロングスローに幻惑されちまったか次第に失速、リズムを失って行く。それにしてもストークはロングスローを徹底的に活かすためか、ピッチの幅が狭くなるようにサイドラインが引いてあってずるいぞ。(^^;

リバプールはロスタイムにロングボールをゴール前でフェルナンド・トーレスがヘッドで落としてジェラードがシュートという場面があったんだけど、ボールはポスト直撃。ストークの思うつぼっぽいけど、内容的には負けなくて良かったかも的なスコアレスドローだったかも。

リバプールFC 08/09 TV観戦記リンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[全日本大学サッカー決勝]筑波大学−中央大学

平成20年度第57回全日本大学サッカー選手権大会・決勝戦
2009年1月11日 14時 国立競技場

筑波大学 1−2 中央大学

得点:前半29分 1-0 [筑大]OWN GOAL
   前半35分 1-1 [中大]28-新田圭
   前半39分 1-2 [中大]26-櫛引祐輔

インカレ決勝@国立

   《筑波大》        《中央大》
   木島 西川        新田 小池
 大塚     小澤    柴橋     南木
   永芳 古山        櫛引 村田
森谷 田中 野本 石神  斎藤 新井 比嘉 佐藤秀
     碓井            畑

<交代>
森谷→奈良輪(後半17分)  新田→鈴木(後半21分)
古山→八反田(後半24分)  佐藤→田港(後半32分)
             柴橋→佐藤謙(後半34分)

渡邉千真サイン

試合前にJリーグ内定者サイン会があって、渡邉千真にはア式Tシャツ(早慶定期戦の時に千円で買った)にサインをしてもらったよ。

中大が大学サッカーらしからぬ(^^;華麗なパスワークでゲームを圧倒していたんだけど、もしかしたらボコンと筑波に点が入るんじゃないかとなんとなく思ってたらその通りになった。FKからの中央のオウンゴール。ところが前半のうちに中大が左CKとミドルシュートで2点を取ってひっくり返した。筑波は後半16分に木島がPKのチャンスを得たんだけど、自ら蹴ったボールをクロスバーに当てちゃって失敗。木島は今晩悔しくて眠れねえだろうな。

ハーフタイムショー

ハーフタイムの東京学芸大学ラテンアメリカ研究会のサンバショーがなんかもうエロエロでもうすげかった。中央のサッカーも印象的だったけど、こちらの方もまたそれ以上に強烈だったかも。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

[全日本大学女子サッカー決勝]日本体育大学−早稲田大学

第17回全日本大学女子サッカー選手権大会・決勝戦
2009年1月11日 11時半 国立競技場

日本体育大学 2−0 早稲田大学

得点:前半7分 1-0 [日体大]20-有吉佐織
   後半29分 2-0 [日体大]10-伊藤美菜子

インカレ女子サッカー決勝@国立

9 小山季絵
小山「希」絵になっている。

   《日体大》        《早大》
   落合 伊藤       大滝 小山
     有吉       堂下 藤本 杉山
秋葉 池田 山崎 木田      今井
  田子 草苅 平野   澤  寺澤 米津 高畑
     一谷           岸

<交代>
落合→久保田(後半1分)  藤本→有町(前半38分)
田子→井出上(後半21分)  杉山→原(後半13分)
木田→佐藤(後半36分)   澤→臼井(後半16分)
有吉→河合(後半44分)   米津→島田(後半19分)
             高畑→菅藤(後半31分)

インカレ女子サッカー決勝@国立

早稲田は悪い立ち上がりというわけではなかったと思うんだけど、開始7分に右CKから有吉に決められて若干ありゃりゃってところはあったかもしれないけど。日体大の守備はマンマーク。ただしマンツーマンの時の日体大は攻撃がややまったりするような印象もあるわけで、今日も例にもれずそんな感じでその辺はつけ込み所だったのかもしれない。早稲田はそこそこボールをキープ出来て、前半27分に小山のゴール前に抜け出してのシュート、もしくは後半10分の有町のポスト直撃のどちらかが決まっていればまた違う流れに持って行けたかもしれないけど。大滝が徹底マークで消されちゃっていたので(大滝は来期に向けての宿題が出来ましたかね)、FWの片割れの見せ場でもあったんだけどねえ。小山も有町もちゃんと東伏見稲荷に初詣行っておいたら違う結果になってたかもよ〜。(^^;

試合は次第にフィジカルが落ちない日体大が押すようになって、後半29分に伊藤美菜子に突破されて決められて2点差に。結果的に日体大の注目選手2名にやられちゃった形だった。単に戦力の差だけではなくて、決勝の舞台でのノウハウとかそういった要素もあるんじゃないかと思うわけで、立場的にはまだ新興チームであるア女はそういった一朝一夕にはものを少しずつ積み重ねていく段階にいるんじゃないかと思うわけで、勝てなかったとこは悔しがりつつも、ファイナリストの誇りを持って「Ever Onward」で頑張りましょう。

岸星美・堂下弥里

なんかまるで優勝したかのようだ。

小野・錦見・岸かな?

表彰式はその後の男子決勝の後だったので、時間が悔しさを和らげちゃったみたいっす。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2009.01.10

ラグビー大学選手権決勝

第45回全国大学ラグビーフットボール選手権大会 決勝
2009年1月10日 14時10分 国立競技場

帝京大学 10-20(3-10,7-10) 早稲田大学

ラグビー大学選手権決勝

ラグビー大学選手権決勝

ラグビー大学選手権決勝

バックスタンドの上の方で携帯ラジオでNHK総合テレビの音声を聞きながら見ていた。

スコアボード側(サッカーで言うところのホーム側)から明治公園の方向にかなり強い風(寒かったー)が吹いていて、前半は風上に立った早稲田が有利かと思ったらそうでもなくて、前半6分に早稲田の反則(ハンド)から帝京がPGが決めて先制。早稲田は結構攻め込むんだけど帝京の堅い守備を破ることが出来ず。逆に前半26分に有田がシンビンでピンチ!かと思ったら31分に田邊のPGで追いついた。38分には今度は帝京のFLヘンドリック・ツイがつい(^^;反則をおかしてしまいシンビン。早稲田は40分にスクラムからトライを決めて、ホラ貝(^^;(この大会はタイムキーパー制のようだ)の音が鳴ってからのトライ&ゴールで、ここでの7点が大きかったような気がする。

後半は帝京がもっとガンガン来るのかなと思ったら、早稲田が結構いい感じで、その流れの中から帝京のPR平原がシンビン処分でまたまた数的優位に立って、20分に田邊PG、23分にラインアウトから豊田主将がトライ+田邊がコンバージョンを決めて17点差。その後、帝京のリズムになってしまう時間帯があって、1T&1Gを奪われるが思った以上に順調に勝利を飾ることが出来た。試合内容としては守備的と言っていいような渋いゲームだったと言ってもいいのかな。

試合後の勝利者インタビューで豊田主将が「ヤバいっす」を連発していてなんかバカ受けだった。(笑) そんなわけで今年も「荒ぶる」を聴くことが出来た。ちなみに帰りに優勝記念の「荒ぶる」Tシャツを売ってたけど、4千円もしたのでビビって買い控えしちゃった。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.09

PUFFYのツキメクリ

ツキメクリPUFFY
ツキメクリ(1,470円(税込))

再販売を開始したパフィーの卓上カレンダーを無事確保。なんだかあっちゅう間にSOLD OUTになったようだ。早く届かないかなー。

それにしてもパフィーがカレンダー出すってのは10年ぶりとかそんな感じだと思うわけで、しかし今さらながら時の流れがゆったりとしたユニットだこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「女・釜本」だってよ

「女・釜本」大滝麻未
どうするsign02 (^^;

早大が「女・釜本」の活躍で決勝進出=全日本大学女子サッカー選手権(スポナビ)

出身チームの横須賀シーガルズについて全く触れられていないようで、この記事を書いた平野貴也って人はそれほど女子サッカー事情について詳しい人ではないのかな?まあマッチレポート自体はきっちりまとまっているし、知ったかぶりでフィクション書かれちゃうより全然いいけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

インカレ女子サッカー準決勝@西が丘

第17回全日本大学女子サッカー選手権大会 準決勝
2009年1月9日 11時 西が丘サッカー場

日本体育大学 3−0 吉備国際大学

得点:前半19分 1-0 [日体大]6-山崎小百合
   前半34分 2-0 [日体大]20-有吉佐織
   後半14分 3-0 [日体大]10-伊藤美菜子

インカレ準決勝 日体大−吉備国際大

   《日体大》       《吉備国際大》
     有吉         磯金 杉本       
   落合  伊藤     中島     東(美)
秋葉 池田 山崎 木田    東(依) 高橋(悠)
  平野 草苅 田子   池田 成合 西田 宮迫
     一谷           菅原

<交代>
落合→久保田(後半11分)  東美希→中出(前半30分)
山崎→吉田(後半27分)   東依里→三根(後半0分)
有吉→井手上(後半34分)  成合→中塚(後半16分)
伊藤→佐藤(後半39分)   中塚→尾山(後半27分)
市谷→南条(後半44分)

日体大は伊藤美菜子がいつもの21番じゃなくて10番、有吉が9番じゃなくてなぜか20番だったので、見ててなんか慣れなかったな。(^^; 吉備国際大は初めて見た。予想通りに日体大ペースで推移していて、吉備国際はなかなか攻め手がなかったような。日体大が前半19分に左CKから山崎、34分に右CKから有吉が決めて日体大盤石の試合展開だったか。後半9分に日体大CKからのカウンターで吉備国際の中出が右サイドを突破したがゴール前の杉本には合わず、これは惜しかったな。後半14分に伊藤がズドンと決めたゴールがダメ押し点っぽい感じだった。終盤吉備国際も攻め立てるがゴールを奪うには至らず、内容的にも結果的にもおそらく順当と言っていいゲームだったんじゃないかと思う。


第17回全日本大学女子サッカー選手権大会 準決勝
2009年1月9日 14時 西が丘サッカー場

早稲田大学 5−2 大阪体育大学

得点:前半10分 1-0 [早大]18-有町紗也香
   前半36分 2-0 [早大]15-杉山佐穂
   後半7分 3-0 [早大]19-大滝麻未
   後半20分 3-1 [大体大]11-前田恵理子
   後半26分 4-1 [早大]21-菅藤彩子
   後半40分 4-2 [大体大]7-喜代原歩
   後半44分 5-2 [早大]11-原一歩

インカレ準決勝 早大ア女−大体大

    《早大》         《大体大》
   大滝 有町         泊  前田
 堂下     杉山    松下     喜代原
   今井 藤本        末田 中川
澤  寺澤 米津 鶴田  酒井 藤本 浦上 塩川
     岸            柴田

<交代>
藤本→小山(後半0分)    泊→山内(後半10分)
有町→原(後半9分)
杉山→菅藤(後半15分)
鶴田→島田(後半32分)
大滝→小野(後半35分)

早稲田はベンチのメンバーが各世代の代表経験者ばかりでなんとも豪華。よく見たらGKは控えを登録してなかったんだな。

早稲田がそこそこいい感じの立ち上がりで、前半10分に大滝のヒールパスに反応してゴール左に抜け出した有町が決めて早稲田が先制。立ち上がりのいい時間帯に先制することが出来たのが大きかったんじゃないかと。前半36分には左CKからのこぼれを杉山が見事なミドルシュートを決めて2点目。佐穂は時々目の覚めるようなナイスゴールを決めるよなってことでこれもいい時間帯での追加点だった。

後半に入って早稲田は大滝がドカンと豪快な一発を叩き込んで勝負あったかなというところで大体大がペースを握るようになっちゃって1点を返されてちょっとヒヤヒヤした。26分にペナルティエリア左で粘りに粘った堂下がゴール前に出したボールを菅藤が決めてやっと落ち着いたような感じ。今日は特に堂下、澤、藤本の4年生3人のプレーから気合いが伝わって来たよ。

早稲田は後半40分にもう1失点を喫してしまったものの、試合終了間際に大体大のGKを拾った原がそのまま見事なシュートをぶち込んでこれで完全にダメ押し。4分あったロスタイムも何事も起こらず早稲田が勝利で決勝進出。やったー。

雪にはならなかったものの時おり強くなる雨が冷たかったけど、ア女の(ほぼ)快勝でハートは熱かったぜ〜ってことで。ちなみにこれで早稲田は女・男・男・女と4年連続インカレ決勝進出!でもなぜか男女同時に進出ってのがないんだよなこれが(^^; そんなこんなで決勝は1月11日に国立競技場で11時半キックオフです。頑張れー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.08

永里源気選手がヴェルディに復帰

永里源気選手 加入のお知らせ(ヴェルディ公式)
兄妹3人のユニホームは“緑”、東京Vに永里源気が移籍(読売新聞)

復帰といってもものすごく長いインターバルだけど。なんとこれでヴェルディグラウンドに3兄妹が勢揃いということのようだ。

それにしても近場に決まってよかったっすね。生まれたばかりの初孫とも離れることなく近くにいることが出来るわけだしでさぞかしご両親もお喜びのことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月16日だそうだ

古今亭菊之丞すけじゅうる

古今亭菊之丞師匠の大相撲一月場所観戦予定。
古今亭菊之丞さいとすけじゅうるに載っていた。(^^;

ちなみに前回は9月23日だったみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マリーゼ写真館(vsベレーザ戦)

マリーゼ公式サイトの中のマリーゼ写真館(2008.12.28)この写真、ゴール裏のベレーザサポーターの表情がいいっすね。特にようさん。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.07

日本サッカー後援会の会員継続

日本サッカー後援会の会員継続手続きのもろもろが届いた。

2009年度('09・4・1〜'10・3・31)会員資格継続のお願い

ごあいさつのレターを読むと「…北京五輪で感動的な試合をして3位に輝いた日本女子代表…」って私の記憶が正しければ惜しくもメダルに手が届かず4位だったはずですが。(苦笑)

ロンドン五輪では悲願のメダルがほしいですね。そのために準備をして行きましょう。soccer

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねぇ知ってる?

439113716X豆しば―枝豆しばとアラスカの冷蔵庫
キム ソクウォン 渡部 祥子
主婦と生活社 2008-11

by G-Tools

書店でレジ待っている間に平積みになってるのをみつけて思わず買ってしまい、10分かからずに読み終えた。(^^;

個別ではナマケモノの話(動きすぎると体温が上がって死んじゃうそう)とパラグアイ国旗の話(表と裏があるらしい)の話が面白かった。

以下、おまけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本サッカーミュージアム

日本サッカーミュージアム、招待券を使って久々に中に入って見て来た。ちなみに今日までが午後7時まで開館の冬休み営業だったんだけどさすがに今日はすいていた。いつの間にか入口のゲートが磁気改札型からバーコードに変わっていたのね。

スウェーデン代表

私にとっての2002年W杯はスウェーデン代表の大会だったすよ。

アテネ五輪日本女子代表メンバー

前回行った時にアテネオリンピックの日本女子代表のメンバーが間違っている(×立原元夫→○川上直子)のに気がついたのでそのむね出口アンケートに書いて来たんだけど、今日見たらまだ直ってなかったのでまた出口アンケートで書いて来た。早く直そうよ。

特別展示「サッカーマガジンミュージアム」
サッカーマガジンミュージアム

Dennis Bergkamp
デニス・ベルカンプ

日本代表ヒストリカルTシャツ1993

ミュージアムショップでお土産に日本代表ヒストリカルTシャツを買ったら会計の時に「いつもありがとうございます」っていわれちゃった。千円以上購入したおまけでワールドサッカーウイニングイレブン2009の体験版(adidas EDITION)をもらったが、ウチにはプレステ3がない。(^^; サッカーミュージアムのポイントカードがあと2Pで50Pだ。50Pになると何かプレゼントがもらえるらしい。

神田明神

帰りがけにまたもや神田明神。天野屋さんはもう閉まっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.06

Wedgewood

Wedgewood

英高級陶器の老舗「ウェッジウッド」破綻(読売新聞)

さっそく食器棚の奥からカップとソーサーを引っ張り出して来て、紅茶を飲んだ。 cafe

やっぱ高級な味がするぜ〜。中身は日東紅茶だけど。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

間宮緑「日曜の事件」

早稲田文学 早稲田文学

WASEDA bungaku FreePaper vol.015_2008_winterに収録の創作。

出だしから分量のほぼ8割から9割近くが大部分が猛獣使いが獣の口の中に頭を入れる芸の様に関しての描写に費やされている。獣がくしゃみをして、猛獣使いは頭を食いちぎられてしまう。獣はブリキのカンをくわえて金を要求するが、観客は失敗した芸に対して報酬を与えることはなかった。

話は町角の喫茶店に移り、そこで人々が過ごす様が描かれ、間もなくやってくる月曜のため彼らは金を払って帰って行く…とあらすじを書こうと思ってもよくわからない話だったんですけど(^^;そのわかわかんなさがワセブンっぽいような気もする。こりゃむずかしいや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.05

号外!

朝日新聞 ユニコーン始動

今年は、働こう。

渋谷で配っていたそうだ。

そういや去年は矢島美容室の格好をした兄ちゃんから矢島美容室の号外もらったことがあったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第140回芥川賞候補作品

アクセス解析で検索ワード/フレーズ「山崎ナオコーラ 手」からのアクセスが多いみたいだなと思ったら芥川龍之介賞の候補作品が発表されていた。以下の6作品。

 鹿島田真希「女の庭」(文藝秋号)
 墨谷渉「潰玉 (かいぎょく)」(文學界12月号)
 田中慎弥「神様のいない日本シリーズ」(文學界10月号)
 津村記久子「ポトスライムの舟」(群像11月号)
 山崎ナオコーラ「」(文學界12月号)
 吉原清隆「不正な処理」(すばる12月号)

芥川賞候補作

5作品が手もとにあったんだけど、そのうち読んだことがあったのは山崎ナオコーラの作品だけだった。「」は読んで今ひとつピンとこないところが芥川賞向きかもしれない。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.04

[ラグビートップリーグ]横河武蔵野−クボタ

ジャパンラグビートップリーグ2008-2009
2009年1月4日 14時 秩父宮ラグビー場

横河武蔵野アトラスターズ 17-47(10-14,7-33) クボタスピアーズ

横河武蔵野−クボタ

横河武蔵野−クボタ

前半から後半立ち上がりくらいまでは横河もなんとか頑張れていたと思うんだけど、後半10分過ぎから立て続けにトライを奪われて大差の試合になっちゃった。終盤は集中力とスタミナが切れちゃったような感じ。横河は負けるにしてももう少し善戦したうえで負けるんじゃないかと期待していたんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ラグビーイースト11プレーオフ]NTTコミュニケーションズ−三菱重工相模原

ジャパンラグビートップイーストリーグ11プレーオフ
2009年1月4日 12時 秩父宮ラグビー場

NTTコミュニケーションズシャイニングアークス 32-28(12-14,20-14) 三菱重工相模原ダイナボアーズ

NTTコム−三菱相模原

横河武蔵野SO君島良夫

トライで得点を積み重ねて行く三菱重工vsSO君島良夫のキック(前半ロスタイムにはDGも決めた)で3点ずつ刻んで行って突き放されずについて行くNTTミュニケーションズみたいな図式で試合が展開でNTTコミュニケーションズからはトライが決まりそうな雰囲気は伝わってこなかったんだけど、後半15分から33分にかけて唐突に決まった3トライで試合をひっくり返しての大逆転勝利。

NTTコムの6番・川上利明(左腕と左膝にテーピングをしていて満身創痍っぽかった)がビジュアル系(^^;芥川賞作家の川上未映子の弟ってことで注目して見てみたんだけど、普段ラグビーを見る時は9番〜15番の選手ばかり注目しがちのようでそういう見方も新鮮だったかな。なんとなくNTTコムは全体的にラグビーにしては小柄な選手が多かったような印象。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[FA]PRESTON v LIVERPOOL

PRESTON NORTH END 0-2(0-1,0-1) LIVERPOOL

得点:25分 0-1 [LIVERPOOL]11-RIERA
   90+3分 0-2 [LIVERPOOL]9-TORRES

        キーン
   リエラ ジェラード バベル
    アロンソ マスチェラーノ
インスア アッガー ヒーピア キャラガー
       カバリエリ

FAカップ3回戦。プレストン・ノース・エンドのホームスタジアムでのゲームで、夕刻キックオフとのことも相まって画面を通してもなかなかの雰囲気。リバプールはジェラードが普通に出ている。立ち上がりはプレストンがのびのびサッカーをしていて、シュート数でもプレストンの方が多かったような気がしないでもないが、25分にリエラが見事な先制点をあげた後はリバプールが支配していたのだが、ロビー・キーンが決定機を逃し続けたのがいただけない。ジェラードもずいぶんとシュート打って1本も決まらなかったけど。前半終了間際にシャビ・アロンソが足を傷めた。

後半開始間もなくプレストンがイケイケになって攻めまくるが、それをしのいだリバプールがロスタイムにフェルナンド・トーレスのゴールでもってやっとダメを押して試合を決めた。

リバプールFC 08/09 TV観戦記リンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.03

神田明神

神田明神
神田明神

天野屋
天野屋

3日の夕方だというのに結構賑わっていた。お参りして大鳥居横の天野屋青じその実漬福神漬を買って帰って来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢 犬飼基昭

早く夢から覚めてほしいものです。>犬のおじさん(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ラグビートップリーグ]サントリー−神戸製鋼

ジャパンラグビートップリーグ2008-2009
2009年1月3日 14時 秩父宮ラグビー場

サントリーサンゴリアス 67-3(24-43,3-0) 神戸製鋼コベルコスティーラーズ

サントリー−神戸製鋼

サントリー−神戸製鋼

サントリーサンゴリアス

立ち上がりはサントリーがスクラムうまく組めなかったりと苦戦しそうな兆候もあったんだけど、終わってみればサントリーが予想外の大勝でびっくりなスコア。サントリーは特に終盤に数多く見られた華麗なパスワークが見事だった。神戸製鋼の見せ場はライアン・ニコラスをシンビンに追い込んだ前半終了間際の猛攻だけだったかな。ライアンは他の人よりハーフタイム長かったからってのもあるのか試合終盤になってもまあ元気だったこと。(^^;

試合終了後の勝利監督インタビューでの清宮のニヤケっぷりがすごかった。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ラグビートップリーグ]日本IBM−トヨタ自動車

ジャパンラグビートップリーグ2008-2009
2009年1月3日 12時 秩父宮ラグビー場

日本IBMビッグブルー 20-47(17-5,3-42) トヨタ自動車ヴェルブリッツ

日本IBM−トヨタ自動車

野菜

トヨタがここってところでのミス多くてペースをつかみかねている間にIBMが得点を積み重ねてIBMリードでの折り返し。トヨタはなんか球ぎわに弱くてIBMにターンオーバーされちゃうことが多かったような印象。後半にトヨタが底力を見せて引っくり返してついでにオツリが来るような得点差になってまあ結果的には順当だったか。

トヨタ途中出場のウイリアム・ライダーが結構キック上手かったな。ライダーキック。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.01.02

浅草鷲神社

20090102a

20090102b

20090102c

おとりさまに行ったら振る舞い甘酒がセルフサービスで飲み放題だった。まあ、あんまりがぶがぶ飲むようなものではないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[天皇杯決勝]ガンバ大阪−柏レイソル

天皇杯
なかなか手に入らない天皇杯

第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会 決勝
2009年1月1日 14時 国立競技場 観衆44,066人

ガンバ大阪 1−0 柏レイソル

得点:116分 1-0 [G大阪]11-播戸竜二

[天皇杯決勝]G大阪−柏

    《G大阪》         《柏》
   山崎 ルーカス         ポポ
  遠藤     寺田    菅沼 アレックス 太田
    明神 橋本        栗澤 山根
安田理 山口 中澤 加地  大谷 小林 古賀 村上
     藤ヶ谷           菅野

<交代>
山崎→播戸(105分)     太田→フランサ(45分)
橋本→倉田(113分)     ポポ→李(58分)
遠藤→武井(119分)     山根→石川(66分)

[天皇杯決勝]G大阪−柏

試合前は柏サポのおバカっぷりが最高だった。個人的には日本一のサポーターじゃないかと思う。乾杯の音頭でなぜか出てくる岡山一成も超ナイスだ。

試合が始まるとレイソルがどんどん仕掛けて、それをガンバが受けて立ってかわすような展開。ガンバは枯れたような渋〜いサッカーだったか。後半途中くらいからレイソルが攻め疲れをしたのか、ガンバがペースを握り始めるようになるがスコアレスのまま前後半終了。レイソルは90分間で3人の交代枠をすべて使用。一方のガンバは遠藤と橋本がポジション入れ替わったりなどの変化はあったものの90分間選手交代がまったくなしでそれはそれで度胸がいりそうな采配。結果的には延長後半11分に途中出場の倉田からのパスを受けたやはり途中出場の播戸がゴールを決めてそれが決勝点。90分勝負で考えていたノブリンと120分で考えていた西野のモノサシの違いが結果の差として表れたのかも。

[天皇杯決勝]G大阪−柏

ところで2005年1月1日に全日本女子サッカー選手権決勝&天皇杯決勝が同一日開催になって以来、ベレーザのベンチを引き継いだチームが全て天皇杯を制しているので今回もそうだろうなと思っていたらその通りの結果になった。(^^; だからこそマリノスには勝ち上がってほしかったんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[全日本女子サッカー決勝]日テレ・ベレーザ−INACレオネッサ

第30回 全日本女子サッカー選手権大会・決勝 ※45分ハーフ
2009年1月1日 10時半 国立競技場 観衆11,249人

日テレ・ベレーザ 4−1 INACレオネッサ

得点:15分 1-0 [ベレーザ]8-小林弥生
   21分 2-0 [ベレーザ]11-荒川恵理子(PK)
   60分 3-0 [ベレーザ]10-澤穂希
   82分 4-0 [ベレーザ]25-岩渕真奈
   89分 4-1 [INAC]14-米津美和

[全女決勝]ベレーザ−INAC

   《ベレーザ》        《INAC》
    荒川 大野     米津 鈴木 プレチーニャ
  永里優   小林弥      原   那須
    加藤  澤          柳井
永里亜 須藤 豊田 近賀  ジナ 山岸 藤村 角田
     小野寺           海堀

<交代>
永里(亜)→宇津木(HT)    鈴木→川澄(57分)
永里(優)→南山(59分)    原→澤井(65分)
荒川→岩渕(65分)      ジナ→宮迫(68分)

[全女決勝]ベレーザ−INAC

メインの端の方で観戦。隣のゲートのとこが家族席っぽい感じだった。アップのためにピッチに登場した選手達がベレーザサポーターではなくガンバのサポーター席に向かってプレゼントボールを蹴り込んであいさつをして、これでガンバサポのハートはがっちりキャッチしたっぽい。以後スタンドの雰囲気が優しくなったような。

立ち上がりはどっちつかずな感じだったように思うんだけど、15分に荒川が右サイドから入れたボールを大野がつないでそれを弥生ちゃんが決めてベレーザが先制。続く20分にINAC山岸が荒川を後ろから削っちゃって得点機阻止で一発退場。ここでのPKが決まって試合も決まりっぽかったか。見ている方もホッとした。1人減ったINACは鈴木1トップの4−4−1のような感じになったように見えた。

後半16分には南山を起点に左サイドで宇津木→澤→大野とつないで澤がフィニッシュして3点目。ベレーザのスタイルを象徴するかのようなパスワークでナイスゴールだった。後半37分には右サイドの近賀からのボールをゴール左で受けた岩渕が決めて4点目。岩渕は国立初登場の試合でゴール決めちゃった。

後半ロスタイムに引退する小野寺さんへのはなむけみたいな失点(^^;があって最後が今ひとつしまらなかったものの、まあそれはそれということで。結果的にも内容的にも快勝だったと思う。天気もよくてポカポカと暖かかったし、故障あがりの中地がベンチにも入っていなかったこと以外はほぼ完璧だったかな。

ベレーザが優勝

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »